2017年05月25日

雑感:多忙な日々

ゴールデン・ウィークを含めて、他の旅行業者の話を聞くと、最近は暇だと言う話が多い。

「人が暇な時に忙しくなるダイアモンドヘッドクラブ」のジンクス通りで、私はなんだかずっと忙しい。

日記が10日も開いてしまったのだが、この間ツアーはチャーターが幾つかと、神社仏閣ツアーが入ったくらいで、後はダックのバイトが多かった。

社員旅行が多くて、オジサンばっかりなんて言う時もあったなぁ。

仕事の無い日も、友人の結婚式があったり、友達の引越しの手伝いをしたり、カピオラニ公園でBBQ30人分焼いたり、夜も忙しくて、急に女子会に呼ばれたり、誕生パーティーに行ったりと、本当に多忙だった。


オリジナルツアー以外では写真を撮るタイミングがなかなか掴めずに、この間のハワイの写真があまり無いのだが、最近のマイブームをご紹介。

まずは私の大好物の、ハーゲンダッツの「パイナップル&ココナッツ」

パッケージが若干変わった。



古いのは捨てちゃったので比べる写真が撮れなかったし、日本で売っているのはまたデザインが違ったりするだが、変わったのはパッケージだけでなく、なんと中もパイナップルがかなり増量されていた!

私はこれが冷凍庫に無いとちょっと不安になる。


続いてボンダンスの櫓。



ハワイでは6月に入るとボンダンス・シーズンが始まるが、これは昨年10月から家の隣のお寺のパーキングに置かれていた。

この櫓は隣の「真宗ミッション」のボンダンスだけでなく、ホノルルの浄土真宗系のお寺などで使われる持ち回り品で、毎年オフ・シーズンに保管するお寺が、今年は「真宗ミッション」だった様なのだ。

この櫓は、下に車輪が付いていて、トラックでけん引する。

一度フリーウェイを走行中の櫓を見たが、かなり安定していた。

使用する際は周りの胴体が下がって、車輪を隠し、小さな扉から上段に上がる仕組み。


はいっ!これは何でしょう?



これはしっかり胴体をロックで繋いで止めておいた自転車。

しっかりロックで止めた胴体だけ残って、後はペダルさえも盗まれている。

ハワイはこういう軽犯罪がものすごく増えている。


これは近所のスケボー・ショップのショー・ウィンド。



並んでいるのは古いラジカセ。



一番後ろはさすがに日本では見なかったが、私が最初にLAに行った80年代には、こんなの肩に載せて歩いてる黒人の兄さんがいた。

今どきの若い奴は、これが何かわかるのかな?と思っていたら、なんと最近カセット・テープも見直されてるとか・・・。

レコードとかは分かるけど、テープは劣化が激しいからな・・・


そして、友人から、ブルー・レイディスクのプレーヤーを頂いてしまった。(Hちゃん、Mahalo!)



STAR WARSの「フォースの覚醒」のDVDにブルー・レイが付いていたので、早速見たら、いや〜綺麗。

丁度タイミング良く、「ローグ・ワン」も来た。



忙しい中にも、夜少し時間が出来ると見ていた。

英語字幕で1回、日本語で2回見た。

英語は他のSTAR WARSに比べて聞き取り難かったので、なるほどと言う点もあった。

日本語はなんかやっぱり違和感があった。

ジンの母が「レイラ」って言うのは、普通の英語読みだけど、セリフでは「リラ」と言っているし。

でもこの「ローグ・ワン」は、イイ。

ジェダイが出てこないから、チアルートがカッコいんだろうな、と言うのもあるけど、あの切なさは人間ドラマだし、見事にエピソード4に繋げたのは凄いと思う。

ハンマーヘッド・コルベットも好き。


最後はロスティー向け。

ダックツアーのヤードはカカアコの「53 by the sea」の隣なのだが、つまりケワロ湾沿い。

こんなのが見える。



よく見ると左の船はなんと、「KAHANA」!



これは「LOST」で、マイルスやファラデー、シャーロットやキーミーたち悪物が乗ってきた船。

この港には前から「ペニーのボート」こと「SEARCHAR」は止まっているのだが、これは「Hawaii Five-0」ファンツアーでも、「ウォー・ファットが逃げた船」として、泊まっている時には紹介している。




6月からは、「Hawaii Five-0」ファンツアーもヴァージョン4.5の予定だが、全体的に暇そう。

ダックの方は入って欲しいと言われているので、今度は洋上の風景や動画も撮ってみたい。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 15:21| ホノルル ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

雑感:2016クリスマス

毎年一年が過ぎるのが加速している感じがするのは、歳を取っているせいだろう。

しかし今年はなんだか色々あって、ようやく年の瀬と言う感じがする。

幸運にも最近は近くに日本人の友人が増えたために、昨年末には忘年会があり、今年はたくさんの新年会で幕を開け、サッパリとした独身で迎えた物の、寂しいなどと感じる事は無かった。

仕事は相変わらず季節などによって上下が激しいが、日本で地上波でも始まった「Hawaii Five-0」のファンツアーを中心に、大当たりの年となったムーンボーのツアーも賑わった。

今年は久しぶりに、雑誌に2度も登場した。

だが夏にはかつて経験した事が無いほどの難運に見舞われ、精神的、肉体的、経済的にも大打撃を受けた。

しかしこれらの災厄の際にも、考え方によっては、不幸中の幸いが多く、救いを求めてお祓いに行った「ハワイ大神宮」でも、悪い事が現れている訳ではないと言われ、痛みと感じるような現象を押さえてもらう事になり、結果的にその後はすっかり収まった。

だが一年前と比べて、良くなった事はあまりなく、停滞した年だったと感じる。


日本へはもう6年も帰っていないが、正直余裕が無い。

精神的には多くの人に支えてもらったが、お金が無いのは仕方ない。

オリンピックまでには一度帰りたいとは思っているが、どうなる事か。


最近はまた縁談の話もチラホラ来るようになり、何度か女性と二人で食事などにも行ったが、進展する事は無かった。

でも応援してくれるのは男性の方が多い。

このブログの解析では性別などはわからないのだが、ダイアモンドヘッドクラブのYouTubeチャンネルの解析を見ると、60%以上が男性。

なかなか日本では出来ない生き方をしていると、ある意味で憧れられている様なのだが、ハワイでも私の周りにはしょっちゅう旅行などしている日本人セレブも多く、逆に苦労ばっかりの私は、親近感も感じると言う話も聞く。

20代半ばから30代半ばにかけては女性も多いのだが、これは「ハワ恋」のファンらしい。



実際今年も受けた幾つかの相談事は、すべて男性からの物だった。

移民相談や開業に関しての物などもあるが、基本的に厳しい事を言ってお終いと言うケースばかりだった。

イイ事しか言わないなら、日本の旅行雑誌やテレビ番組と一緒。

マイナス面を知った上で、どう知恵を働かせるか。

実は自分自身にも言い聞かせている。


来年はまた何か始めたり、発想を変えたり、転換させたいと思っている。

もう少し成功させなければ、次のステップもやってこない。


ハワイのクリスマスは、ワイキキ以外はそれほど盛り上がらないが、それでもアパートの住人同士で顔を合わせると「メリー・クリスマス!」と言う挨拶をする。

家には日本から届いた幾つかのクリスマス・カードが、僅かにその雰囲気を醸し出しているが、今年はツリーや電飾を出す事も無く、このまま何事も無く過ぎるだろう。

そして年末年始はツアーが少し忙しくなる。







オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 14:10| ホノルル ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

カイロと御祓い

ビジネスの目的もあるので、ブログには余りネガティブな事は書きたくはないし、物事の捉え方によっては決してネガティブでは無くなる事もあるが、この夏はどうも痛い事が多かったので、先日書いたところ、やはりあちこちから反響があった。

・雑感:2016夏

最初に電話を掛けてきたのは東京の母だったが、歯の心配をしてくれた。

以降、日本の友人知人、ハワイの友人知人から、激励の言葉を頂いたり、慰められたり、食事に連れて行ってもらったり、お酒をご馳走してくれたりと、久しぶりに「人に支えられて生きている」と言うのを実感した。

でも心配をかけてしまった事が申し訳なく、やはりネガティブな事は書かない方が良いと思っていた。

実はブログにも書けない事も幾つかあり、さらに9月になれば快方に向かうと思っていた運も、なかなか上向きにはならず、痛い事が続いていた。

そんなある夕方、最近週一で利用しているお弁当屋さん「こころ亭」で、「カキフライ弁当」を待っていると、「ハワイ大神宮」の岡田先生とバッタリ会った。

「お元気ですか?」と尋ねられたが、「正直今ひとつで・・・」と答えると、「一度お祓いしましょうか?」とおっしゃって下さった。

私はオアフ島の4人の神主さん全員と知り合いで、神社仏閣ツアーでお参りにはちょくちょく行っているが、やはり仕事としてお客さんをお連れするのと、自分の為にお参りしてお祓いを受けるのはまた別と言う話にはなった。

しかしその時点では、まだ本気でお祓いを受けようとは考えていなかったのだが、その数日後に追突事故に遭う。

・「Hawaii Five-0」ファンツアー:ツアー中の事故

この時も色々ご心配を頂いたが、大事故にはならず、お客さんに怪我が無かったことは不幸中の最大の幸いだった。

しかしこの後すぐに岡田先生に連絡を入れ、やっぱりお祓いをして頂く事にした。


一方この追突事故で、車のバンパーが変形したが、これは向こうの保険会社の指定する工場で、見積もりを受け、これから修理を行う方向。

そして少し違和感を感じた首については、カイロプラクティックに行く事は決めていた。

8年ほど前に「LOST」ファンツアーが忙しかった頃、長いドライブと、ジャングルやビーチを歩き回る肉体労働が続き、やはり首が痛くなって、しばらく通った日系人のオダ先生の「オダ・オハナ・カイロプラクティック」に予約を入れていた。


そして先週末にまずカイロに行ってきた。

カウアイ島出身のオダ先生は、8年ぶりにも関わらず、色々と私の事を覚えていて、おしゃべりしながらも首や肩をゴキゴキッとアジャストしてくれて、すっかり違和感も無くなってしまった。


その翌日には「ハワイ大神宮」に行った。

実はこの日お祓いをしてもらう事を、モクレイアのあっちゃんに話したら、是非見てみたいと言う事で、最初は「見届け人」として来る事になっていた。

入り口付近の駐車スペースも、隣の公園もパーキングが一杯で、何をやっているのかと思ったら、大勢が神社の境内と公園の境目にブロックを並べている。

今までは丸太が置いてあるだけだった境界線にブロックを引き、上の電線を埋設するのだそうだが、作業をしているのは中学生くらいの子供を中心としたグループで、みんなお揃いの青いTシャツを着ていた。

Tシャツには「本願寺」と書かれていて、ここのボランティアグループなのだそうだ。

何とか駐車スペースを見つけると、ちょうどあっちゃんも来た。


さて、本殿に入っていくと岡田先生がすでに待っていらした。

見学だけのつもりだったあっちゃんも、ここで急遽お祓いを受ける事になった。

実はちゃんとしたお祓いを受けるなんて言うのは初めての事だったので、予め電話で服装などについても聞いていたが、普段着で構わないと言う事だった。

最初に最近の不運と感じる出来事について、色々と聞かれ、お祓いの内容を決定。

続いて、お祓いの後に授かる御札かお守りを選ぶ。

そのお守りを祭壇に置いた後、私たちは神前の椅子に座って待機。

やがて岡田先生が宮司の装束で登場。

ご自分でCDをセットして、雅楽が流れ始める。

ご祈祷がしばらく続き、玉串の奉納があり、祝詞を読み上げる。

普段はとても柔和な感じの岡田宮司が、真剣な厳しい表情で務められていた。

金粉入りのお神酒を頂いて、30分ほどでセレモニーが終了。

なんだかイイ感じで窓から吹き込んでくる、ヌウアヌの谷を降りてきた貿易風は、そこに神の存在を感じるような神聖さで、背筋がシャキッとした。

最後にお守りを受け取り、今晩するべき事についてレクチャーを受けた。




さあこれからは、上向くに違いない。


御祓いは予約が必要だが、合計で1時間はかかるので、「神社仏閣ツアー」の最中は難しいが、チャーターツアーで予約を代行するのは構わない。

「ハワイ大神宮」は、ハワイの中でも小さな神社だが、明治36年から続くもっとも古い神社で、「伊勢神宮」と合祀されていて、岡田先生も伊勢神宮からいらしている。

天照大神を主神とするが、アメリカのワシントン大統領、リンカーン大統領、さらにハワイのカメハメハ大王、カラカウア大王をもお祀りする世界で唯一の神社でもある。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!10位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村

posted by じゅにーK at 12:00| ホノルル ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月16日

雑感:2016夏

オリンピックの年は観光客が少ない傾向があったが、今年は新しく出来た「山の日」の効果か、お盆休みのお客さんが多かった。

さて、ゴールデン・ウィーク前から6月一杯は、仕事も順調に入り、公私に忙しかったのだが、実は7月から8月前半は悪夢のような日が多かった・・・。


まず、奥歯がいきなり折れた。

1000ドル以上するべニアだが、日本にいた時から神経を抜いていて、色々トラブルのあった歯だった。

その後もこの10年で歯根が2度も炎症を起こして、その都度ドリルで穴を開けられ、最近少しグラグラしているなと思ったら、ポッキリと折れてしまったのだ。

歯を入れてくれた、今はセミリタイアしているDr.クロスに会いに行くと、インプラントなら5000ドル、ブリッジでも3000ドルすると言われ、落ち込んだ。

とりあえず残っている歯根を抜かなくてはならないと言う事で、口腔外科の先生を紹介してもらった。

軽い気持ちでいたが、8時間前からは水も飲んではいけないと言う大袈裟な注意が来て、少しビビッてきた。

帰りは車の運転は出来ないとも言われ、大人の付き添いが必要との事だったが、家からは歩いて行けるカヘカのビルだったので徒歩で向かうと、片言の日本語を話す日系人の先生で、全く痛みを感じる事なくあっという間に終了。

しかし数時間は出血が止まらず、血の嫌いな私はそれだけでも鬱だった。

ブリッジは日本で作ると3〜4万円と言う事もわかったが、その為には2週間の滞在が必要らしい。

3000ドルあれば日本にも帰れる。

若干の不便はあるが、奥歯なので全く目立たないし、これは一時保留にして、次の帰国のタイミングまで待つ事にした。


その次は、愛車「太郎3世」が車上荒らしに遭った。

2011年に替えてから、実はもう4度目。

今回も含め、うち3回は自宅アパートの駐車場。

私の車は派手なので、外ではイタズラされる事は滅多に無いのだが、アパートの駐車場はセキュリティーが甘く、また地下にあってアラームが鳴っても聞こえないので、夜中や早朝にやられるのだ。

以前はアンテナを盗まれたり、ガスタンクのドアをこじ開けられたりだったが、今回はドライバー側の窓ガラスが割られた。

実はこの日はトヨタの工場にメンテナンスに行く予定で、家で準備をしていると、隣に車を止めているハリーがやって来て「おまえの車、ガラス割られてるぞ〜!」と、教えてくれた。

とりあえず運転席に散乱したガラスを退かして、トヨタに持って行くと、係りの兄ちゃんも驚いていたが、ついでにガラスも入れてもらえないかと聞いてみた。

メインランドに注文するので2週間はかかると言われ、近所のリペアショップの方が早いかも知れないとの事で、以前サイドミラーの修理をお願いした事のある、ワードの「エース」に持って行くと、なんと丁度在庫があるとの事。

しかしこの日すぐにと言う訳にはいかず、週末だったので、2日間は窓ガラスが無い。

当然この状況でツアーは出来ず、代車も探したが、急な事で見つからず、一日仕事がキャンセルになってしまった。

週明けにショップに持って行き、受付の日系人のアンティーに、以前利用したことを告げると、なんだか色々ディスカウントしてくれたのだが、300ドル近くは飛んで行った。


車上荒らしの実害は、まず懐中電灯二つ。

一つは貰い物で、もう一つは5ドルほどの物だったので、大した事は無かったが、もう一つ、iPodとして使っていた古いiPhone4Sが持って行かれた。

普段は見えないように隠していたが、この時は多分少し見えていたのではないだろうか。

iPodはツアー中のBGMに必要なので、まずはさらに古いiPhone3を使ってみたが、3回ほどツアーで使ったらいきなり電源が入らなくなり、死亡。

結局「ベストバイ」で150ドルのiPod・NANOを購入する事になった。

これはこれで、小さいのに多機能で使いやすいが、結局出費になった。


車上荒らしが小銭に手を付けていなかったのには驚いたが、運転中の腰を守るために使っている、小さな低反発枕のカバーが剥がされて、外に投げ出されていた。

状況を推測するとちょっと笑えてしまうのだが、何か隠していると思ったのだろう。

細かく割れたガラスの掃除も大変だったが、何も対処してくれない大家には一応レポートだけして、今回はアパートのマネジャーに相談して駐車スペースを変えてもらった。

やや狭くなったのだが、人目に付きやすい場所で、まあ苦肉の策。


車はその後、オイルチェンジに行ったら、ブレーキパッドの交換が必要と言われ、100ドルほどで済む予定が1000ドル以上かかった事もあった。

まあ、これは避けられない出費だが、重なるとやっぱり痛い。


そして次はパソコンが動かなくなった。

もう本当にツイていない時は、とことんツキが無いと思ったのだが、やはりまず「ベストバイ」に見に行った。

最低でも400ドルほどの出費になると思ったのだが、なんだか気が乗らずに、そのまま家に帰り、中の掃除をしてみる事にしたのだ。

前のパソコンも中に埃が溜まってファンが動かなくなり、温度センサーが反応して動かなくなったことがあったので、徹底的に掃除をすると、なんと動き始めた。

数カ月前にウィンドウズ8からウィンドウズ10への無償アップグレードをしてから、何しろ遅くなって、言う事を聞かなくなったパソコンだが、これは今のところまだ動き続けている。


その後はやたらと怪我をするようになった。

元々生傷は絶えないのだが、いつの間にか腕がサックリ切れて血が出ていたり、指先から血が吹いていたり、そして最後にピットブルに襲われた。

仕事の後にポケ丼を買いに行って、車に戻る途中、歩道で立ち話をしていたローカルのピットブルがいきなり私に飛び掛かってきた。

飼い主が慌ててリーシュを引いたが、前足を掛けられ、脛を負傷。

飼い主は謝るでもなく、ササッといなくなってしまった。

私は犬も猫も好きだが、ピットブルだけは大嫌いになった。

やっぱりあれは「襲う」ために作られた品種で、フレンドリーとは言えない。


警察を呼ぶことも考えたが、実はその頃から体調が今ひとつで、夏風邪のような状態が続いていた。

熱が出た訳ではないが、喉が痛くて、ゼイゼイとした咳が出ていた。

この日も帰ってポケ丼食べて、早く寝ようと思っていたくらいで、かなり弱っていたのだ。

サッサといなくなった飼い主に腹を立てながらも、家に帰ると、現場では気付かなかったのだが、後で流血していて驚いた。

噛まれた訳ではなく、足で引っ掻かれた感じなので、自分で消毒して手当てした。

夏風邪はズルズルと3週間くらいは続いた。

その間にもツアーはあったし、カラオケが2回あったりで、なかなか治らなくて辛かった。


「サムズクラブ」のエレベーターに閉じ込められたなんて言う事件もあった。

まあ既にこんな物は可愛い範囲。

一緒に乗り合わせた白人のオヤジがずっと喚いていた事の方が怖かった。


そしてツアーは7月はやや暇だったが、月末から忙しくなった。

異常気象で雨が多く、一度ナイトツアーが流れた事もあった。

この晩は結局降らなかったのだが、「洪水注意報」が出ていて、雨の予報を出している所が多く、外れた天気予報に振り回された結果だった。



まあ独立記念日の花火や、隣のお寺のボンダンスは一人で家から見ていたが、上記のカラオケや、友人との会食があったり、楽しい時間も少しはあった。

ムーンボーは5月から3カ月連続で観測の記録が続いている。

しかし、経済的、肉体的、精神的にはボロボロになった。

オリンピックも日本からのニュースでは、連日日本人選手の活躍が聞こえてくるが、アメリカでは当然アメリカ人選手の強い種目ばかりが放映され、やっぱり物足りない。


ここまで落ち込めば、後は上がるしかない。

終戦記念日にこの様に思い、頑張る決意を新たにした。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に20位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 14:19| ホノルル ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

日本からのヴァレンタイン・チョコ

ちょっとズレてしまったが、昨日日本からヴァレンタインのチョコレートが届いた。

さすがに50過ぎたバツ3の男にチョコレートなんか来ないと思っていたが、もう10年以上もヴァレンタインとクリスマスには日本からお菓子を送ってくれるTちゃんが、今年も贈ってくれた。

Big MAHALO!




自慢ではないが高校生の頃はカバン一杯にチョコレートを持ち帰って、チョコ好きの母親を喜ばせていた物だが、何しろアメリカでは女性から男性にチョコレートを渡すなんて言う風習は無く、むしろ男性から女性に花を贈ったり、カップルが一緒に食事をしたりする日になっている。

日本では、チョコレート会社の宣伝工作による物だとしても、年に一度くらい、女性から男性に告白できる日なんて言うのがあっても良いと思っていた。

男性が女性に花を贈ったり、一緒に食事をするなんて言うのは、別に変った事でも大した事でもなく、わざわざ日を決めてする類の物でもない。


しかし最近の日本も女性が男性に告白する事は大した事ではなくなっていると言うが、ヴァレンタインズ・デーだけは、(チョコレート会社の宣伝もまだ効いて)昔のスタイルを保っている。

尤も義理チョコなんて言うのは廃れてきているようだし、強引に作られた”ホワイト・デー”なんて言うのは、気にしない人が増えているようだ。


そもそもお返しを求めるような贈り物は良くないが、勿論贈られた方は嬉しいし、送った側は気持ちが良い。

幾つになっても、ヴァレンタインズ・デーにチョコレートをもらうのは日本男子として嬉しい。

ヴァレンタインに限らず、私はお客さんや友人などから色々お土産など頂く事が多い。

以前はブログにその都度アップしていた事もあったが、今はまとめて個人ページの”Wish List”と言うコーナーでご紹介している。

・じゅにーK's Website :”Wish List”

毎年本当に多くのギフトを頂いていて、特に故郷日本からの懐かしい味や、地方の特産などは涙が出るほど嬉しい。

個人経営の小さな会社で一日にたくさんのお客さんをご案内できる訳でもなく、日本の連休などにはお申し込みが重なってお断りしなければならない事もあるが、大きな宣伝も出さずに巡り合うお客さん達とは、何かの縁があるのだと考える。

マニア系ツアーでは、色々説明してお終いと言う場合もあるが、普段は最近のハワイの事、お互いの事、世間話などおしゃべりを通じて盛り上がり、仲良くなる事が多いのだ。


ダイアモンドヘッドクラブのツアーでも、参加された方にちょっとしたオリジナルのギフトを差し上げていたが、こちらは予算と手間の都合で止めてしまっている。

大した物でなくても、少しは感謝の気持ちが伝わるし、やはりそのうちに復活させたいとは思っているが、毎年数百個にもなるギフトだと、実はかなり大変だった。

リクエストの多いグッズの販売の方が先になるかもしれない。

精神的、経済定期な余裕も必要だが、私も贈ると言う気持ちを大切にしたいと思っている。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。





こちらも始めました。(・∀・)MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 13:12| ホノルル ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

STAR WARS:The Force Awakens(2度目)

STAR WARSはやっぱり映画館の迫力で見るのが面白い。

と言う訳で2度目に行ってきた。

最初の日記:STAR WARS:The Force Awakens

今回もドール・キャナリーのコンプレックスに行ったが、IMAXではなく、普通の3D上映。

平日の13:50からの回で、今日はパーキングも大分空いていたが、チケットブースがクローズしていて、館内に入ってすぐの発券所に向かうと、目の前に大きなローカルが一人いただけ。

今日は13ドル97セント。

IMAXの方が安いと言うのを初めて知った。



フードコートには、私の前にいたロコ以外にお客さんの姿は無く、本当に閑散とした感じだった。

10分前に場内に入ると、既にCMが始まっていたが、見渡してもまだ他に観客はおらず、一番乗り。

ど真ん中の席に落ち着いた。

やがて先ほどのロコが大きなポップコーンのバケットを抱えて入って来て、私の3列ほど前方に座り、物凄い勢いで食べ始めた。

ポップコーンは本来食べる時に音がしないので映画館向きだが、ハワイではこれにかき餅(あられ)を入れて、さらにフリカケをかける、”ハリケーン”と言う食べ方がポピュラーで、これは実際には美味しいのだが、当然音がする。

他の映画の予告編が始まり、一瞬静かになると、ポリポリと言う音がこだましていた。


そう言えば、この時知ったのだが、LOSTのプロデューサーの一人だったカールトン・キューズが、ソーヤことジョシュ・ホロウェイを使った新しいドラマが始まるそうだ。

「COLONY」と言うSFドラマで、1月14日から10話のシリーズで放送されるそうだが、もう早速14日は見逃しているので、ネットで見つけてキャッチアップしてみたい。

*COLONY


さあそろそろ始まるかなと言った時、前に座ったロコは、突然立ち上がり、荷物を抱えて出て行ってしまった。

結局その後戻ってくる事は無く、貸し切りの映画館で2度目のエピソード7を見る事になったのだ。


========================

スポイラー・アラート:


最初は予告編以外はあまり情報を入れずに、純粋に映画を楽しみに行ったが、その後はYou Tubeなどのファンビデオや解説、予想などかなりたくさん見て望んだ。

最初はスター・キラーベースの爆発に巻き込まれて死んじゃったと思っていたカイロ・レンは、ハックスと共にスノークの所に脱出していたようで、彼の話はまだ続きそう。

ハン・ソロの息子として、ダース・ベイダーの孫として、これからどう転がるのかが楽しみ。

実は今週のサタデー・ナイト・ライブ(SNL)のホストが、カイロ・レンこと、アダム・ドライバーで、当然スター・ウォーズのパロディなどもあったのだが、役者としても結構気に入ってしまった。

https://www.facebook.com/snl/videos/10153853992226303/


今回の主役のレイは一体誰の子なのか?

ルークの娘という説が有力だが、オビ・ワンの娘や孫、パルパティーンの孫と言った予想もあるみたい。

キャプテン・ファズマがレイの母親と言う説もある。

マズ・カナタの城の地下で、ルークのライト・セーバーを触った時に見たイメージの最中、”レイ”と呼ぶ、オビ・ワンの声が聞こえる。

これはユアン・マグレガーの声だが、アレック・ギネスの声も入っているそうだ。

ちなみにヨーダの、フランク・オズの声も聞こえると言う話だったが、これも私は分からなかった。

カメオで出演していた007:ジェームス・ボンド役のダニエル・クレイグは、2度目でどれだかわかった。

レイが持っていた共和国軍のパイロットの人形と、ヘルメットは何を意味するのか・・・?


そして、鍵を握りそうなのがマズ・カナタ。

ジェダイではないが、フォースを知っていると言うキャラで、相当長生きみたいだから、ヨーダとも知り合いかも知れない。

彼女がどうやってルークのライト・セイバーを手に入れたのか、実際フォースを使えるのか、気になる所。


ポエは普通の人間だが、これからハン・ソロの様なポジションになるのかな?

そうするとレイとフィンの関係が、変わってくるかもしれない。

何しろハリウッド映画の場合は、ロマンスが無いと進まない。

誰と誰がくっつくのか?


ダークサイドでは、スノークとは一体何者なのか?

パルパティーンのマスターであるダース・プレイガスだとか、死んだはずのダース・ベイダー説や、タイムトラベルをしたカイロ・レンなど、面白い予測もたくさん立っているが、これがボス・キャラである事は間違いないだろう。

最後にこれを倒すのは誰か?


2度見てもやはりフィンがストーム・トルゥーパーからどうして良心に目覚めたのかがよく分からなかった。

生まれてすぐに両親から離されて、養成所で育ったのに、良心なんて生まれるの?

ブラスターが使えるのは分かるが、いきなりライトセーバーでカイロと戦うって言うのもなんだか無理な話。


そしてやっぱりR2-D2の出番が少なすぎるのは、一番の不満。

最後にレイがルークに会いに行く時に、一緒にいたのが救い。

岩山を登っていく場面は、ちょっと長く感じたが、ジョン・ウィリアムスの音楽がようやく響いた感じだった。




と言う事で、アメリカなどではファンビデオがたくさん作られていて、それぞれ自分の予想や見つけたイースター・エッグなどを公開している。

DVDが出るまでは、こう言うので楽しみたいと思う。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。





こちらも始めました。(・∀・)MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:31| ホノルル ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

STAR WARS:The Force Awakens

いきなり興行記録を塗り替えるなど、大ヒットしているSTAR WARS 7:The Force Awakens。

なにしろエピソード6は300回以上は見ているフェイバリットなので、その続編とあっては楽しみで仕方なかった。

エピソード3からも10年経ち、新しいSTAR WARSが見れると言うだけでも嬉しかったが、ルーク、ソロ、レイアが出てくると言うのは、往年のファンにとって、これほど待ち遠しい物は無い。


クリスマス前に始まったが、ハワイでも公開後すぐはやはり混雑するし、クリスマスと正月の休みが明けてから、平日の昨日ようやく見に行ってきた。

一番スクリーンが大きいドール・キャナリーのIMAXシアターの、13:20からの3D上映に合わせて、10分ほど前に到着すると、チケットブースには5人ほどの列。

平日のIMAX料金$11.39



早速中に入ると、1割ほどの入り。

まあこんな物。

男性より女性の方が多かった気がしたが、平均年齢も私と変わらない感じだった。

既にCMが始まっていたが、1:20を過ぎても、20分ほどは予告編が続いた。

「20世紀FOX」のファンファーレが無いだけでも、若干違和感を感じたが、いよいよ始まった・・・

==================================

さて、ここからはスポイラー・アラート。

まだ見てい無い方は、ご注意ください。



終わった後、消化不良な感じと、物足りなさを感じたのは私だけだったろうか。

まず、私にとってSTAR WARSと言えば、R2-D2。

エピソード1〜3でも、最初と最後にキッチリと出てきたので、4〜6の世界観と繋がる事が出来たのだが、今度はまるで違う話。

BB-8もかわいらしいドロイドで、レイやフィンと走り回るシーンでは、R2よりも早く動く感じが躍動感として伝わったが、R2の出番が少な過ぎ。

せめてレイアやルークと一緒にいてほしかった。




レイに付いては、フォースに目覚める所で何か血を感じるが、フィンはストーム・トルーパーの一人が(一人だけが)、良心に目覚めてしまうって言うのも強引で、どうしてこうなったのかが、今後語られるのだろうか?

なんか既にスピンオフみたい。

プリンセスやクイーン、隠された血縁の親子や兄弟など、サーガにふさわしい展開をしてきた物語だが、随分目線が変わったと感じた。

監督のJJエイブラムスは、「LOST」を作ったプロデューサーとして、物凄く期待していた。

フィンの葛藤場面、ソロと息子の対峙シーンなどは、JJっぽさが出ていたと思うし、宇宙での戦闘シーンは、やはりJJが監督をした「スタートレック」を感じた部分もあった。

だが、どうもスターウォーズっぽさに欠けていた。

独特の臭みが抜けていて、続編と言うより、リメイクされた感じだった。


でもハリソン・フォードはカッコ良かった。

やっぱりインディー・ジョーンズとか、大統領なんて言うよりも、ハン・ソロがピッタリくる。

昨年秋頃に出てきたスポイラーで、ソロが死ぬことを知ってしまっていたので、間違いであって欲しいとは思っていたが、実際息子に殺されるのはショッキングだった。

「父と息子の葛藤」と言う、オリジナルのテーマを踏襲したように見えたが、その息子もいなくなり、今後どうなるのだろう?


なんだかんだ言っても、「戦争」の映画で、CGでの戦闘シーンは迫力があった。(3Dでは特に見応えがあった)

最後に宇宙戦、地上戦と、個人戦などが同時に片付き、とりあえず勝利を喜び、次の伏線を少しだけ残すと言うのが、ファンが望んでいるパターン。

ところが最後の最後にルークが出てくると言う終わり方。

これから続くエピソード8と9の伏線を残すことは大事なのだが、もう少しまとめて欲しいと感じるくらい、最後を引っ張った。


他にも懐かしいキャラが出てきたり、「LOST」などでもお馴染のキャストが出ていたりと、楽しませてくれた部分はあった。

これから実際にスピンオフ作品も始まるが、アニメではなく、実写映画として、世界観を大事にして欲しい。


そしてSTAR WARSと言えば、やはり音楽。

ジョン・ウィリアムス無くして、STAR WARSは成り立たない。

だがそれぞれのエピソード毎にあった、テーマがハッキリと感じられず、このエピソード7では、音楽もインパクトに欠けていた。

音楽が一番入ってきたのは、ソロとレイアのシーンだけだった。

エピソード9までは、高齢のジョン・ウィリアムスに頑張ってもらいたいが、もっと聞かせる場面を作って欲しい。


まあ最終的にはDVDとかも手に入れるのだろうけど、とりあえずもう一度は近いうちに映画館に見に行きたい。

May the Force be with you!




posted by じゅにーK at 12:05| ホノルル ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

エリア51

またもシングルで迎えてしまった51歳のバースデー。

本当に落ち着く事が出来ない。


誕生日前日には近所の仲間が「がぜん」で前祝のミニパーティーを開いてくれて、サプライズでケーキまで出てきてとても感激した。

まだまだ明るい6時から始めたパーティーは、8時半で終了。

私は家に帰って9時過ぎに就寝、翌日は5時に起きて、ダックのバイト。

3時前に帰って来てからは、メールやフェイスブックのバースデーメッセージに返事。

250以上もあったので、途中「こころ亭」に弁当買いに行って、食べた後もやはり夜9時まで返事書き。

誕生日はこれで終わってしまった。

翌日はやはりダックのバイトの後、返事書きの続きをして、夜は友達の家に呼ばれて、またパーティー。

明けた今日はココクレーター植物園ツアーに行って、帰って来てから返事書きをフィニッシュさせた。

皆さんのメッセージ、大変嬉しかった。

でも、もうバースデーメッセージを一人ずつ返すのは今年で限界だと思った・・・。



さて、20歳までにブラジルを含み6回、20代だけで東京とLAで7回も引っ越しをして、住む場所すら落ち着かなかったころに比べると、ハワイに来てからは22年目の現在まで、島の中ではやはり7回引っ越しはしたが、動きは少ないし、今のアパートは10年以上になる。

だが、パートナーは3回変わっても駄目で、人生に設計図などあって無い様な物。

これからは一人で生きていく事を、また考えなければならない。


昔っから、努力して成功したのは高校の時のバスケットボールくらいで、あとは、努力に意味が無かったり、方向が間違っていたりの繰り返し。

20代はとにかく体験。

目の前に機会があれば、受けてきた。

日本の大学に行こうと思っていたのに、突然LAに渡り、レストランの店長を2回経験した。

最初の店は、第一次寿司ブームのLA。

太平洋が目の前に広がるマリブの日本食レストランには、連日ハリウッドスターが訪れ、マドンナやジーン・ハックマン、バーバラ・ストライザンド、布施明と当時のオリビア・ハッセー夫妻、そしてオリビア・ニュートン・ジョンが常連で、自ら予約の電話を入れてきちゃったりする、もう日本にいた時の自分からすると、異次元の世界だった。

そこで21歳になったばかりの日本人の若造が店長をやったと言うのは、アメリカンドリームの一つに感じた。

3か月も休みが無かったり、今考えればかなりブラックだったかもしれないが、アメリカ人従業員のいい加減さも身に染みて感じた頃。

そんな店で、売り上げ記録も作ってから、バーンアウト。

仕事ばっかりに嫌気がさして、しばらく遊んでた。


でも次も日本食レストラン。

ただしかなり格下で、町のジャパニーズ・レストラン。

ここでは、ウェイターだけするつもりだったのだが、結局店長も兼ねさせられてしまった。

まあ、新聞でクーポン配ってる庶民の店だったし、スタッフも日本人が多かったから、ここでは結構LA生活をエンジョイ出来た。


でもここで、オーナーから「店任せる」みたいな話が出て考えた。

このままじゃずっとレストランの店長で終わっちゃうのでは?と。


やっぱり手に職が必要かな?と思いだした頃、バブルの日本に戻り、今度はコンピューター業界に入って、SEとして3つの会社を渡り歩いた。

2つ目の会社では、アメリカへの1〜3カ月の出張が続き、LA〜オレンジ・カウンティーほぼ全域、SFおよびオークランド、そしてアラスカのアンカレッジに長期滞在し、仕事ばっかりで残業200時間なんて言う、ホテルにほとんど帰れない様な厳しい時もあったけど、日本側とかの対応待ちでやる事がなくて、出張仲間と昼間からホテルで酒飲んでギャンブルしてたりなんて言う事もあり、ビジネスクラスやファーストクラスで飛行機に乗っていた頃だった。

日本のサラリーマンと言うのも経験出来たし、吉祥寺での一人暮らしも楽しかった。

そしてバブルの終息と共に、本格的なアメリカ復帰を考えるのだが、やはり日本は窮屈。

これはリテラリー、日本の家屋は私のサイズには合わない。

188センチで、足は30センチ。

服や靴も、私のサイズはアメリカなら全く問題ないが、日本だと専門店か、オーダーメイド。

電車に乗ってもつり革が顔に当たって危ない。

アメリカの生活を知らなければ、そのまま日本にいたかも知れないが、人間の大きさの幅の広いアメリカで、私は少し普通の生活をする事が出来た。


しかし戻ったLAでコンピュータの仕事が見つからなかった。

2000年問題がシリアスになる何年も前で、業界は不況の状態だった。

そしてレストラン時代の友人に誘われ、ツアー業界に入った。

大手のやり方を勉強して、経験も積ませてもらったが、暴動や洪水など頻発していたLAは、観光地としての魅力が無くなり、生活が苦しくなった。

そしてLAを出る決心をして、今度はハワイに流れてきた。

ただし、ツアーではなく、最初は撮影コーディネーターの仕事をするためだった。

今ほど一年中仕事がある訳ではなく、冬に日本の夏の絵を撮りに来る撮影がほとんどだった。

必然的に夏になると仕事が減り、ワイキキの土産物屋でバイトをしている時に、日本人旅行者の多さに改めて気付き、マリンスポーツの送迎のバイトを始めた。

ここでも最終的にはマネージャーをやる事になったが、30代に入り、自分でツアー会社を立ち上げる事にした。

そしてすぐに最初の結婚。

しかしどちらも簡単にはいかなかった。

乗馬のバイトをしたり、撮影やイベントのコーディネータのバイトもした。

ハウス・ケアテイカーも何度かやったし、庭師もやった。

そんな中であっさりと最初の結婚が終了。


でも、30代はツアーで行こうと決めていたので、インターネットの時代になって、コンピュータ−時代のスキルが役に立ち、自社ホームページを立ち上げてから、流れも少し変わってきた。

SNSも無い時代で、日記を書いているだけでは、まだ伝わりにくい事もあり、Yahooの掲示板などに、「ハワイの事聞いてください」的なスレッドを立ち上げていた事もあった。

この頃2度目の結婚を考える等になる。

だが2001年にはNYでの同時テロで、観光客は激減。

新しく始めたKTファンツアーで、マニアックなツアーの企画をするようになり、新たな顧客層を確保出来たが、試行錯誤の状態の中での再婚だった。

その他にもSARSや豚インフルエンザ、リーマンショックなんて言うのもあった。

逆風の苦しいまま、バツ2になる。


東日本大震災では、ハワイでも余波で多くの中小企業が倒産をしたが、懲りずにまた結婚。

それでも「LOST」ファンツアー、神社仏閣ツアーなんて言う、かなりマニアックなツアーを企画するようになると、また別の顧客が付き始めた。

今はディープな自然系と、マニア系の2本立てでツアーを催行して、ラジオやテレビに助けられたりもしたが、結局3度目の結婚も失敗。



人生は川の流れの様に、時には激しく、時には穏やかに進んでいるが、川自体が全然変わってしまったり、時々無理やり川辺の陸に上げられたり、支流から泥水が流れてきたり、思いもしなかった事が起き続けているのが私の人生。

これからどうなるのだろう?


今年で20年目のダイアモンドヘッドクラブでさえ、浮き沈みが激しく、またもバイトに頼って生活費を稼がなくてはならない状況。

一つの事ばかりでは面白くないので、バイトも楽しんでいるが、もう少し余裕を持った状況にしたいなとは常日頃思う。


将来の事を考えると、仕事もまだまだ発展させていく必要があるし、また弟子でも作って、色々教えてあげたいと言う気持ちもある。

ちなみに今は弟子も妹分もいないので、本当に一人。

こう言う時は不思議と、年上の友人たちに声をかけてもらったりして、食事に呼び出されたりする事が多くなる。

皆さん言う事はまちまちだが、大抵最後は「気楽に行け」となる事が多い。

ハワイに来てから随分と気楽に生きてきたつもりでいた私よりも、先輩たちはもっと気楽に生きているようで、羨ましい。

でも勿論それぞれ色んな苦労はされていて、それを乗り越えてきている。

苦労自体を気楽に楽しんでいる感じもある。


ハワイに来てからスキューバダイビングやスカイダイビングを始めたが、今は全くやっていない。

ブギーボードも最後にやったのはいつだろう?

さすがに体力勝負の激しいスポーツは敬遠するようになってきたが、山歩きと水泳だけではなく、また何か楽しみながら出来る事を始めたいとも思っている。


これからの仕事の形、どんな人に出会うのか、これからもまだ、人生の川は流れてゆく。







posted by じゅにーK at 13:22| ホノルル ☀| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

妻を娶らば〜4、2度ある事は3度

しばらくぶりの告白。

突然だが、実は2月から一人暮らしに戻っている。

・妻を娶らば〜1、離婚
・妻を娶らば〜2、バツ2
・妻を娶らば〜3、再々婚への道



2011年の、3度目の結婚は、3年ほど経った頃から、会話が少なくなってきていた。

嫁も仕事を始め、東日本大震災以降落ち込んでいた家計の収支にも少しだけ好転の兆しが見えていたが、私の仕事の方は思うように復調していなかった。

合う趣味が少なかった為に、家に一緒にいても会話は多くなかったのだが、会話をすると口論に繋がる様になり、当然それがストレスになっていった。

そして昨年末に離婚の話が出た。

私は日本で生まれ育っても、人生の半分以上をアメリカで過ごし、色々と考え方が変わってきているだろう。

日本でも周囲とは色々違う環境に育ったので、思考回路も普通ではないかもしれない。

まあ夫婦なんて元々他人だから、違った部分の折り合いをどうやって付けていくかが、一緒にいる間の課題なんだろうけど、人間は歳を取っていくと譲れなくなる部分も増えてくるのだろう。


私としては、このままストレスフルな生活をずっと続けていくか、リセットするかで大きく悩んだ。


3度目の結婚をする際には、将来の、つまり老後の事を考えて、一人じゃ寂しいんじゃないかと言う点が後押しした部分があったのだが、これじゃ寂しい所の話じゃないなと思うようになった。

子供がいる訳でもなく、財産があるのでもない。

私が我慢すれば良いと思っていたが、嫁も我慢していると言うのを知って、それでは意味が無いと思った。

1月には幾つかイベントがあり、それは協力して乗り切ったのだが、その直後に彼女は家を出た。

友達の家に転がり込んだとかではなく、ちゃんと別の部屋を借りて自活を始めた。



そして私は2月からはまた一人暮らしに戻ったのだ。

さすがにバツ3ともなると、正直あまり寂しいとか、不安になったりなどはあまりなく、借りていた倉庫を引き払って、部屋の模様替えをしたり、気分転換に努めた。

とりあえず近所の友人知人には徐々に知らせていったが、反応はほとんどが「おめでとう」・・・。

もう3度目ともなると、「ようやく結婚に向いていない事に気付いたのか」とか、「また次のを見つければいいじゃん」など、半ば投げやりな感想。

彼女は人を家に呼ぶのが好きではなかったのだが、元来私は部屋飲みで友人を呼ぶのが好き。

古い付き合いの友人は勿論、最近知り合った様な友達も、また次々と遊びに来るようになった。

2月、3月はほぼ3日に一度は誰かが家に遊びに来ていて、本当に賑やかだった。


そして悪い流れが変わったように、仕事や執筆の話なども色々と入ってくるようになり、4月からはバイトも始めた。

掃除洗濯は問題無いが、まだ料理だけはやる気が起きずに、夜は外食や弁当生活が続いている。


正式な離婚をするには、また色々とお金がかかるので、今はまだ手続きは進んでいないが、早くスッキリさせたいとは思っている。



1度離婚しただけでも、日本なら国賊と呼ばれるが、ハワイだからか、アメリカだからなのか、3度目でも回数に驚かれることはほとんどない。

友人の彼氏は6度の離婚歴があるそうだが、自分的には3度も失敗してやっぱり自信を無くす部分はある。

ハワイに住んでいて、3度も日本在住の女性と結婚したのは、最初は一緒にいたかったから。

もしお互い同じ土地に住んでいたら、結婚までには至らず、同棲くらいで終わっていたかもしれない。

ビザの問題があるから結婚したと思うと、もしかしたらまだ一度も結婚していなかったかもしれない。

一緒に住む=結婚 と言う、前近代的な流れから始めた事が、後になって色々な摩擦を生んだり、お互いの家族を巻き込んだりして、失敗の原因になったのかも知れない。


さて今後はどうするか?

とりあえず今の時点では次の結婚は考えていない。

家庭を作ると言う事の、核の部分でさえ達成できなかった自分には、またしばらくシングルで、自分自身を見つめ直す必要がある。

が、まだデートはしたいし、人生は楽しみたい。

勿論相手がいればの事。

お金が無いとデートも出来ないし、しばらくは仕事ばっかりにもなりそう。



そこで、以下はバツ3記念サマー企画---------

仕事に関しては、バイトよりもやはり自分のツアーを増やしたいので、円安でハワイに来るだけでも大変な日本のハワイファン、そしてダイアモンドヘッドクラブのファンの為に、
今年7月と8月は一人$100以上のツアーに関しては、お申し込みの際に「ブログ見た」で、$10引きのサービスをしたい。

既にお申し込みの方も、メールかメッセージで「ブログ見た」とお伝えいただければ、$10オフ。

合計金額を人数で割った物が$100以上の場合に適用。

一方で、円建てで販売しているネットショッピングに着いては、利益が出ないどころか、赤字になっているので料金体系を改めるまで、しばらく休止します。

ついでに、昨年の「嵐」のコンサートの折りたたみ椅子二つ、それぞれ$100、嵐オリジナルのレイ+ハワイの新聞に載った宣伝で$100、ハワイで受け取れる方のみで販売。(今頃か!)
値段は応相談。


他にも何かビジネスでコラボレーション出来るような事があったらお知らせいただきたい。

ハワイ写真のアーカイブを使った物、文章の寄稿、テレビやラジオへの出演なども大歓迎。

色々お誘いお待ちしています。


また先日始めた旅行ウェブサイトへの寄稿に続き、今月末にはまた別のハワイ情報サイトにインタビューでも登場する予定。

人生の転換期には間違いないので、これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。




posted by じゅにーK at 13:39| ホノルル ☀| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

頑張れカトウ!

「加藤の事は、加藤以外にはわからん。」


こんなTシャツがインターネットで売っていた。



これ、幾つか名前の部分の違う物が売られていたのだが、日本人の名前っぽいのはこれだけ。

幾つか同じような物を売っているサイトもある。

・REDBUBBLE

http://www.redbubble.com/people/satro/works/12563653-its-a-kato-thing-you-wouldnt-understand?p=t-shirt

・WHOSMYBABY.COM

http://www.whosmybaby.com/view/3605975/its_a_kato_thing_you_wouldnt_understand_baby_one_piece

何故「KATO」なのか?「KATO」があるのか?

深い意味があるのかもわからないが、欲しくなってゲット。

でもこれどこで着よう?



最近、加藤の事をよく耳にする。

現在のアメリカ生活でも、朝のテレビの日本語ニュース、そして日に何度かチェックするインターネットの日本のニュースでは、当然日本人の名前が出てくるが、最近毎日必ず「加藤」が出てくる気がする。

朝のニュースでは「カトパン」なんて言う、必ず出てくる加藤キャスターもいるが、ある時は事件の被害者、ある時は加害者として、さらにCMでも、「加藤」の名を耳にする。

別の局のニュースキャスターでは、ストーカー被害に遭った加藤もいたし、秋葉原で暴れて死刑宣告された加藤もいる。


実際に「加藤」は日本で10番目に多い苗字で、学生時代にも大体学年にもう一人は「加藤」がいた。

・日本の苗字ランキング

http://myoji-yurai.net/prefectureRanking.htm

関西では多くないそうだが、岐阜県では1位、愛知県では2位なのだ!(東京都では9位)

だから「カトパン」以外に「加藤」が出てきても、不思議ではないのだが、なんだか最近出過ぎてると思う。

毎日、「加藤」の名前が出ると、『今日の加藤さん』と思っているのだが、それがずっと続いてる気がする。


やはり今一番頑張ってるのは、韓国で軟禁されている新聞社の加藤元支局長だろう。

報道の自由も無く、第三者が名誉棄損罪で訴追できると言う、ふざけた法律のある国で、国際的に注目される事態になっても、まだ反日を国是として貫く異常さ。

可哀想だけど、元支局長には頑張ってもらいたい。

訳の分からない裁判やってるけど、これは勝っても負けても、加藤の勝ち。

軟禁裁判日記を本にすれば、まず儲かるだろうし、既に拉致被害者ともいえるから、歴史にも残る。


ハワイの加藤と言えば、まだ「カトウ・ゴルフ」の方が有名だけど、ダイアモンドヘッドクラブの加藤はなかなか苗字で言われないので、気にしてない。

でも「頑張れ加藤!」








オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。





こちらも始めました。(・∀・)MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村






posted by じゅにーK at 13:27| ホノルル ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

Hawaii で Five-0

昨日(6月17日:ハワイ時間)50歳の誕生日を迎えた。


一昨日、日本時間の17日から、バースデーメッセージが届いていたが、昨日の朝Facebookを見たら、メッセージ欄に「99+」とあり、ちょっとビビッた。

返事してる時間はないと思いそのまま仕事に出た。

そしてツアーが終わって家に戻ると、嫁さんと一緒にワイキキに出かけた。

丁度「ハワイ愛」の企画ツアーが日本から到着し、BBQパーティーをやる事になっていて、私の誕生祝も兼ねてくれると言うので、ザ・バスに乗って出てきた。

ワイキキの新しいコンドの、BBQエリアに30名ほどが集まり、賑やかな雰囲気の中、盛りだくさんのBBQパーティーだった。



初めてお会いする方も多かったが、実はほとんど既にFacebook上ではお友達になっていて、後日ツアーに参加予定の方も含めて、初対面と言う感じはしなかった。

途中で大きなケーキも出てきて、ろうそくが5本。

節目の誕生日とは言え、こんなに大勢に祝って頂くとは思ってもいなかったので感激した。



さて、30になった時も40歳になった時も、すぐに実感は出なかったが、今回は自分が50年も生きてきた事に少し驚いている。

随分前から我武者羅に生きると言う感覚は無くなっていて、楽しく生きたいと言う思いが強く、ハワイの自然に癒されながらの生活をエンジョイしているつもりだが、これからまだまだ色々な事が起きるのが人生だと思うので、覚悟も必要。

でも多くの仲間と時間を過ごすと、勇気をもらえた。



パーティーの最後に集合写真を撮ったが、随分ボケていた・・・。









オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。





こちらも始めました。(・∀・)MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 09:27| ホノルル ☀| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

Facebook 2周年:生活の何が変わったか

Facebookを2011年の10月末に始めて2年が過ぎた。

私のFacebookページ

それまで中心に置いていたSNSの「Mixi」の使い勝手が悪いと感じていた時だったので、スッと入ってしまったが、色々設定が出来る反面、セキュリティの甘さは気になっている。

既存の宣伝媒体の効果に疑問を持っている私は、これををなるべく使わずに、ピンポイントでハワイ好きやリピーターに宣伝が出来ると言う、まあ基本的にビジネス目的で始めた事なので、会社の情報として電話番号も住所も既に出ている訳だし、私としてはどちらかと言うと情報発信の立場でいる。

でもそれだけでは当然面白くないので、繋がっている友人知人の生活の一部を垣間見たり、「友達」の記事を見たり、興味を知ったりも出来る。

受け身の情報には自分で精査を加える必要があるが、どーでも良いと思う記事は単に飛ばしてしまえば良いだけ。

ただ、アプリケーションに関してはほとんど信用していない。

Facebook上に現れるアプリは、決してFacebookが審査をしたとか、お墨付きを与えている訳ではなく、今も個人情報収集を目的としたスパム・アプリが出回っている。

いまだに「バースデー」とか「誕生日」と言ったアプリのお誘いを送ってくる方がいらっしゃるが、ちょっと調べればすぐにわかる有名なスパム・アプリ。

これはインストールした本人だけでなく、繋がっている友人の個人情報まで持っていかれる凶悪なアプリなので、もしもまだ使っている方がいるのなら、自分だけでなく、誘った「友人」すべてに削除すべきと知らせた方が良い。

まあSNS上に写真や情報を公開していると言う事は、世界中に見せているのと同じと考えても良いのだが、日本で今年流行った「バカッター」の様に内輪だけしか見ていないと思い込んでいる可哀想な輩もまだ少なくない。

「Eメールは日本からハワイに届きますか?」と言う質問を受けることが今も年に一度くらいあるのだが、インターネットとは何かと言う事くらい、学校でちゃんと教えて欲しい。



私の場合は主に会社の宣伝と、お客さんに対する情報発信、アフターサービスの意味などで使っている為、ダイアモンドヘッドクラブのページ、「ハワイ日記」の転載、ハワイの写真と話題だが、「友達」の数が増えてくると、個人的な信条に基づく意見の発信もするようになった。

「友達」と言うのはFacebookを通じて知り合った、ヴァーチャルな関係で、ほとんどは実際にお会いした事は無い。

勿論このヴァーチャルな関係から実際に知り合いになったり、お客さんとしてツアーに参加してくれたりと発展する事はある。

私の「友達」の数だけ見ると現在720人を超え、この二年ほぼ毎日一人増えてきた計算になるが、「ハワイ愛」と言う組織に関わり始めて増えた数が多い。

私はお会いしたことのない人には基本的にこちらから「友達」申請をする事は無いのだが、来る者は拒まない姿勢。

ただし申請が来たら相手のプロフィールくらいはちゃんと見る。

最近は昨日や今日Facebookに参加したばかりで、特にプロフィールの記載も無く、どう見ても怪しい人物からの申請が多い。

そんな人物の「友達」に、私と共通の「友達」がいたりすると、スパム・アプリ以上に危険を感じる。

怪しい人物からの「友達」申請は必ず却下。

今でも「友達5000人目指そう!」とか「申請100%承認します」などのコミュニティとか、自己紹介をしている人がいるが、確信犯なのかわかっていないのかさっぱり。



実際にはハワイや日本の友人知人、さらに小中高校時代の幼馴染まで繋がってしまってはいるが、「友達」のほとんどが「ハワイ愛」経由。

「ハワイ愛」のメンバーはその名の通り、基本的にはハワイが好きな人なのだけれど、ハワイが好きと言ってもそれこそ色々な方がいる訳で、私の個人的な意見に賛同してくれる方も、無反応な方もいる。

ただ私の側からしても、「友達」の書き込みは「タイムライン」にランダムに表れるが、720名全ての記事が現れている訳ではない。

一度でもコメントを残したり、「いいね!」を送ったりすると、その「友達」の記事が表示されやすくなるそうだが、「友達」になっただけでは「タイムライン」には現れない。

「友達」は「フォロー」とは違うようだ。

どーでも良いかと思う前に、表示されていない事もあるのだが、「いいね!」の押し過ぎによる制限とか、コメント制限とか、訳の分からない規制もあったりする。

ちゃんとメッセージが送れるのに、「POKE(あいさつ)」なんて、意味不明の機能もある。

読むばかりで、自分からは発信しない人も大勢いるが、読んだ後に行動してくれる人もいる。

そんな人に少しでも伝われば良いなと言う気持ちで、個人的な意見も書いている。



さて「友達」はグループ分けをして、重要と思う記事を見逃さないようにする事もできるが、私は「タイムライン」でまとめて上がってくる記事を見るのが好きだ。

ハワイ好きの「友達」でも、ハワイの事以外にも興味を持つのは当然の事。

皆さん色々な視点観点から意見やレポートを書いていて、週刊誌をパラパラとめくるような感覚で見るのだが、私は夕方と夜にまとめて読む事が多い。

全部読める訳ではないので、その時間に上がっている記事が中心になっているのはわかっていて、昼間ツアー中にiPhoneで見る事もあるが、時間帯が違うと記事を上げている人も随分違っていたりする。

ネットサーフィンがFacebookの中だけで出来てしまう状態だが、毎日30分以上はFacebookを開いている気がする。



仕事とか、情報発信、または情報収集と言う意味合い以外では、なるべくヴァーチャルな世界には接したくないのだが、やはりFacebookが生活の一部になっている。

「Mixi」を始めた時にも、やはりそれに費やす時間が多くなったが、今は全く見ない日もあるくらい。

「LOST」や「Hawaii Five-0」などのコミュニティ、巨人ファンやレイカースファンのコミュも面白いのでまだ使っているが、かつて「マイミク」と呼ばれた「Mixi」上での友達も、多くがFacebookに移動している。

「Mixi」も招待制をやめ、外部からのリンクにも対応できるなど、少しづつ開放化し、ニュース記事とリンクしているなど、使い勝手も良くなりつつあるが、これからFacebookを巻き返す様子はない。

と言うより、SNS自体がこれからどう言う風に発展していくのか?

個人情報のセキュリティと言う観点が一番大事なのだと思うが、こんなことを心配しなくてはならないなら、Facebookもやがて飽きられてしまう時代が来ると思う。


私は、Facebook上の「友達」だからと言うだけで会ってみたいとは全く思わないが、Facebookをきっかけとして、私の仕事に興味を持っていただいて、実際にその仕事を見て頂き、そこから関係が生まれるなら良い事だと思う。

ただしネットの世界に長時間縛られると言うのは避けたいと常々思っている。

その狭間で今日もまたFacebookを開いてしまうのだ・・・。








オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。





こちらも始めました。(・∀・)MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 18:04| ホノルル ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

49er’s

6月17日で49歳になりました。

今年も多くの方からメールやカードなどでたくさんのメッセージを頂まして、本当にありがとうございました。

特に今年はフェイスブックでのメッセージが多く、驚きました。

始めて1年半以上経つのに、いまだにほぼ毎日友達が増えていく状況だけでもビックリですが、「ハワイ日記」でハワイの風が少しでも日本に伝わっているのだと言う事も感じました。


ハワイ暮らしも20年目を迎え、住み始めたばかりの29歳の頃を少し思い出したりもしていますが、今思うと本当にあっと言う間でした。

苦労の絶えない20年でしたが、価値観、人生観や生き方を変えてくれたハワイには感謝しています。

これからも、もっと多くの祖国日本の人たちにハワイの本当の魅力を伝え、癒しとパワーアップのお役に立てるよう頑張りたいと思っています。

BIG MAHALO!


posted by じゅにーK at 10:03| ホノルル ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月19日

パソコン買い替えの巻 (Whindows XP → Windows 8)

先週はツアーが比較的暇で、ハワイの友人たちと会食をしたりする機会が多かった。

そんな中、家でiPhoneをiTunesに繋いでいる時に突然パソコンが止まった。

過去にも内部の温度上昇が原因で止まってしまった事があったが、パネルを外して埃の掃除をすれば、大抵復活していた。

ところが掃除をしても、画面が映らず、手の施しようが無い。

モニターが壊れて買い替えた事もあったのだが、モニター自体は壊れている様子はなく、パソコンからの出力が出ていないらしい。

使っていたパソコンは、電源ユニットだけ交換したり、幾つも内部ハードディスクを増設したり、ビデオカードなども入れて、長い間使っていたので、時々フリーズする事があって、そろそろ限界という感じは前々からしていた。

こう言う事態だけではなく、災害時の避難用に、データに関しては全て外付けのハードディスクに入れていたので、大量の写真、メールなどのファイルに関しては心配なかったが、パソコンがないと出来ない事が多すぎる。

メールのチェックはiPhoneでも出来るが、とてもこの小さな画面で返事を打つ気にはなれない。

しかし数日前に、企画中の「Hawaii five-0」ファンツアーで使う予定の、タブレットPCが届いていたので、これでメールの返信や、掲示板などに書き込む事が出来た。

インターネットで見つけたタブレットPCは、写真の閲覧が出来れば良い位の気持ちで買った、中国製のちょっと訳のわからないメーカーのものだが、たった$65の割に、Wi-Fiも繋がるし、カメラ、ビデオ、音声検索まで出来る代物。

ただ、タッチパネルの反応が鈍いのと、アンドロイドOSが初めてなので、ちょっとした作業にも時間がかかっていた。

そしてツアーの無い日にイヴィレイの「BEST BUY」に行き、新しいパソコンを買うことにした。

安いタブレットPCならネットで買い物も良いが、仕事上のメインフレームとなるコンピュータに関しては、現物を見て買いたかった。

「BEST BUY」は、一応ハワイでは最も安い店だが、扱っている種類が多くない。

そんな中で一番安かったのがHP製の$315のタワー型。

ラップトップからタブレットへの時代だが、オフィスに据え付けて色々周辺機器をくっつけるには、タワー型が一番。

早速家に帰ってインストール。

とりあえず前に使っていたPCからまだ使える物は外して、新しい方に入れられないかとパネルを外すが、増設用のスロットなどはなく、DRAMも形が合わなかった。

それにしてもタワーの中がガラガラなのに驚いた。

これならラップトップの中にも納まってしまうだろうが、温度上昇の際のリスクを考えると、これくらいガラガラの方が良いと思った。

さて立ち上げてみると、出てきたOSがWindows 8。

今まで長い間XPを使っていたので、3世代も新しいOSに戸惑う。

タブレットPCのアンドロイドOSにも困惑したが、それ以上に全く違うシステムで、なかなか慣れない。

モニターの画面を大きく使う思想は良いと思うが、デスクトップ画面以外に「スタート・メニュー」自体が新しい画面として出来、それぞれのアプリケーションが「タイル」という形で配置されている。

そう言えば、「Hawaii five-0」でも、コノが使っていた。

まあこの「タイル」は、使っていくうちに慣れるのだろう。


ハードウェアを繋げて、Windowsを立ち上げたら、今度はソフトウェアのインストレーション。

インターネットにはすぐ繋がったし、メーラーの設定もすぐに出来た。

しかしブラウザのブックマークはまた一から入れ直し。

そして同じページを開いても、表示のされ方や拡張機能が微妙に異なっている。

メールに関しては、まだどうも使い勝手が良くない。

ハードディスクに保存していなかった過去数日のメールがなくなってしまっている事も判明した。

しかも保存してあった過去のメールを見るために、別のソフトをインストールする必要があり、ここでも少し苦労した。

新しいOSに対応していない顧客管理をしていたソフトや、ホームページ作成用のソフトは、買い替える必要があるようだ。

フォトショップもバージョンが古すぎて入らなかった。

プリンター、デジカメ、ウェブカム、iTunes、スカイプなどのソフトを次々に入れていったが、その度に設定をし直さなければならない。

ログインが必要なものは、アカウント名やパスワードを思い出すだけでも一苦労した。

しかもiPhoneとiTunesを繋げていた時に前のPCが壊れたせいか、iPhone上のデータが壊れてしまい、まあこれはバックアップである程度は回復出来たのだが、過去2か月ほどのデータは無くなっていた。

DVDの再生も出来るプレーヤーは付いていたが、画像をキャプチャーする機能がなく、前に使っていたものを入れてみたが、これも型が合わなかった。

ネット上に無料で提供されているソフトをいくつか試してみて、一応DVDから画像をキャプチャー出来るようにはなったのだが、これから本格的に使用する際の使い勝手はまだ不明。


慣れないという面を除けば、サクサク動くし、必要なアプリケーションを揃えれば、完全に態勢が復活できると思う。

「Hawaii five-0」ファンツアーは6月から開始したいと思っているが、来週からはGWの時期に入り、2週間はかなり忙しい。

このドタバタでどれくらいの遅れが出るか不明だが、ちゃんとしたツアーを作りたい。



オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!


ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!(^o^)


アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!

世界中の日本人のブログサイトです。



↑クリック!

こちらも始めました。(・∀・)MAHALO!


にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 11:21| ホノルル ☀| Comment(4) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月18日

JUN48

今年もあっという間にほぼ半年が過ぎ、私の誕生日がやってきた。

友人知人、そしてダイアモンドヘッドクラブのお客さんからもEメールや、Facebook、mixiの仲間達からもたくさんのメッセージをいただきまして、本当にありがとうございます。Big Mahalo!

6月17日で48歳になった。

すっかりオッサンの歳だなぁ。

計算してみると、ハワイ18年、LA5年、その他ブラジル、アラスカなど加えると、ちょうど人生の半分は海外生活と言うことになる。

既にアメリカの市民権も取得し、今年は5回目の大統領選挙にも行く予定だが、心はまだまだ日本人だと思っている。

最近は嫁さんの作る日本食を中心に食べ、あまり視聴率が上がらないようだが、今年のNHK大河ドラマ「平清盛」もかなりハマって見ている。

(中学か高校くらいの古文を理解できれば、今度の大河はマジで ”いとおかし”)

朝から日本のニュースを見て、日本の政治や経済に関心を持ち続けているが、これはビジネス上の情報収集と言う意味だけではなく、微妙にずれて来ている日本人との感覚をアジャストする為でもある。

マスコミと手を組んだ大手の企業戦略として、流行やブームが作り出されているのは、ワイキキにいる日本人を見ているとよくわかる。

岡目八目なのかもしれないが、日本を出てからの方が日本がよく見える。

日本人だけが盛り上がり、ローカルが知らないハワイはハワイなのか?と言う疑問はあるが、それがどこかでビジネスとなり、最終的にハワイの人に還元されるのなら良いとも思うようになってきた。

私は、まだ少数だが本当のハワイ、本物のハワイ、ローカルに近いハワイを感じたいと思う人たちの手助けをしたいと言う気持ちを忘れずに持ち続けたい。

このところそんなディープなハワイファンのチャーターツアーばかりやっているが、特にルートも決めず、天気次第で目的も変え、目に付いた店に入ったりなんて言う、まさに探索的なチャーター。

私が駐車場を探しているうちに、もう店から出てきてしまったり、店によってはお客さんの普通の英語じゃ通じず、私が少しピジン・イングリッシュを使ってようやく会話が成り立ったりなんていう事もある。

ブログは毎日書いている訳ではないが、書くと大体の店の場所や情報が公にバレるので、書かないで欲しいと言うリクエストがあれば勿論書かない。

忙しくて書く暇が無い時もあるが、本当は日本のハワイファンには写真一枚でも、その日のハワイをお届けしたいと思っている。

さて今は同時に複数の新しいツアーの企画もしている。

このうち二つは近いうちに形になりそうなので、ツアーメニューに増やしたい。

なんかあまりちゃんとした文章にならなかったが、今日は日本から戻って来た嫁さんと家で酒盛り。

今後とも皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。<(_ _)>

Donpen of June 17th. on Twitpic


目指せ!ベスト5!
ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング



こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。

↑クリック!



こちらも始めました。(・∀・)MAHALO!
にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
にほんブログ村

posted by じゅにーK at 13:08| ホノルル ☀| Comment(5) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

イミグレとフォトコン

昨年結婚した嫁さんがアメリカに永住するためのビザの申請を続けている。

日本の戸籍は勿論、健康診断書、そして私の納税証明書類など、多くの資料を提出して、ようやく移民局(イミグレーション:イミグレ)から呼び出しがかかり、面接に行ってきた。

ハワイ州の米国移民局は、ダウンタウンのニミッツ・ハイウェイの海側にある、とても古い建物の中にあったのだが、場所が変わって「レストラン・ロウ」の中に移動していた。

元アロハ・エアラインのオフィスだったと言うイミグレはとても綺麗で、政府のオフィスとは思えなかったが、約束の時間に行っても、冷房の効いた待合室で1時間ほど待たされた。

今回申請のお手伝いをしていただいた弁護士と一緒に雑談しながら待っていると、ようやく呼び出され、奥の面接室に移動した。

私自身はアメリカ市民権を取得した時も入れると、ハワイのイミグレで面接をするのは4度目だが、今回もまた日系人の女性の面接官だった。

この面接は、結婚がビザ目的の偽装や、金銭取引の絡む物ではないことを証明するためのもので、二人の出会いから結婚に至るまでの過程などを細かく聞かれた。

二人の名義にした銀行の口座の書類や、アパートの契約書、さらに大量の写真も持参した。

何度受けても緊張するが、こう言う時に相手が日系人であるだけで、相当安心感がある。

30分ほどの面接時間のうち最後の10分ほどは、面接官と、同じく日系人ですっかり顔馴染みの弁護士との砕けた会話で、内容はアラモアナ・センターの「白木屋」内「屋台村」の話。

2週間置きに入れ替わるラーメン屋台の麺が今一つだという話や、生ビールが日本から直接輸入されているとか、まあホノルルの日系人が集まればすぐ始まるような内容。

偽装結婚で無いことさえ面接官がわかれば問題ないのだが、少しでも疑われると資料の再提出や再面接などで数ヶ月単位でビザの発行が遅れる。

無事に終わった時にはほっとした。

2週間ほどでアメリカ永住ビザ(グリーンカード)が届くそうだ。



さて、その帰りにワード・ウェアハウスの横にある、ワード・プラザ内の「CANON・USA・HAWAII」に行ってきた。

先日のフォトコンテスト(フォトコン)で入選した私の写真が、4月一杯展示されている。

2日にオープニングセレモニーがあり、私にも招待状が来ていたが、この日は行かれなかったのだ。

銀行の2階にあるCANONのオフィスに入っていくと、普通に受付があり、コンテストの作品を見に来たというと、どうぞご自由にと言われた。

正面には上位3作品が大きな額に飾られていて、さすがに見ごたえのある素晴らしい写真だった。

私のは奥の廊下の壁に飾られていたが、なんだか額とマットのサイズが写真とちょっと合っておらず、少し残念。

もっとちゃんと扱ってもらえるように、また頑張りたい。


帰りに酒の買出しに行って、嫁さんの好物のピザを頼んで、ビザの面接終了記念打ち上げをした。



目指せ!ベスト5!
面白かったらクリックお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング
posted by じゅにーK at 11:22| ホノルル ☀| Comment(7) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

BIG MAHALO!

先日の再婚の報告以来、コメントだけでなく、メールやメッセージをたくさん頂いています。

皆様の温かいお言葉に触れ、感謝と感激の気持ちで一杯です。

それぞれお返事していますが、ここにお礼申し上げます。

今後ともよろしくお願いいたします。<(_ _)>

ALOHA JUN
posted by じゅにーK at 14:57| ホノルル ☁| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

妻を娶らば〜3、再々婚への道

3、再々婚への道




彼女とはツアーのお客さんとして出会ったのだが、私と色々似ている部分が多かった。

彼女も離婚経験があり、子供も欲しいとは考えておらず、二人で上手くやっていけるかどうかを、お互いが見極めようとしていた。

何度かハワイに遊びに来て合宿もしたし、昨年私が日本に行った時にも会った。

実は京都でお世話になっていたのは彼女の実家。

今はEメールだけでなく、スカイプの様なテレビ電話もあるし、遠距離恋愛と言ってもほぼ毎日会話を交わすことが出来た。

やがて昨年末頃から結婚の話が出てきた。

しかし今年は3月11日の東日本大震災で、まず私の仕事が激減した。

そして愛車「太郎」の突然のダウン。

結婚資金など全く貯める事も出来ない状態で、しばらく延期と言う話になった事もあるが、幸い今年はテレビに出たり、雑誌に紹介されたりと、仕事を後押ししてくれるような幸運が続き、どうせ借金があるなら二人で頑張って返していこう事で、プロポーズをしたのが11月上旬。

お互いに初めてではないので結婚式とかパーティーとかは一切やらず、11月末に二人だけでマリッジ・サティフィケートを貰いに行って夫婦になった。

これから妻となった彼女の永住ビザの申請が始まる。

弁護士によるとクリスマス休暇を挟むので半年以上はかかってしまう様だが、今まで京都市を出て暮らしたことの無い日本人女性が、これから観光とは違うハワイの世界で何を見て、どのように生活していくのか、何かの形でお伝えできれば良いと思っている。

既に紹介済みの友人もいるが、これからは色々な方とお会いするかもしれない。

10年経ったらパーティーしようなんて言っているので、そこまでがまず最初の目標。

暖かい目で見守っていただければ幸いです。<(_ _)>

Big Mahalo!



目指せ!ベスト5!
面白かったらクリックお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング
posted by じゅにーK at 13:24| ホノルル ☀| Comment(22) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

妻を娶らば〜2、バツ2

2、バツ2



2度目の離婚の際にも半年ほどはブログも書けなかった時期があったが、今度は決して女性恐怖症などにはならなかった。

2度の失敗を経験値として、今度は必ず成功させようと言う意気込みがあった。

そして自薦・他薦を含め色々なお話も来るようになり、それなりにデートをしたり、お付き合いもするようになった。

2度も失敗をしていると、色々な面で妥協もするようになるが、ここは譲れないと言ったこだわりも持つようになった。

この辺りの事は、恋愛や結婚のご相談を(何故か)私に持ってきた方々には詳しくお話したが、一緒に生活をするようになれば嫌でも目に映る部分をちゃんと見れるかが重要だと思う。

最近は「草食系」だとか、「結婚できない男」だとか、余りに慎重になり過ぎる若い世代の話をよく聞くが、個性の時代であっても他人と協力して絆を持つことは、社会に生きる者として難しい事ではないと思う。

子育てだけでなく、困難であっても共通の目的や目標があれば、夫婦で協力していくことはたやすいのではないか。

だが、現実には納得できる出会いと言うのはそうなかなか無い。

結婚してもその子育てが原因で別れてしまった夫婦の話も聞く。

子供が出来たら成人するまでは絶対に離婚はするべきではないと思っている。

子供には両親が必要。

たが、私はもう子供を持つ事は諦めているので、二人の相性だけを重視した。

そして2年ほど前に出会った女性がいた。


-- 続く


目指せ!ベスト5!
面白かったらクリックお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング
posted by じゅにーK at 12:11| ホノルル ☀| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

妻を娶らば〜1、離婚

--久しぶりに「雑感」カテゴリーを作り、プライベートなことを書きます。--


1、離婚

2度目の離婚から6年が過ぎた。

昔の日本では離婚した人のことを「国賊」と呼んだ事もあるそうだが、21世紀のハワイでは「バツ2」に驚く人もいない。

日本でも私の友人にでさえ離婚経験者は少なくない。

と言っても、私が小学校の時に、クラスメートで両親が離婚している人なんてまだ他にいなかった時代。

実は私は、親も、その親も離婚をしている、離婚家族に育った。

まともな(何が「まとも」かわからないが)夫婦って言うのが周りに少なかったため、余計にちゃんとした夫婦に憧れたのである。

結婚願望は強かったが、女性との付き合いは2年以上持つことが少なく、20代は住む場所の移動が激しかったので落ち着くことは無かった。

アメリカで暮らそうと言う意思を持っても、アメリカ人女性とはいろいろ文化面で合わない事が多く、特に食事に関しては辛かった。

LAにもハワイにも日本人女性は多く住んでいるが、私が知り合った女性のほとんどが既にアメリカナイズドされていて、友人としては問題なくても、残念ながら女性として魅力を感じることは無く、自然と日本在住の女性との遠距離恋愛が多くなった。


ハワイに来て旅行会社のマネジャーをしていた時、日本人旅行者の女性と知り合い、後に最初の結婚をした。

この頃はまだ自分の子供が欲しいと思っていたが、彼女とは子供を含めた生活が想像出来なかった。

これは若気の至りだったかもしれないが、結婚生活は長持ちせず、別れる事になった。


離婚に使うエネルギーは相当な物で、体調を崩したり、仕事も上手く行かなかったりと、散々だった。

しばらく女性恐怖症気味にもなり、お客さん以外の女性と上手く会話が出来ないなんていう時期もあったのだが、「バツ1」と言う肩書きは意外にも受けが良く、もうこのままずっと独身でいようかと考えたこともあった。


しかし今度は自分の会社の仕事が忙しくなってくると、パートナーが欲しくなった。

そんな時に出会ったのが、日本でキャリアウーマンをしている女性だった。

ハワイで個人経営で、長続きしているツアー会社のほとんどは夫婦で協力して仕事をしていて、私も今度は仕事が一緒に出来るという点で、同じ目標を掲げられるのではないかと思い、2度目の結婚に踏み切った。

しかしこれは大失敗で、色々な優先順位を完全に間違えていた。

そしてこの結婚も長続きはせず、私は「バツ2」になってしまったのだ・・・。


--続く


目指せ!ベスト5!
面白かったらクリックお願いします!(^o^)

アロハストリート ブログランキング
posted by じゅにーK at 09:53| ホノルル ☁| Comment(5) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする