2017年03月18日

マッサージ ライフ

昨年夏の事故以来、少し首に違和感を感じてカイロプラクティクに通っている。

保険で20回までの通院費が下りるので、ほぼ毎週行っているのが、10年前に「LOST」ファンツアーが忙しかった頃、やはり首から肩にかけて痛みが出て、その時にお世話になった日系人のオダ先生。

カウアイ島出身の大柄な先生で、身体中を鳴らされるとスッキリする。

おしゃべり好きなので、30分のセッションはいつもあっと言う間。


保険は事故の相手の会社から降りるのではなく、私が入っている保険会社の特約で、カイロの他に医療マッサージも受けられることが2月になって分かった。

医療マッサージを受けるには、医者の診断書が必要と言う事で、カハラにある病院に行ってきたのだが、待合室で待っていると、「痛い、痛い」と肩を抱えた女性が入って来て、私の知り合いだった。

なんとヨガをしていて、肩を外してしまったそうだ・・・。


さて、オダ先生のクリニックには医療マッサージのセラピストもいて、カイロの前か後にマッサージを受ける事になった。

今までハワイでも色々なマッサージを受けた事はあったが、医療マッサージは全然違った。

指圧やロミロミなどの手法を用いたりはするが、ただ筋肉を解すと言うより、体内の血液循環を良くするような感じで、やや強めのプレッシャーがとても気持ち良い。

何人かのセラピストにやってもらったが、人によって若干スタイルが違う。

基本はパンツ一枚になって寝転ぶのだが、一度大柄のハワイアンの女性のセラピストからは全部脱いでと言われ、首筋から背中、そして腰をプレスして、最後にお尻を鷲掴みされた。

まあ、全部脱がなくても、パンツをずらされて、お尻を揉まれる事はあるのだが、今まで受けたマッサージでこんなのは無かった。

薄暗い施術室にはスローなBGMがかかり、エッセンシャルオイルの香りが漂うと、毎回揉まれながらついウトウトとしてしまう。


大抵ダックツアーのバイトが終わった後の、午後から夕方に時間がある日に行っているが、家から近いので散歩がてらに歩いている。

1時間のセッションを、なんと40回も受けられると言うので、今年一杯くらいはほぼ毎週マッサージを楽しめる事になっている。







オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 10:35| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

CIコンボツアー:VOGが残った日

この3日ほど上空は南風が吹き、オアフはVOGに包まれていた。

ワイキキからワイアナエ山脈が見えなくなり、我が家から見るダイアモンドヘッドも白く霞んでいた。

ところがVOGが濃くなると酷くなる私の鼻詰まりは、なぜかあまり影響が無く、先日のマンゴー花粉症と共に、単なる私の気のせいなのかもしれない。

今日もほとんど風の無い朝で始まったが、よく晴れて、VOGは若干薄くなっていた。


ツアーは卒業旅行の娘さんを連れたご家族で、「ハワ恋」を見てとの事。

最近バイト先のダックツアーでも、「ハワ恋」で見たと言って、私の事を覚えている方が続いたのだが、2年以上も前の事なのに、テレビ出演は影響が大きい。

ワイキキを出てカピオラニ公園を抜け、ダイアモンドヘッドビーチの展望台に車を寄せると、沖には3フィートほどの波が寄せていた。

カハラの高級住宅街を抜けて、カラニアナオレ・ハイウェイに出て、東に進む。

最初はサンディービーチ。

ショアブレイクは4〜5フィートだったが、数名のボディーサーファーが果敢に攻めていた。

キラキラ光る砂を見て、記念撮影。




続いてマカプウビーチの展望台に回ると、東海岸も天気は良かった。

ラビットアイランドの先にはクジラの姿が見え、尻尾を海面から出して何度もヒラヒラさせていた。

ワイマナロのベロウズビーチに出ると、真っ白なウェディングドレスの日本人カップルがフォトセッション中だった。



ビーチにはハワイアンの親子プログラムのグループが来ていた。



我々はマットを引いてジュース休憩。

その後自然教室をしてから移動開始。


真っ赤なカネオヘ湾を回って、クアロア公園でまた自然教室。

ビーチはまたさらに浸食が進んでいる様だった。

そしてカーアヴァやプナルウの美しい海を見ながらドライブ。

カフクを回ってノースショアに出る。

サンセットビーチは10〜12フィートほどの波が立っていて、人も多かった。




ワイメアからチャンズリーフの手前でカメ渋滞が始まった。

ラニアケアビーチも浸食が激しく進んでいて、既に一部は下に降りられない様に規制線が張られていた。

ハレイワに入って、アリイビーチに向かう。

ここも3〜4フィートの波が立ち、サーファーも多かった。



残念ながらトレンチにウミガメの姿はなし。

プレートランチを仕込んで、ビーチパークのモンキーポッドの木の下でおしゃべりしながらピクニックランチ。

この頃から北寄りの風が吹いてきて、気持ち良かった。


食後はドール・プランテーションに向かい、アイスクリーム休憩の後、再びハレイワに戻って、タウン内で一時解散。

ハレイワに戻る途中で、一瞬だけパラパラと小雨が降ったが、その後は全く無かった。


ハレイワタウンからほとんどの観光客が帰路に着き、静けさを取り戻してきた頃、再集合してサンセットビーチに向かう。

VOGは残っているが、サンセットを期待。



波は少しサイズを下げ、7〜8フィートと言った所だった。



ビーチは観光客に代わって、ローカルが増えてきた。




今日はプカシェルが大量だった。




一度雲の中に入った太陽が、また下から顔を出した。

VOGの影響で、真っ赤に燃えたような色。




iPhoneのカメラではこれが精いっぱいだったが、赤い夕陽のまま、静かに沈んで行った。




帰りはハレイワで小休憩の後、夜景も楽しみながらホノルルへドライブしながら戻った。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 16:09| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

Uber Life (ウーバーライフ)

まだ日本では馴染が薄いようだが、アメリカを始め、世界で広がっている「Uber:ウーバー」。

これはタクシーの代わりとなるシステムで、登録した一般人がドライバーとなり、自分の車を使って客を運ぶ物。



実はアメリカ本土で数回事件があって、私はあまり気にしていなかったのだが、Uberはハワイにもちゃんとあり、友人が使っていたので聞いてみると、とにかく値段が安くて便利だと言う。

メンバーを紹介すると、紹介した方もされた方も30ドルのクレジットが付くと言うので、紹介してもらった。


今年の正月にワイキキからカラオケの呼び出しがあり、既に酔っていたので車は運転出来ず、バスを待つのも面倒だったので、結局タクシーを呼んだのだが、やはりチップを入れると15〜20ドル位になってしまう。

Uberなら半額だと言うので、先日初めて試してみた。

家からだとワイキキよりも少し近い、マジックアイランドまで、7ドルだった。

まさに半額なのだが、凄いのは値段だけではない。

配車確定の時点で、料金の精算が済んでいるので、降りる時に支払いの必要はない。

さらにチップも混みの値段なので、計算もいらないのだ。

着いたら「Thank you!」でお終い。


利用者はスマホにアプリを入れて、クレジットカードを登録し、メンバーとなる。

そして、行きたい場所を入力すると、GPSで現在位置から目的地までの地図が出て、料金が表示される。

料金は幾つか種類があって、車の車種によってランクがある。

ランクを選んで、配車を確定させると、近所にいるドライバーを探し始め、ドライバー側には客の情報が届く。

ここで表示されるのは、ドライバーの名前と顔写真、さらに実際の車の車種とライセンス番号まで出る。

地図には現在その車がどこにいるかと、到着予定時間も出て、すぐ近くになったら目の前を通る車を見つけるだけ。


一応ホノルルの都会なので、家でタクシーを呼ぶと、5分から10分で必ず来るが、Uberはさらに短い。

既に7〜8回は利用しているが、家で呼べば3分以内にはやってくるので、配車のシステムが良いのだろう。

実際に配車の確定前にも、地図上で近くに居るUberがわかるので、予想も付く。


知らない人の車と言うのも怖い気がしたが、タクシーと同様に登録されて、何しろ名前も車のナンバーも最初っから分かってるし、基本的に悪い事すればバレる。

これは利用する方も登録をしているので、知らない人の車だからと言って、乱暴に扱ったりはしない。

実際、目的地に着くと、スマホにドライバーの評価をする画面が出てくる。

5つある星で評価するのだが、細かく、例えば車内の綺麗さとか会話とかでも点数を付けられるようになっている。

だから、利用したすべてのドライバーがとてもフレンドリーだったし、携帯電話の充電サービスや、ボトルウォーターまで置いている車もあった。

逆にドライバーは客の評価もするそうだ。

お互い評価されれば、自然と良い雰囲気でのドライブとなる。


最初に乗ったUberドライバーは、昼間はスキューバダイビングの仕事をしているのだそうだ。

米本土でそこそこ大きな企業のCEOをしていたが、ストレスが溜まり過ぎて、ハワイに移住して、海の仕事についたが、Uberは飲酒運転を減らすためにやっているのだそうだ。


Uberをフルタイムの仕事にしているドライバーもいた。

実際タクシーと稼ぎは変わらないと言っていたが、ホノルル市内だと、お客さんを下ろしてから、次の依頼が来るまでが3分以内だそうだ。

これはタクシーより短いらしい。

さらに上司がいる訳でもなく、自分のスケジュールで早上がりしたり、休んだりが出来るので、タクシーよりイイらしい。


女性のドライバーもいた。

一人は、ヒュンダイのセダンで現れた幼稚園の先生だった。

昼間は子供ばっかりだから、夜は大人と会話をするためにやってると言っていた。

また、昼間は子育てで、夕方旦那さんが仕事から戻ると、子供を渡してUberをやっていると言う女性もいたが、ポンティアックのSUVで来た彼女はドライブが好きなんだそうだ。


昼間は海軍で働いてるって言うのもいたし、レストランのオーナーと言うのもいた。

本当に色々な人がいて、いつからUberやってるの?から始まり、フルタイムかパートタイムか?パートなら他に何をやってるのか?と言う会話だけでも、楽しめる。

一応10年以内の車と言う制限はあるそうだが、車があれば誰でもドライバーの登録が出来るようで、利用者登録している私にも、「Uberドライバーになりませんか?」と言うメールがよく来る。


ワイキキまで行く時は一番安いクラスを頼むが、随分走ってる感じの車が来る時もあれば、新車に近い時もあった。

先日友人と一緒に家から近い店までお願いする事になった時は、デラックスを呼んでみようと言う事になり、その時は黒塗りのベンツがやってきた。


乗車後は登録のEメールアドレスに領収書が送られているし、忘れ物などの場合も、アプリを通じてすぐにその車を探して、ドライバーと連絡を取る事が出来る。

逆に酔っ払いが車を汚してしまったなんて言う場合は、規定によって、利用者のクレジットカードから150ドル徴収されることになっているそうだ。


スマホにアプリを入れると、すぐに日本語になる。

つまり日本語バージョンが既にあるのだが、日本ではまだまだ知らない人が多い。

日本ではタクシー業界が認めてくれないかもしれないが、先日は初ハワイのお客さんがUberでワイキキからドール・プランテーションまで行ったと言う話を聞いた。

知る人ぞ知る世界なのかと思ったが、一部では始まっているらしい。

・Uber Japan

ハワイでもやはり、タクシー業界から反発があったのだが、結局はOKとなり、このままじゃタクシー潰れるかも知れない。

一応、タクシーしか止まれない様な場所には止まれないし、出発地から目的地までの間に寄り道も出来ないそうだ。


何しろ、利用者にとっては、物凄く便利。

一々チップの計算しなくていいだけで、酒飲みの大きな味方。

しかも安くてフレンドリーと来たら、使わない手は無い。

今週末はカラオケパーティーの予定なので、また使いたい。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 14:11| ホノルル 🌁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

「Hawaii Five-0」ファンツアー:良く晴れた日

確かに雨季の感じはするが、風向きが安定せずに、天気が読めない。

何しろローカルテレビの明日の天気予報でさえ平気で外れる。

今日も下り坂と言う予報だったが、朝からとても良いお天気だった。

ただ風が弱くてちょっと蒸し暑かった。


今日も最近多い、母娘でのご参加。

サークルアイランドやノースショアツアー、ココクレーター植物園なども、母娘の組み合わせが多いのだが、「Hawaii Five-0」ファンツアーは夫婦でのご参加が一番多い。

これは「LOST」ファンツアーの時と同様なのだが、「LOST」の時は、母娘は少なかった。

やはりオタク系ドラマは夫婦やカップルがハマるのだろう。

しかし「Five-O」は夫婦とそろそろ同じ数になるのではないかと思う程で、やはり地上波で放送が始まったりしたのが大きいかも知れない。

今年からシーズン1が始まった地方局もあるそうだ。

真昼間にやっている所もあるようで、これは完全に録画用の気もするが、家族で見れるドラマなのだろう。


ワイキキを出てマノアに向かうと、トレイルの入り口は少し湿っていたが、多くのハイカーがいた。

「コノの家」、「チン・ホーの家」を見て、グレースの通う「セークレッド・ハーツ・アカデミー」も見て、カイムキの住宅街を抜けて、ダイアモンドヘッド撮影所の前に来ると、黄色い「EYE」のサインを発見。

今日はスタジオ撮影があるようだ。

クレーター・トンネルの前で最初の写真タイム。

ココヘッド、ココクレーターも青々として、雲もイイ感じ。



「ダノの展望台」でも写真タイムの後、カハラの住宅街を抜けると、またも「EYE」のサイン。

しかし、ここはサインだけで、撮影隊の姿は見えない。

どうやら明日のロケ地の様だった。


ワイアラエビーチに出て、ジュース休憩。



最近はここでの30分休憩で、私はベンジャミンの木の下で読書をするようになっている。


カラニアナオレ・ハイウェイに出て、「スティーブの家」の前に行き写真タイム。

「レイチェルの家」を見て、マカプウ岬の展望台に移動。

東海岸は少し雲が多かったが、海も良い色だった。

トレードウィンドも吹いてきた。



ワイマナロのベロウズビーチでまた休憩。

天気の割に人が少なく、この天気でこの位の人出だと、10年位前に戻った感じだった。




オロマナからパリ・ハイウェイに向かうと、キャッスル・ジャンクションで白バイがたくさん現れ、信号を封鎖。

ホノルル側から何かやってくるらしい。

オバマ渋滞の際に何度か見かけた状況だったが、今そんなVIPが誰か来ているのか?

と思っていたら、現れたのは白い霊柩車だった。

一体誰なんだ??

結局夜のニュースでもわからなった・・・。


ホノルル側に戻って、チャイナタウンの「ダウンビート」でロコモコランチの後、ダウンタウンのファイブ・オー本部周辺の散策タイム。

ここは45分取っているので、当然本が読めるが、次々とやってくるツアーバスのほとんどが韓国か中国系で、時々やたらと周りが五月蠅い・・・。

再集合の後、「ハワイ州庁」の前に移動して、「セント・アンドリュース教会」までの100メートルほどの散策タイム。

ここから「スティーブ父の墓」のあるパンチボウルを回って、またダウンタウンに降りて海沿いに出る。

「リリハベーカリー」でココパフ購入タイムの後、ニミッツ・ハイウェイからラグーンドライブのドン突きまで回って、サンドアイランドに向かう。

コオラウ山脈の上には雲が育っていた。



先日の嵐で倒れた木は、すっかり片付いていた。




アロハタワーに戻って、最後の散策時間の後は、ケワロ湾、アラモアナ・ビーチパーク、マジックアイランドを回り、アラワイハーバーを抜けてワイキキに戻った。


結局雨になる事は無かったが、ローカルテレビには明日がサンダー・ストームとか言う予報士もいる。

どうなる事か?






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 15:03| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

「Hawaii Five-0」ファンツアー:スティーブ邸はウェディングの準備

朝のワイキキは晴れていたが、風が弱く南寄りだった。

ワイキキを出てマノアに向かうと、ジャングルの入り口は少し道路が湿っていた。

「コノの家」、「チン・ホーの家」を見て、ダイアモンドヘッド撮影所の前に来ると、今日はパーキングもガランとしていた。

クレーター・トンネルの前で写真タイムの後、「ダノの展望台」に回る。

3フィートほどの波が立っていたが、沖にクジラの気配は無かった。




カハラの高級住宅街を抜けて、ワイアラエビーチに出て、ジュース休憩。



その後、カラニアナオレ・ハイウェイに出て、「スティーブ邸」に向かうと、入り口にトラックが止まっていた。

撮影隊の機材車ほどではないが、ちょうどリチャードがガラージで作業をしていて、「ウェディングの準備をしているけど、良かったらどうぞ」と言われ、またも庭に入る事が出来た。



小規模のウェディングだそうだが、天気が下り気味なので屋根の用意をしていた。



勿論お客さん達は大感激。

ビーチで写真など撮って、リチャードにお礼を言って、再び移動開始。

マカプウ岬のトレイルは週末に付き大混雑で、路上駐車の車も多かったが、展望台は上手く止められた。

南東の風に乗って、大分雲が出てきた。




今日はワイマナロは無いので、車内で説明だけして、パリ・ハイウェイ経由でホノルルに戻る。

チャイナタウンに入ると、日本語の大きく書かれたガイドブックを持ってブラブラする日本人の若い女性二人組がいたが、通りの反対側には目の座ったホームレスがウロウロしていた。

見ているだけで怖い気がした。

「ダウンビート」でロコモコランチの後、ダウンタウンのアリイオラニ・ハレ前から散策タイム。



また青空が広がってきた。

その後は「ステート・キャピタル」前から写真タイムで、「セント・アンドリュース教会」まで歩いていただき、そこからパンチボウルを回り、ニミッツ・ハイウェイに戻って「リリハベーカリー」でココパフ購入タイム。

先週まで改装の為にクローズしていたリリハの本店が再びオープンしたと聞いたが、2号店の混雑は相変わらずだった。

ラグーンドライブからサンドアイランドに回り、週末でもガラガラの公園で小休憩。




「伊藤園」の工場横を抜けて、アロハタワー・マーケットプレイスに向かい、最後の散策タイム。

「NX」と書かれた、撮影隊のサインを発見し、クルーズ船の桟橋近くには大型テントと機材が置かれたロケ村が出来ていた。

セキュリティーのロコに何の撮影か聞いたが、案の定知らなかった。

まだ本体は出来ていなかったが、ハリウッドの匂いがした。


最後はケワロ湾からアラモアナ・ビーチパーク、マジックアイランドを抜け、アラワイ・ハーバーを見て終了。


夜はまた何度かシャワーがあった。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 13:47| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする