2024年07月09日

初めてのHPD(ホノルル警察)



2週間ほど前に、バイト先のボスから突然電話があり、「車のライセンスプレートを落とさなかったか?」と聞かれた。

ライセンスプレート、いわゆるナンバープレートの事だが、そんな物落とす訳が無く、実際には少し前に車の掃除をしたばかりで、プレートが付いていることは確認していた。

だが、冗談ではなく、HPD(ホノルル警察)から連絡があったと言うので、とりあえず確認に行ってみた。

すると、前のプレートがなんと、私のではない!

なんと何者かによって、誰かのプレートとすり替えられていたのだ。


ライセンスプレートをすり替えるなんて、私のプレートを付けた車が犯罪にでも使われたのかと思ったが、まず第一に何故バイト先に連絡が行ったのかがわからない。

警察ならプレートから私の住所などはわかるはずで、私に直接ではなくて、どう紐付けられたのかバイト先に連絡が行った。


とりあえずケースナンバーを教えられ、HPDに連絡するように言われたが、911以外に番号がわからず、直接ベレタニア・ストリートのHPDに行ってきた。

「Hawaii Five-0」や「NCIS Hawai'i」などのドラマでも実際の警察署として外観が使われたことはあり、私もしょっちゅう前は通っているが、中に入るのは初めて、と思っていた。


誰のかわからないプレートは既に外してある。

ハワイ州では前後のライセンスプレートのうち、基本的には後ろにちゃんと付いていればOK。

それを持ってHPDに向かうと、入り口にセキュリティチェックのポイントがあったが、まずそこで用件を伝えるらしい。

私の前に一人待っている人がいたが、ちょうどお昼頃だったので係員がおらず、5分ほど待った。

ようやく一人係が出てきて、用件を伝えてケースナンバーを示し、IDを出すとまた待たされた。

さらに5分ほどで別の人が出てきて、私のプレートを持ってきてくれた。


どこでどういう形で見つかったのかや、犯罪に使われたかなどは一切教えてくれず、私が持参した他人のプレートは「捨てろ」と言われた。

これも犯罪の証拠品のはずだが、人手不足のHPDには仕事が増えるだけだったのかもしれない。


結局建物の中には入れず、全て入り口で済んでしまった。


誰がどんな目的で、どこでプレートを盗んだのかわからないのはモヤモヤするが、とりあえず私のプレートが戻って来たので良かった。




ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!

☆アロハストリート:5位です!MAHALO!(゚∀゚)

アロハストリート・ブログランキング


☆ブログ村:6位です!!MAHALO!(゚∀゚)

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報

にほんブログ村

オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ

posted by じゅにーK at 08:30| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする