2017年03月01日

「Hawaii Five-0」ファンツアー:今日は年季の入ったご夫婦

若い人ばかりの時もあれば、3世代くらいが一緒に盛り上がる事もあるツアーだが、今日は年季の入ったハワイリピーターのご夫婦二組をご案内。

天気は良かったが風が弱った。

ワイキキを出てマノアに向かうと、ジャングルの入り口だけ道路が少し湿っていたが、全体的にドライで、ハイカーも多かった。

「コノの家」、「チン・ホーの家」を見て、ハワイ大学を抜けてカイムキからダイアモンドヘッド撮影所の前に来ると、今日は車が少なかった。

クレータトンネルの展望台も車は一杯で、暑くなってきている時間でも人が多かった。



海側の「ダノの展望台」で海を見下ろすと、波は3フィートほど。

大人しい海でもクジラの気配は無かった。


カハラの高級住宅街を抜けて、ワイアラエビーチに出て、ジュース休憩。



カラニアナオレ・ハイウェイに出て、「スティーブの家」に向かい、門の前で記念写真。

「レイチェルの家」を見てから、マカプウに向かうと、ハイカーの車が道路まで溢れていたが、岬の展望台には無事に止められた。

東海岸も青空が広がっていた。




週末に付きワイマナロは飛ばすので、タブレットの説明もビーチが見える範囲で、ちょっと順番を変えた。

ポロ・フィールドの手前から少し渋滞したが、これは週末のワイマナロのいつもの事。

オロマナからパリ・ハイウェイに向かい、パリ・トンネルに入る直前の眼下に、コノとアダムが結婚式を挙げた「コオラウ・ボールルーム」を見下ろし、ホノルルに戻る。


チャイナタウンの「ダウンビート」でロコモコランチの後は、ダウンタウンのアリイオラニ・ハレ周辺で散策タイム。

その後ステート・キャピタル前に移動して、また少し歩いていただく。

「セント・アンドリュース教会」からパンチボウルに向かい、中をグルリとまわってニミッツ・ハイウェイに戻り、「リリハベーカリー」でココパフ購入。

ホノルル・エアポートの滑走路脇のラグーンドライブをドン突きまで行き、サンドアイランドに移動する。



週末でもガラガラの公園でスナックタイムを取り、ホノルルハーバーを回ってアロハタワーに行く。

30分ほど散策時間。


その後はすぐ近くのシボレー車のディーラーの前を通って、ケワロ湾を抜け、アラモアナ・ビーチパークからマジックアイランドのパーキングを回り、アラワイ・ハーバーを見て、今日はヒルトンのオフィシャルショップ前で全員解散。


日本の地方テレビ局の中には、今年からシーズン1の放送を始めたところもあるそうで、これはツアーもまだまだ長続きしそうだ。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:56| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

「Hawaii Five-0」ファンツアー:今年は若い人が多い

今日のお客さんはとても若い男女で、新婚旅行かと思ったら、この春大学卒業と言う学生カップルだった。

この時期2〜3月は新婚旅行の多い第3シーズンでもあるが、かつては卒業旅行の季節でもあった。

昔マリンスポーツの会社にいた頃には、一番忙しくなる時期で、ナンパに返り咲いた時もあったなぁ。

しかし、ホテル代や飛行機代の高騰で学生には手が届き難くなり、サイパンやグアムに流れて行ってしまったりで、最近はハワイの卒業旅行は激減し、かなりのお金持ちの子息子女に限られていた。

ところが今年は何だか多い。

社員旅行のシーズンでもあるので、若いグループはよく見るが、ダックツアーにも若い女性ばかりのグループが多くて、ほとんどが卒業旅行。

なんだかもう、ほぼ自分の子供でもおかしくない年代が、自分達だけでハワイに旅行する歳になったんだなぁと思うと、ナンパにはなれないし、お父さん感覚でハワイの本当の事を話して、色々気を付けてねって言う事が多い。


さて、ツアーは良いお天気に恵まれた。

ワイキキを出てマノアに向かい、ジャングルを見て、「コノの家」、「チン・ホーの家」を回って、ダイアモンドヘッド撮影所。

ダイアモンドヘッドのクレーター・トンネルの前で写真タイムを取るが、パーキングは一杯で私は車で待機。

海側に回って「ダノの展望台」からダイアモンドヘッドビーチを見下ろす。

波はほんの2〜3フィートで、沖にクジラの姿も無かった。




カハラの高級住宅街を抜けて、ワイアラエビーチでジュース休憩。




カラニアナオレ・ハイウェイに出て、「スティーブの家」に向かう。

お父さんのマーキーと、「CHAMP」の道具箱が保存されている車庫。



ハワイカイからマカプウに向かうと、3〜4フィートの厚い波があったが、雲は少なかった。




ワイマナロは先週の入場規制以降、週末はポリスカーなどがいる様なのだが、平日の今日は以前と変わらなかった。

綺麗なベロウズビーチで少し休憩。




パリ・ハイウェイ経由でホノルルに戻り、チャイナタウンに入っていくと、「EYE」のサインを発見!

しかしロケ車が止まっているのは見えない。

狭いチャイナタウンでの撮影時はどう言う村を作っているのかわからないが、スタッフらしき人の姿も無く、ちょっと怪しかった。

そして「ダウンビート」でロコモコ・ランチ。

最近私はヴィーガン・ロコモコを食べる事が多いのだが、ウェイトレスのイザベラによるとチキン・ロコモコも行けると言うので、今度試してみたい。


食後はダウンタウンのファイブ・オー本部前から散策タイム。



ステート・キャピタル前に場所を移動して、また少し散策して、パンチボウルに移動。

ここはアクセスロードのプオワナ・ストリートに入ってすぐの山側に一般民家が数件あるのだが、反対側がずっと工事中。

何を作っているのかと思ったら、パンチボウルのヴィジター・センターなのだそうだ。

展望デッキを備えた資料館の様な物が出来るらしい。

20年ほど前に日本人旅行者がお墓に落書きをしたと言う事件があり、以来パンチボウル内にツアーで来た人は車から降りれなくなった。

日本人は、かつて大手旅行会社がやっていた「市内観光」が無くなると、ほとんど来なくなったが、アメリカ人のツアーは毎日たくさんやってくる。

車から降りれないので、内部をぐるっと回て終わりだが、せっかく来るならと言う事で、「資料館」と言う発想なのかも知れない。


ニミッツ・ハイウェイに戻って「リリハベーカリー」でココパフ購入タイム。

ホノルル・エアポートからサンドアイランドに入って、公園で休憩。

ホノルル・ハーバーには「土佐・・・丸」(途中読めず)と言う、漁業実習船がいて、丁度出港していくところだった。




アロハタワー・マーケットプレイスで散策タイムの後、ケワロ湾に向かうと、ピア38の入り口に、また「EYE」のサインを発見。

奥の方でやっているのかもしれないが、最近はサインの片付け忘れとか、放置されたままのサインも見るので、ちょっと怪しかった。

アラモアナ・ビーチパーク、アラワイ・ハーバーと回ってワイキキに戻った。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 13:31| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

ナイトドライブツアー+タンタラス

久しぶりにタンタラス付きのナイトドライブツアー。

初ハワイの新婚さんのリクエスト。

ワイキキを出てカラカウアからプナホウに入り、ネホアを曲がる。

ラウンドトップ・ドライブをくねくねと上がって行くと、いきなり大渋滞の展望台には、旅行会社のバンやミニバス、そしてレンタカーも多かった。

前は日本人ばっかりだった夜景の名所も、最近は中国や韓国の旅行者が増えていたが、今日は車を降りると聞こえてくるのは日本語ばかりだった。

ポリスカーが一台止まっていたが、完全に車道にはみ出して止めてるレンタカーには何も言ってなかった。

最近は昼間上がる事が多いが、やはりワイキキの夜景もたまには良い。



去年盗まれてから、通販でフォーカスの高いフラッシュライトを入手していたが、まだ月下美人を探せる季節では無かった。


タンタラスの丘を降りて、夜のH-1フリーウェイに乗ってパールシティーを目指す。

車も少なく、スムーズに流れて気持ち良い。

アロハスタジアムは真っ暗だったが、カメハメハ・ハイウェイに降りると、建設中の高架鉄道の工事現場は煌々と明かりが灯されていた。

やはり日本ではまだ「高速モノレール」と言う情報があるらしいが、こんな狭い島で高速はありえず、「高架」の間違い。

さらに「モノ」でも無くて、普通の線路が2本の電車。

つまり「高架鉄道」。

一応2022年にカポレイからアロハスタジアムの区間が完成予定だが、第2期でホノルル・エアポートまで延ばし、さらに第3期でダウンタウンまで延長しなければ、あまり使えるものではない。

第3期が終わるのは一体いつなのか??


カアフマヌを曲がって、住宅地を一気に上る。

コミュニティ・エリアの入り口前でUターンすると、オレンジ色の夜景が広がる。

少し下りて、ワイアウ公園で休憩。

芝生の上にマットを引いて、ジュースをサーブ。

正面に見えるパールハーバーの位置関係など説明をして、スマホのアプリで星の説明をして、その後は新婚さんの為に少し離れて放置プレイ。



タイミング良く流れ星でも見えたら良かったが、オリオン座が目立っていたくらいだった。


帰りは不思議メガネ!

今日もかなり受けた。

やはり女の子受けするようだ。


まだまだ人の多いワイキキに戻って終了。




オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:07| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

CIコンボツアー:強風注意報

オアフ島は3週末連続で嵐の予報。

今年に入ってから5度目の悪天候で、今回は雨よりも冷たく強い北風が吹き付けると言う事になっていた。


お客さんは初ハワイの新婚さんで、誰かのご紹介かと思ったら、ネット上で見た私のツアーの評判を見て参加して下さったそうだ。

ワイキキを出てカピオラニ公園を抜けてダイアモンドヘッドの展望台から下を見ると、まだ白波はそれほどなく、2〜3フィートの波にサーファーの姿もあった。

カハラの高級住宅街を抜けて、カラニアナオレ・ハイウェイに出て、サンディービーチを目指す。

少し風は出てきたが、陽射しに砂も光ってくれた。



ショアブレイクもほんの3フィートほどで、人はいなかった。

ブローホールは大人しかった。


マカプウ・ヘッド・トレイルのパーキングは車で溢れていたが、東側に回ると雲が広がっていた。

マカプウビーチは4〜5フィートの厚い波にサーファーも多かったが、沖にクジラは見つけられなかった。




今日はプレジデンツデーの祝日に付き、ワイマナロは飛ばして、カネオヘ湾を回ってクアロア公園に進む。

ここで大分風が上がってきたが、ワイマナロの代わりにビーチで自然教室。



ウィンドワードサイドは祝日の割には車が少なかった。

カーアヴァ、プナルウ、ハウウラ、カハナ、ライエ、カフクと北上して、ノースショアに回ると、少し雲が切れてきた。

サンセットビーチでは陽も射してきた。

波は10フィートを越えていたが、ややチョッピーでサーファーは僅かだった。



SUPの大会は中止の様だった。



チャンズリーフの手前からカメ渋滞が始まった。

今日は警察の車両も見えたが、駐車禁止の看板の前に止めている車を何故取り締まらないのだろうか??

最近ラニアケアビーチも浸食が進んで、砂がほとんど無くなってきていて、ウミガメも上がるスペースが無い。

それでも近くで泳いでいるカメを見る為にゾロゾロと観光客はやってくる。


ハレイワに入って、アリイビーチのハレイワポイントは、3フィートほどの綺麗な波だったが、サーファーは数えるほどしかいなかった。



トレンチ側には大きなウミガメが3頭上がっていた。




風が丁度少し緩くなったところで、ピクニックランチ。

マイナバードが木の上で鳴いていた。

食後はドール・プランテーションに向かい、少し休憩の後、再びノースに引き返し、ワイアルアに行って「ソープ・ファクトリー」と「アイランド・エックス」に寄った。



そしてその後はハレイワ・タウンで散策時間。

ゴールドツリーがあちこちで咲き始めた。




夕方再集合して、サンセットビーチに夕陽を見に向かうが、空には雲が張り詰めて、どこに太陽があるかもわからない状況。

とりあえずビーチにマットを引いて、サーフィン見物。

昼間より波が上がって、15〜18フィートほどだと思う。



サーファーはいたが、数は多くなかった。

ビーチには人が多かったが、やはり夕陽の見物ではなく波乗り見物。

強い北風が後ろから吹いていて、私もTシャツの上に長袖シャツを着て、さらにパーカーを着込んでいた。

結局いつどこに太陽が沈んだかもわからず、日没の時間を迎えたが、時々沖に見える豪快なサーフライドだけでも楽しめた。


帰りはカラオケ大会の話などしながら、夜景の広がるホノルルに戻った。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:37| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

「Hawaii Five-0」ファンツアー:3度目「スティーブ邸Inside」!&ワイマナロの規制

ダックツアーのバイト2回を挟んで、今週3度目の「Hawaii Five-0」ファンツアー。

いよいよピークに近づいてきているのかもしれない。


朝は緩やかな西風が吹いていたが、午後からまたも嵐の予報が出ていた。

ワイキキを出てマノアに向かうと、ジャングルの入り口は既に道路が少し湿っていたが、ハイカーの数は多かった。

実は明日はマノアフォールズ・トレイルは倒木の除去作業の為にクローズだそうで、その為に前倒しで歩く人が多かったのかも知れない。

ダイアモンドヘッド撮影所にはロケ用のトレーラーは数台見えたが、中は静かだった。

クレーター・トンネルの前で写真タイム。

少し雲が出てきた。



海側のサーフポイントは2〜3フィートだが、形は良くなってきた。

クジラの気配は無かった。



カハラの高級住宅街を抜けて、ワイアラエビーチでジュース休憩。




カラニアナオレ・ハイウェイに出て、「スティーブ邸」に向かい、ゲートの前で写真を撮っていると、リチャードとスーザンが買い物から帰ってきた。

「中もどうぞ」と言われて、連続で庭に入る事が出来た。



スティーブとキャサリンがBBQしたビーチ。



今日のお客さんはとても詳しく場面を覚えていらして、ここでスティーブが泳いでいたとか、魚釣りをしていたとか、感激されていた。

そして、今日はなんと久しぶりに御家の中にまで招待された。

私も3度目だったが、「ここでスティーブのお父さんが殺されたのよ〜」と、また説明してくれて、シーズン1でキャサリンとのラブシーンがあったベッドルームも見せてくれた。

今日はご家族4人が揃っていて、スーザンのお母さんは片言の日本語も話されるので、ヨギーと遊びながらしばらくおしゃべりした。


そしてハワイカイを抜けてマカプウに移動すると、トレイルのパーキングは一杯で、路肩まで車が溢れている。

岬の駐車場も一杯で、私が車の中で待機している間に、お客さん達だけ見に行ってもらった。


さて、次はワイマナロだが、昨日新しいレギュレーションが発表されて、行けなくなってしまったのだ。

既にカイルアとラニカイのビーチにはツアーでお客さんをお連れする事は出来なくなっていたが、これを無視して、営業車番号を隠して、または最初から営業車番号を取得していない業者が勝手に旅行者を連れて行くと言う事態が問題になっていた。

さらに一昨年全米ナンバーワン・ビーチに選ばれたワイマナロには徐々に旅行者が増え、ワイマナロ・ビーチパークは、営業車の駐車が可能なのは15分だけという決まりが出来ていたが、大型バスがその15分の間に他の車を妨害する形で駐車したりで、これも問題になっていた。

さらにウェディング・フォトセッションの増加で、一部の住民と揉めたり、反発を買うなどして、とうとう議会が東海岸のマカプウからカイルアにかけてのほぼ全てのビーチを、営業行為禁止にしてしまったのだ。

実は私が普段「Hawaii Five-0」ファンツアーや、サークルアイランドツアー、ビーチピクニックツアーなどでお連れしているベロウズビーチ(ワイマナロ・レクレーショナル・エリア)だけは例外で、これにはかなり安心したのだが、ここも平日のみで、週末のこの日はNG。

違反者には罰金500ドルと、禁錮30日と言う厳しいお達しなので、今日は断念。

とりあえず今後予定されている週末・祝日のツアーに関しては、5ドルオフで対応する事にしたが、今後は関連ツアーに関しては平日のみとする。

個人的にも大好きなビーチで、多くの日本の方にご紹介したいのだが、ちょっと残念である。


そのままオロマナからキャッスル・ジャンクションを経て、パリ・ハイウェイ経由でホノルルに戻り、チャイナタウンの「ダウンビート」でランチタイム。

ダウンタウンでファイブ・オー本部前から散策タイム。



ステート・キャピタル前から少し歩いていただいた後、パンチボウルを回って、「リリハベーカリー」に寄って、サンドアイランドに向かう。

倒木の撤去作業は、中途半端なままで終わっていた。




少し風が強くなって来たが、ツアー中は雨に降られる事も無かった。

アロハタワーの散策時間の後、海沿いを見学しながら戻ってきた。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 13:42| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする