2019年08月07日

読書記録:2018年12月〜2019年07月

ハリケーン・エリックはハワイ諸島の南に逸れ、熱帯低気圧になったが、湿った空気と若干の波を南側に寄せた。

そして次のハリケーン・フロッシーも既に熱帯低気圧に落ちたのだが、真っ直ぐハワイ諸島に向かっている。

火曜はオアフ島に最接近するとみられていたが、空は晴れている。

今後被害が無いことを祈っている。


さて、久しぶりに読書記録。


・「日本国紀」百田尚樹 幻冬舎
日本国紀


マスコミが触れない、隠れベストセラーと言う事だったが、実際にはかなり話題になっているようだ。

日本人が知るべき日本の歴史を、わかりやすく、簡潔にまとめてある。

日本を好きになる歴史書。

保存版。


・『「日本国紀」の副読本」 百田尚樹・有本香 産経出版

「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 (産経セレクト S 13)
「日本国紀」の副読本 学校が教えない日本史 (産経セレクト S 13)

「日本国紀」を深く読むための副読本。

何故今、「日本国紀」を読む必要があるのか。

これもお勧め。


・「戦争と平和」百田尚樹 新潮新書

戦争と平和 (新潮新書)
戦争と平和 (新潮新書)

まず百田尚樹は読みやすい。

語りかけるような、そしてわかりやすい言葉を使って、順序立てて組み立てる文章は、スッと心に入ってくる。

この本の内容は重い。

日本人は基本的に戦争に向いていないと言う理論は、サムライ精神の中にも義理を守る文化があったり、人を信用する徳があったりするからで、敵に対する思いも他の国と大きく違うからだろう。

実際に日本はかつて勇敢に戦ってきた。

そして一度の負けで大きく変わってしまった。

これに歯止めをかけるためにも、憲法改正は必要と言う話。


・「アミダサマ」 沼田まほかる  光文社文庫

アミダサマ (光文社文庫)
アミダサマ (光文社文庫)

SFサスペンス。

独特の世界に引きずり込まれて、あっという間に読み終えた。



・「セカンド・ラブ」乾くるみ 文春文庫

セカンド・ラブ (文春文庫)
セカンド・ラブ (文春文庫)

恋愛ミステリー。

見た目はそっくりで、性格は対照的な二人の女性に翻弄される話。


・「火のみち」(上・下)乃南アサ 講談社文庫

火のみち(上) (講談社文庫)
火のみち(上) (講談社文庫)

戦後からの昭和の時代の中で、苦労しながら陶芸家になる男の話。

家族や兄弟の絆、そして葛藤は、涙なくしては読めない。


・「家康、江戸を建てる」 門井慶喜 祥伝社文庫

家康、江戸を建てる (祥伝社文庫)
家康、江戸を建てる (祥伝社文庫)

荒野を開拓して江戸を作った家康と、それに携わった家臣たちの話。

仕事に対するプライドにも驚くが、400年も前にも日本人は色々な事を考えて、研究して都市を作ってきたのだと言う事が分かる。



・「わが心のジェニファー」浅田次郎 小学館文庫

わが心のジェニファー (小学館文庫)
わが心のジェニファー (小学館文庫)

日本好きのジェニファーから、結婚の条件として日本への一人旅を命じられた青年の物語。

浅田節は効いているが、どうも妄想の世界が強くて、現実味は感じられなかった。


・「オリンピックの身代金」(上・下)奥田英朗 角川文庫

オリンピックの身代金(上) (角川文庫)
オリンピックの身代金(上) (角川文庫)

来年の東京オリンピックを控えて、タイムリーな内容だと思ったら、これは昭和39年のオリンピックを控えた中、爆弾事件と戦う話。

当時の建設ラッシュの様子や、そこに起きる事故や過酷な労働環境、高度経済成長とそれに取り残された貧困の世界など、今のオリンピックにもある程度は起きていると想定されるので、やはりタイムリーな内容か。


・「東電OL症候群」佐野眞一 新潮文庫

東電OL症候群(シンドローム) (新潮文庫)
東電OL症候群(シンドローム) (新潮文庫)

この本は、1997年に起きた事件について書かれた「東電OL殺人事件」のその後の話である。

なお、さらにその後、この容疑者は2012年に無罪が確定している。

この事実を知ってから読むと、安心するかも。


・「文福茶釜」黒川博行 文春文庫

文福茶釜 (文春文庫)
文福茶釜 (文春文庫)

古美術ミステリー短編集。

古美術を使った詐欺師たちの手口。


・「七つの会議」 池井戸潤 集英社文庫

七つの会議 (集英社文庫)
七つの会議 (集英社文庫)

池井戸潤の企業内争い物で、会議を中心として構成されている。

最後はちゃんとスッキリさせてくれる。


曙光の街 (文春文庫)
曙光の街 (文春文庫)

公安課の刑事と、ヤクザ、そして旧ソ連KGBの元スパイの3人の男を中心に進む話。

そしてその後にそれぞれ人生の曙光を見つけだす。



posted by じゅにーK at 09:22| ホノルル ☀| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

パン紹介:パン・デ・ココ

ローカルのパンの紹介第3弾。

・ウベパン
・バリンタワック


一時はウベパンの人気が上がって、いつ行っても売り切れていたのだが、最近はバリンタワックの方が売り切れていることが多い。

そこでまた別のパンを買ってみた。

パン・デ・ココ:ココナッツのパン。



ちょっと大きなパンが6つ入っている。


中は勿論ココナッツ。



ココナッツのフレークをココナッツミルクとブラウンシュガーで煮詰めた感じ。

サクサクとした食感で、ココナッツ好きには堪らないと思うが、ちょっと甘すぎかな。


これがウベパンくらいの大きさなら丁度良いが、大きいので飽きることがある。


これも「タイムス」で売っている。







オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ



ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!
<10位以内に復活しました!MAHALO!(゚∀゚)>

アロハストリート・ブログランキング




こちらも始めました(・∀・)すでに10位以内に落ち着いています!MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報

にほんブログ村

posted by じゅにーK at 08:54| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

ダックの景色 2019-07:リッキーのタトゥー

ハワイには二つのハリケーンが近付いている。

一つ目はハワイ島にかなり近付く様だが、直撃は無いだろう。

しかし余波で風が上がり、雨雲が増えている。


今年はゴールデンウィークの大型連休を始め、繁忙期のパターンが変わっているように思う。

7月は前半にちょっと連続したものの、後半はパラパラで、キャンセルも入ったので、ダックツアーのバイトをしていた。


最近は通常一日に2本のツアーしか組んでいない。

朝7時から8時にかけて集合のシティーツアーは、日本語オンリーなのだが、2本目のダイアモンドヘッドツアーは日英混合のバイリンガルツアーとなっている。

バイリンガルツアーでは、日本語で話す内容が半分ほどになるので、楽かもしれないが、私的には物足りなかった。

お客さんも半分はわからないので、満足してくれるのかと思っていたが、日本人観光客には英語部分はアメリカの雰囲気、英語観光客には東洋の雰囲気を味わってもらっていると言う社長の話で、まあ実際には何とか回っている。


前は朝はカカアコのヤードまで行って、ダックと一緒にワイキキに出ていたが、最近はアラワイハーバーに車を止めて、朝8時にイリカイホテル正面からガイドの仕事。



時々シャワーも入ってくるが、朝はウミガメの出現率が高く、盛り上がる。

アラモアナ・ボウルズのサーファー達とワイキキを海側から眺める。



吹き込む風がとにかく気持ちイイ。


1時間半ほどで1本目が終わると、その後2時間半も間が空く・・・

以前のスケジュールだと、30分ほどで次のツアーだったのに、休憩が長い。

ドライバーで、キャプテンでもある相棒のリッキーと、ダックの中でスパム結び食べながら駄弁っている事もあるが、2時間半は長過ぎる。

アラワイハーバーに止めたままなんて言う時は、交代でトイレ休憩に行ったり、ダックの中で本を読んでいた事もあったが、日中の止まったままのダックは暑いので、リッキーも一度ヤードに戻っている。

これに一緒に着いて行った事もあったが、ヤードも暑いだけなので、イリカイホテルのロビーで本を読む事もあるが、2時間半もあれば、一度家に帰ってスナック食べて、30分以上昼寝する時間もあるのが今の状態。

休憩時間中にヤードに戻るダック。



よく見ると運転席からリッキーがシャカ出してる。




このリッキーはテキサス出身の、元長距離ドライバーで、アメリカ大陸中を走り回っていた男。

若い頃から仕事を始めて、色々苦労もして、今はダックのドライバー・キャプテン兼、メカニックでもある。

週7日働く、今まで私が出会ったアメリカ人の中で一番働く男である。

リッキーが倒れたら、ダックも倒れると言うのがマジな人物。

人に任せるのが嫌いな性格で、過去にはダックのガイドとも相性が合わずに揉めた人がいたらしいが、私の事は大好きみたい、と社長が言っていた。

若い頃から色々仕事したり、ガイドとしてのお客さんとの接し方とか、色々話の合う点が多くて、相談される事もある。

最近は私のサングラスが気に入ったらしく、同じのを買ってきてくれと頼まれたので、ネットで注文。



実はポロシャツの下には、自慢のタトゥーがある。



和柄なのだが、和彫りではない。



実はローカルのタトゥーアーティストの作品だそうで、少しづつ色付けしている段階。

日本が大好きで、一人で居酒屋に飲みに行ったりする。

最近のお気に入りはTKG(卵かけごはん)だそうだ。

私とも何度も飲みに行く計画をしているのだが、何しろ休みの無い男なのでタイミングが難しく、まだ達成していない。


数年までカネオヘの海沿いに住んでいたが、嵐で家が土台ごと流され、以来ダックのヤードで使用していない古いダックを改造して住んでいる。

それで休まず働いているのに、会社から建て替えたダックの部品代が出ないと嘆いている。


リッキーは最初の奥さんが韓国人で、相当酷い目に遭ったらしく、私以上に韓国に対しては辛口なのだが、今の奥さんで、ダックの英語版ガイドもやっているセレステが、物凄く愛情に満ちた女性で、やはり週7日一緒にバイリンガルツアーをやっている。

ガイドとしても随分勉強をしているのだが、彼女も元長距離トラックドライバー。

英語では随分細かい説明をしているが、バイリンガルツアーと言っても、日本語と英語で同じ事を言っている訳ではない。

勿論カラカウア大王だとか、ワイキキビーチとか、レインボーシャワーとか、ダイアモンドヘッドなどの主要スポットはどちらも説明するが、セレステの英語は歴史的な事と文化的な事を多く入れている。

そしてほとんどがポジティブな内容。

私はやはり自然の話がメインだが、アサイの駄目出しとか、パンケーキの嘘の話、治安の話など、ピリッとした話題を入れる。

実際には、やっぱりそう言った裏話の方が受けが良い。


ダイアモンドヘッドクラブと違って、チップボックスが置いてあるのだが、44人乗りのダックに、今週はずっと40人は入ったので、一人1ドルでも40ドル。

朝はこれをリッキーと分けても、20ドルの現金が入るのは、少し早起きした甲斐がある。

2本目はリッキーとセレステと3分の1だが、10ドルにも行かない事が多いのは、チップが少ないと言う事で、やはりバイリンガルツアーの限界かな?


8月は予約の出だしが遅く、実は結構空いている。

お盆中の15日のムーンボーもまだ余裕あり。

暇な様ならまたダックでバイトかな。




オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ



ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!
<10位以内に復活しました!MAHALO!(゚∀゚)>

アロハストリート・ブログランキング




こちらも始めました(・∀・)すでに10位以内に落ち着いています!MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報

にほんブログ村

posted by じゅにーK at 16:10| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月30日

ノースショアツアー:ドール・プランテーションの汽車どうなってるの?

日本も夏休みでお子さん連れが続いている。

今日もご家族をご案内。

昨晩は少し激しく降ったが、朝から良いお天気になった。

H-1フリーウェイに乗って、西に進む。

H-2への乗り換えの直前で、ZIPカーがコンクリのブロックを片付けているのが見えた。

まずはドール・プランテーション。

迷路で遊んで汽車にも乗りたいと言う事で、最初にユーカリなどの説明をしてから一時解散。

まあ、どちらも30分程度なので、1時間ほどで戻るかなと思って、パーキングで読書開始。



1時間を過ぎたころ、一度戻ってきたお客さんが「汽車が混んでて乗れない」と言うので、さらに1時間。

ところが戻ってきたお客さんたちは、結局乗れなかったとがっかりな様子。

大行列が出来ていた訳ではないので、汽車の運行状況に支障があった感じだった。


ノースショアに下りて、ワイアルアに向かい、「ソープファクトリー」と、「アイランド・エックス」を見学。




続いてアリイビーチパークに向かう。

トレンチは海に入っている人がいて、上がっているカメはいなかったが、泳いでいるカメが数匹見えた。



ハレイワ・ポイントに波は全くなく、ローカルが水浴びしているだけだった。




その後はハレイワタウンに移動して、散策タイム。

私は「L&L」でスパムサイミンを食べた。




そして早めに戻ってきたお客さん達は、やはりドール・プランテーションの汽車に乗りたいそうで、再び向かったのが4時。

確か汽車は4時過ぎまでで、閉園は5時だと思っていたが、夏場は5時半だった。

またパーキングで本を読みながら待機するが、5時を過ぎても汽車の音が聞こえた。

ようやくお客さんたちが戻ってきたのは、閉園の5時半だった。

何とか汽車には乗れたようだが、こんなに時間がかかったのは初めてだった。

それでもまだ、汽車の汽笛が聞こえていたので、乗れなかったお客さんの為に時間を延長しているらしい。


帰りのフリーウェイはハラヴァのマージから渋滞したが、ボンダンスの話などしながらワイキキに戻った。









オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ



ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!
<ランキングが落ちています!HELP!>

アロハストリート・ブログランキング




こちらも始めました(・∀・)すでに10位以内に落ち着いています!MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報

にほんブログ村


posted by じゅにーK at 11:48| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月29日

「SALT」の「MOKU」

友人たちと食事に行った。

気に入って通い出すと同じ店ばっかりに行く私も、少し持ち球を増やそうと思い、友人お勧めの店に行った。

カカアコに昨年完成したショッピングセンター「SALT」



アラモアナ・ブルバード沿いの、かつて「ウェット・オコレ」があった場所。

日本のガイドブックでも紹介されているそうで、最近この辺りにまで来るトロリーは、この先のウォールアートだけでなく、ここが目当ての人もいるようだ。

さすがに夜は観光客風の人はほとんど見なかったが、昨年私が知ってるだけでも日本人が4人も襲われた現場の公園とは目と鼻の先。

このショッピングセンターが犯罪を減らすか増やすか、まだわからない。


さて、入っているのはオシャレ気な店ばかりで、



「Kahala」のアロハシャツのショップなどもあった。


入ったのは「MOKU」と言うレストラン。




ピザが美味しいと言う話で頼んだ、「ベイクド・ヴェジタブル・ピザ」はホントに美味しかった。



他にも「プライムリブステーキ」や、「スクワッシュのラビオリ」などどれも満足な味だった。


この「SALT」の中には、やたらと混雑していたバーもあったが、他のレストランも今度試してみたい。

パーキングが大変と聞いていたが、今回は何の問題も無かった。


「PAAKAI:(パーカイ)」とはハワイ語で塩:SALTの事。







オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ



ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!
<ランキングが落ちています!HELP!>

アロハストリート・ブログランキング




こちらも始めました(・∀・)すでに10位以内に落ち着いています!MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報

にほんブログ村

posted by じゅにーK at 10:04| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする