2018年02月02日

神社仏閣ツアー:御朱印帳

今日は日本のお寺のご住職と次期ご住職の親子旅をご案内した。

実はこの「神社仏閣ツアー」は時々宗教関係者のご参加があり、海外に根付いた日本の宗教の実態や変遷などをご覧になりたいと言う方や、ハワイと日本の宗教的な近さなどを感じにいらっしゃる方もいる。

私もまだまだ知らない事が多いので、お話を伺うと勉強になる。


さて、朝から晴天に恵まれ、まずは「ハワイ石鎚神社」に向かう。

ここは御朱印は無くなったが、御洗米はちゃんと補充があった。



モイリイリの「厳島神社鳥居」を回り、「マキキ聖城教会」に向かう。

今日は中の天井画も見る事が出来た。



ボン・ダンスの話などしながら「ハワイ金刀比羅神社・ハワイ太宰府天満宮」に向かいお参り。

続いて「ハワイ出雲大社」でお参り。

ここは今日も人が多かった。

社務所の天野先生にご挨拶して、チャイナタウンにランチに向かう。

「ウォンキー」には、混雑する12時より前に店に入ったが、既にほぼ一杯だった。

食後に少し休憩して、次は「本派本願寺ハワイ別院」に移動。

本堂にてお参り。


続いて「ハワイ大神宮」でお参り。

お正月にはたくさん積まれていた御朱印帳が、もうあと一つになっていた。

ここでお客さんに、神社の御朱印帳と、お寺の御朱印帳の違いを聞いて見たのだが、細かい違いはあるが絶対に分ける事も無いそうだ。

お寺で神社の御朱印帳を出されても、普通は問題無く押印して下さるとの事。


参拝の後はヌウアヌヴァレー公園でジュース休憩。



そしてコオラウ山脈を越えてカネオヘの「ハワイ平等院」に向かう。

今日も日本人の姿は無かったが、観光客でにぎわう鳳凰堂で大仏様にお参り。


ホノルルに戻って、「ホノルル・メモリアル・パーク」の三重塔と金閣寺をお参り。

最後に「真言宗ハワイ」にお参りに行くと、奥からお坊さんが出てきた。

社務所のセキュリティ・モニタで我々が入ってきた事がわかった様だが、「今日のお客さんは僧侶の方ですか?」と聞かれた。

まあ同じ業界の方が見たらわかるのだろう。

どうぞと言って、お守りをくださった。


今は神社の多いツアーだが、まだあるお寺にも良い仏閣がある様なので、今後縁が出来たらいいなぁ。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:47| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

サークルアイランドツアー:アザラシ発見〜!

コナウィンドが数日続き、今日は朝からさらに強くなった。

ホノルルはどんよりとした曇り空だったが、寒くは無かった。

ワイキキを出てカピオラニ公園を向け、ダイアモンドヘッドの展望台に車を寄せると、かなりバンピーな2〜3フィートの波が立っていた。

カハラの高級住宅街を抜け、カラニアナオレ・ハイウェイに出て東に向かう。

サンディービーチもショアブレイクは3フィートほどだったが、急に雲が割れて一瞬砂が光ってくれた。



ブローホールの説明などして、ビーチパークを抜け、「ここは時々アザラシが上がるんですよ」と言ったら、木の陰に黄色い看板が見えた!

すぐ先のレストルームには、中国人の団体がたくさんいたが、全く気付いていない様子。

我々は最寄りのパーキングに止めて歩いて戻った。

ビーチに下りていくと、黄色いサインのすぐ横にハワイアンモンクシールがいた。



本当は、6メートル離れないといけないのだが、看板を立てた後にここまで移動してきたのだろう。

ほんの2メートルほどの近さ。



水から上がってしばらく経っているようで、身体がすっかり乾いて毛皮がハッキリ見えた。

静かに息を殺していたが、気配に気づいてチラッとこちらを見た。



カメよりははるかに移動速度も速いし、こんなでっかいアザラシに襲われても怖いので、そっと退散。

振り返ると、何食わぬ感じで、頭をボリボリかいていた。




さて、マカプウ岬を回ると東海岸もどんよりと雲に覆われていた。



マカプウでは雨は降っていなかったが、ワイマナロに入ると降り始め、ベロウズビーチのパーキングに車を入れるとスコールになった。

5分ほど車で待機すると小降りになったので、傘を差してビーチに出た。



やがて雨も止んだが、ジュース休憩と言う感じではないので、少し説明をして車に戻った。



するとまたポツポツと降り始めたが、カネオヘ湾を回っていると止んで、クアロア公園を説明。

やはりまた我々が出発する時になって降り始めた。


小雨が降ったり程度だったが、これもカフクを過ぎるとすっかり止んで、ノースショアは晴れ間が広がった。

サンセットビーチは6〜7フィートの波が見えたが、サーファーは多くなかった。



チャンズリーフが一番綺麗だったかもしれない。

ハレイワも形は良かったが、小さかった。



トレンチにはカメは見えなかったが、今日もアリイビーチパークで気持ちの良いピクニックランチを食べる事が出来た。




その後珍しく人の多くないハレイワタウンの散策時間を取り、最後にドール・プランテーションに立ち寄ってからワイキキに戻った。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 14:32| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

STAR WARS:EP 8 「The Last Jedi」




とりあえず映画館で2度見た。

最初は近所のワード。

ここは全席指定でリクライニングが出来て、かなり快適になった。

しかし通常の2D上映だったので、ドールのIMAXか3Dを見ようと思っていたのだが、風邪気味で少し間が空いてしまい、もう2Dしかやって無かった。

最初はあまり情報を仕入れずに見て、2度目はかなり色々な評論や意見を聞いてから見たのだが、良い評判と悪い評判に別れる理由も分かった。


元々SWは宇宙人やロボット、宇宙船など、グッズにしやすいキャラの揃った作品だった。

キャラが多ければ、グッズも増えて、感情移入しやすいので、シリーズ物は特に売りやすい。

この時代に作られたディズニー映画として、商業主義的な思惑が見え見えで、さらに多くの人種を使う事で世界中の人を巻き込んで商売したいと言う根性丸出しの作品だが、
全く別の3部作として、初めてSWに触れる世代にとっては良いのかも知れない。

全てのシーンが美しく、ジョン・ウィリアムスの音楽に、ブラスターやファイターの音が響き渡るのは素晴らしかった。



しかーし、SWには、1970年代から続く歴史がある。

SWのサーガがあり、そこにはSWだけの世界観があり、常識があった。

EP4で、ルーク・スカイウォーカーがタトウィーンで二つの朝日を眺めるシーンは、まさに希望を表し、その後EP6で、成長したルークが仲間たちと帝国を倒す素晴らしい物語だった。

EP1〜3はその帝国の成り立ちと、ルークの父であるダースベイダーことアナキン・スカイウォーカーの物語で、EP4〜6を後から説明する形となった。

さて、新しいEP7〜9は一体どうなるのだろう?

我々の様に最初から劇場で見てきたファンは、色々推理してきた。

EP6までで触れられなかったレイアの力、レイアとハンのその後、ファンコミックなどに出てくるルークの息子など、既に予想されていたキャラクターもあった。

ところが、EP7では新しいキャラが続々と出てきた。

そして我々の多くが期待していたキャラはほとんど活躍しなかった。

ストーリーは3部終わってから評価したいが、キャラクターに不満があるので、キャラ別に意見を述べたい。



・ルーク・スカイウォーカー

EP7では最後30秒しか出番が無かったと言うのは、かなり呆れた。

EP6:「ジェダイの帰還」の最後まで順番に見たら、ルークから始まってもおかしくない話3部作なのに、こんなに隠すのか?と思った。

しかしEP8で重要な役割になるのだろうと期待していた。

まあ、SWの世界観で言ったら、ヨーダの様なマスターとして、弟子を育てる事がわかる。

しかしそれを失敗して、死ぬために孤島に籠っている?と言う設定。

この時点でもう我々の知るルークではない。

ダースベイダーになった父親にも希望を持ってライトサイドに導いたルークが、中途半端なダークサイドにいるだけの甥をなぜ戻せないのか?

フラッシュバックで見せたルークのダークな表情は、今までの我々の夢と希望を打ち砕いてしまったようにも感じた。

なぜあんなルークを見せるのだろう?


レイがやってきてハンの死を知るシーンは、呆気なかった。

一緒に戦ってきた親友の死を知る場面が、あれだけか?

EP7で息子に簡単に殺されてしまったハン・ソロは、レイアとの絡みはあった物の、結局ルークとは同じスクリーンに映らなかった。

一緒に同じ作戦で戦って、共に祝うのがSWのパターンじゃなかったのか?

勝利と栄光のファンファーレでR2や3POと共に最後のシーンを飾ってくれるはずじゃ無かったのか?


最後は幽体離脱してカイロと戦い、マトリクスの様な動きまで見せたが、ここでは死ななかった。

ところが数分後に結局死ぬ。

ここでルークまで死ぬ必要があるのか???

もうスカイウォーカーがいなくなった。

EP7で、ハン・ソロがチューイとファルコン号に久しぶりに入ってきて「We are home」と言うセリフにファンは感動し、
EP8ではルークがファルコン号でR2と再会する場面にこみ上げるのがファンなのである。

もっとルークもハンも見たかった。

新3部作を作って、ルークとハンとレイアが出てるのに意味がわからん。

最後に死んじゃうのは仕方ないけど、二人とも呆気なさ過ぎ。

ストーリーもそうだが、役者の使い方がまず不自然だった。



・レイア・オーガナ

ルークとフォースで繋がっているのは、EP5,6でも出てきたし、EP7でハンの死を感じたのもその力の一部かも知れないが、
アナキン・スカイウォーカーの血を引くレイアには、もっと大きな力があるのだろうと言う推測はあった。

しかしそれが宇宙空間に放り出された後、メリーポピンズの様に移動して、戻ってくると言うのは、かなり白けた。

船に戻ってきたレイアがドアを開けて、誰も宇宙に吸い出される事なく、次の瞬間には担架に乗ってると言うのも、繋がらない。

レイアがEP6以降に一体どんな訓練を受けたのか?

こんなフォースは見た事ないし、納得できるような説明が欲しい。

では、一緒に吹き飛ばされたアクバー提督は救えなかったのか?

いらないキャラが増えた割に、愛着のあるキャラがあっけなく居なくなるのが不満。

レイア事キャリー・フィッシャーは昨年他界されたが、EP9でも出てくるらしいが、どうなるのかな?



・レイ

EP7で初めて出てきたキャラクターだが、新しい3部作の主役の扱いである。

肉親との葛藤を描いてきたシリーズだけに、レイの出自が気になっていたが、結局酒飲みの両親に売り飛ばされたと言う事になっているだけ。

つまり今のところ血筋は関係が無い。

過去のジェダイは幼いころから訓練を受けたが、アナキンでさえ成長し過ぎていると、一度はトレーニングを受ける事を否定された。

ルークはさらに年上でオビ・ワンやヨーダのレッスンを受けたが、それでもちゃんとジェダイマスターになれた。

レイはルークのレッスンを受けるのかと思ったら、最初からルークも怖がる潜在能力を持っていた?

ルークの父親のアナキンは、キリストの様に父親がいない。

ミディクロリアンが作った生命なのかもしれないが、レイはいったい何者なのか?

普通の女の子が覚醒しちゃったのか?


カイロ・レンとはスペースSkypeの様な会話が出来ちゃったりするが、これは二人だけの世界なの?

過去にジェダイがこんな事してたか?

カイロを改心させようとするシーンは、ルークがダーズベイダーを説得しているシーンを思い出させるが、レイとカイロは親子でも何でもない。

この二人の関係がハッキリしないままでは、見ている物の判断は付かない。

カイロがスノークを殺して、護衛隊と戦うシーンは、ビジュアル的には美しかったが、戦闘シーンとしては舞台のチャンバラ以上の物は無かった。

何しろ、ルークの様に挫折も敗北も経験していないレイが、ルークやスノークにトレーニングされたカイロと互角と言うのが、そもそも納得できないし、
挫折も敗北も経験していないヒロインに共感が持てない。



・カイロ・レン

「フォースの覚醒」で出てきたカイロ・レンは、レイアとハンの息子と言う事で、これは面白かった。

カイロ・レンを演じるアダム・ドライバーが、悪役としては迫力に欠けると言う話を聞くが、私は新キャラの中では一番SWの主流を行っている気がする。

つまり最終的にはライト・サイドに戻るのだと思う。

では誰と戦うのか?

スノークも死んでしまったし、ファズマも死んだし、後は間抜けなハックスしかいないが、EP9では、「クーデターでカイロを追い出したハックスがファーストオーダーを率いて、レイとカイロと戦う」のかも。

しかし無抵抗の父親を殺し、老人や村人を平気で皆殺しにするモンスターではある。

結局お互いにパワーアップしてレイと戦って死ぬのかな?


ダースベイダーの様に、シンボルだったマスクは、スノークに下らないと言われて壊してしまう。

レン騎士団も出てこなかったし、EP7との繋がりが不自然。



・スノーク

EP6から30年後の世界で、あれだけ大勢力だった帝国が無くなり、すぐにまた巨大な悪の組織が出来上がっている設定が、そもそもおかしいが、
ファースト・オーダーもストーム・トルゥーパーを使っている事から、帝国の残党だと考えられる。

しかしデススターの何倍も大きなスターキラーベースを作ってしまう経済力や技術力は一体どこから来たのか?

スプリームリーダーのスノークがその謎を解決する全てだったが、結局何者かも良く分からないまま、死んでしまった。

善と悪の戦いでは、悪い奴が徹底的に悪いほど、善に感情移入出来て、勝利の喜びが膨らむ。

一体どの時代から生きてて、何をしてきたのか?

ダース・シディアスのマスターだったダース・プレイガスではないかと言う説もあったが、ダースベイダーもエンペラーもいないファーストオーダーで、最も不気味なスノークもいなくなってしまった。

ハン・ソロの息子のカイロがリーダーになっても、間抜けなハックスがなっても、エンペラーの様な怖さは無い。



・ハックス

過去のSW作品でもジョークは出てきた。

しかし今回は多過ぎ。

レイがフォースで引き寄せようとしたライトセーバーを、スノークが操ってレイの後頭部にぶつけるシーンは、
緊張感のあるシーンを一瞬白けさせた。

Xウィングに乗ったポーがハックスをおちょくるシーンは、まあ面白かった。

しかしいきなり現れたホログラムのスノークに引きずり倒されたり、ハックスはとことんダメなキャラとして描かれた。

ファーストオーダーが、何故ハックスを上級の役職に就かせたのか?

どんな実績があったのか、どんな能力があるのかが不明のまま。



・キャプテン・ファズマ

出番は少ない割に、人気の高いキャラで、グッズの売り上げも上位だそうだ。

メタルのアーマーは独特でカッコイイが、ブラスターも弾くと言う設定。

こんな物があるなら、他のストームトルゥーパーもこれを着せたら良いのでは??

フィンとの戦いの場面では、最後に銃を出す武器の出方がおかしいが、
そもそも爆発前までフィンのすぐ前にいたファズマが、直後に大分先から無傷で隊列を組んで歩いてくるカットのずれが酷い。

ファズマはボバ・フェットの様なキャラになるのかと思ったが、フィンの代わりに裏切者にしたら面白かったのに。



・フィン

SWも他のアメリカ映画の例に漏れず、ロマンスが必ずあった。

新3部作ではレイとフィンがどのような関係に発展するのか期待していた。

勿論レイとは、カイロ、ポーなどと言う男性キャラと、どの様な仲になるのかも興味があった。

ところがローズなんて言う新キャラが出てきて、混乱させた。

塩の星クレイトで大砲に突っ込んでいくフィンの姿は、美しかった。

ファーストオーダーに育てられ、人殺しに訓練され、それが間違った事だと気付いて、裏切り、レジスタンスに加わって、
新しい仲間を救うために神風特攻するシーンは、自己犠牲を表す良い場面だった。

インデペンデンスデイを思い起こさせた。

ところがそれをローズがぶち壊す。

ファインはこれからどうなるのか?



・ポー・ダメロン

新シリーズのハン・ソロとして期待していたが、どうやら設定ではLGBTなのだそうだ。

人種だけでなく、性的思考にまで気を配らなければいけない今のハリウッドの映画の営業戦略とは一体何なのだろう?

エース・パイロットとしての活躍は凄いが、実はポーにもフォースがあったりして。



・ローズ

この話で一番不要に思ったキャラ。

爆撃機で死んだ姉の話も要らない。

大体過去のSWでは、爆撃はYウィングがやっていたのに、見た事も無い巨大爆撃機が出てきて、
しかも動きがのろく、弱すぎ。

大量に積んだ爆弾は、宇宙空間で重力を頼りに投下している不自然さ。

長い映画だったが、ルークをもっと出して、こんな場面はカットするべきだった。

フィンを助けたなら、せめて死んでほしかった。



・ホルドー

やっぱり彼女が最も不要なキャラだったかもしれない。

パープル・ヘアーのおばさん。

レイアの後に皆を混乱させて、同志撃ちまで引き起こしたイライラキャラ。

レジスタンスの生死をかけた状況であのワードローブはまず不思議だったが、最後に見せる自己犠牲は全く不可解。

どうしてここでオートパイロットが出てこないの?どうして操縦ドロイドが出てこないの?

すぐ目視できる星へ逃げる作戦があるなら、最初からそこにワープで出てくればいいのに、状況設定にも無理があったが、
逃げ出したシャトル船が次々と攻撃されてからようやく神風攻撃に出る。

ファーストオーダーの船団に向かってハイパースペースにジャンプすると、大きなスノークの船も、多くのスターデストロイヤーも一瞬でズタズタに。

シーンは綺麗で、サイレンスから爆発音が響く演出も良かったが、ちょっと待てよ。

輸送船一台がハイパースペースにジャンプするだけ、であれだけの破壊力があるのなら、
今までスーパースターデストロイヤーやデススターに何故使わなかった??

イオン砲やハンマーヘッドなんか使って強引に巨大船を避けたり動かしたりしていたのに、SWの世界のルールが変わってしまった・・・。



・DJ

怪しいキャラだが、コードブレイカーなんて言う設定も、関東カジノも、要らなかったと思う。

当然DJは要らない。

このままだとEP9で出てきそうな感じもするが、やはりキャラクターが多過ぎ。

カジノは、酒場の様な混沌とは違って、猥雑さを感じたが、なんだか無理がある。

武器商人で金儲けした人が集まっているのはわかるが、一般市民であり、そこを大破壊するフィンとローズは、
駐車違反者ではなく、視点を変えるとテロリストにしか見えない。

馬小屋の子供たちは奴隷なのか?

アウターリムのタトゥイーンでも無いし、それこそドロイドがやれる仕事を子供にやらせるのは、悪い奴のイメージをカジノの客や経営者に刷り込む印象操作で、
SWの世界観ではない。



・馬小屋の子供

最後の場面でフォースを使って箒を引き寄せた少年。

過去のスターウォーズのエンディングには、あんな訳のわからない物は無かった。

結局また新しいキャラが出てきた事になる。



・BB8

スロットマシンに間違われて、投入されたコインを投げつけたり、頭を使って配線を叩いて直したり、
AT-STを操縦したり、ジョークもここまで来ると、子供だまし。

やっぱりR2D2とは全く違う。



・チューバッカ

ルークとの再会場面と、ポーグ丸焼きにして食べる場面しか印象が無い。

しかしハン・ソロだけでなく、レイアやルークも、ずっと一緒に戦ってきた仲間であり、ハン・ソロ亡き後は、せめてチューイをもっと使って欲しかった。




・ポーグ

最初はイーウォークやジャージャー並みのウザいキャラだと思っていたが、なんかカワイイ。



・ラデス

アクバー提督の代わりに戦いを指揮したが、アクバーでいいじゃん。

要らないキャラの一つ。



・ヨーダ

CG版ではなく、パペット版だったのは良かった。

幽体で現れて、雷を操作する力まであるのは凄かったが、ルークがこんな状態になる前に助ける事は出来なかったのか?



・マズ・カナタ

女性版のヨーダみたいな存在になるのかと思っていたが、何処か知らない場所で戦闘中にホログラムで現れただけ。

最後に生き残ったのがレジスタンスの残りと言う事だったが、どこにいるのか?




・R2-D2

EP7ではルークよりも出番が少なかったが、今度も活躍せず。

最初に宇宙から始まり、最後にR2で終わるのがSWのパターンで、ずっと活躍しているヒーローなのに、やっぱりおかしい。




EP7のJJエイブラムスから、EP8はライアン・ジョンソンに変わり、EP9はまた違う監督の予定が、またJJになった。

JJが作りかけた新3部作の世界を、ライアン・ジョンソンが壊し、それをまたJJがどう最後に持っていくのかと言う難しい話。

JJも随分世界観を変えてしまったが、それでもルールを守ってSWの世界を継いできた。

しかし今回は監督が変わったために、新しいキャラクターもストーリーも引継ぎが出来ないまま、さらに新キャラが出てきて、話の整合性が取れず、なんだかオリジナルを誰も見ていないんじゃないかとさえ思ってしまう。

「ローグ・ワン」はとても良かった。

EP4の直前の世界を描き、EP4をさらに引き立てる映画で、やはりSWはEP4が原点なんだと良く感じた。

しかし新しい3部作は大分違った方向に向かっている気がする。



今後ハン・ソロの話や、オビ・ワン・ケノービの話が公開予定で、これは楽しみなのだが、EP9の後に、EP10〜12のさらに新しいSWが計画されている。

ジョージ・ルーカスが一番最初に企画したのは9部作で、4,5,6を作った後に、1〜3、そして最後に7〜9と言う製作順は合っている。

つまりEP10以降はディズニーが金儲けの為にやってる企画。

だが、面白ければ何を作ってもファンは喜ぶだろう。

しかし、EP7で話を脱線させたまま、作家と監督が変わり、無責任な展開をしてしまった。


EP10〜12の監督候補がライアン・ジョンソンだったのだが、どうやらこれは外されるようだ。

最後に出てきた馬小屋の子供がフォースで箒を引き寄せるシーンは、そのEP10からの布石ではないかとも言われていた。


ジョージ・ルーカスの手を離れ、もう既に別のサーガに感じてしまうのは当然かもしれない。

スタートレックの様に、ジェネレーションを変えてこれから永遠に続くのかも知れないが、EP1〜6+「ローグ・ワン」が私のSWかも知れない。


今回はお決まりのセリフ「I have a bad feeling about this」が無かった。

BB8が言ったそうだが、わからないセリフで観客が喜ぶわけがない

まさに我々が途中から感じていた気持ちが「I have a bad feeling about this」だった。



モヤモヤ感が抜けずに、またEP1から見始めた。

ハン・ソロの話が5月に公開されるので、それまでにEP6まで見直したい。



今回はご意見合ったら書き込んでください。








オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 10:39| ホノルル ☀| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

JUN DOG:衝撃のお土産

北海道の友人Kさんからお土産を頂いた。

袋から保冷材に巻かれた物を出すと、「JUN DOG」




以前Kさんから、北海道に「JUN DOG」と言う食べ物があると言う話を聞いて、「JUN」なだけに食べてみたいと思ったのだが、ハワイまで持ってくるのは難しいと言う事だった。

ところが実際に販売店で聞いて見ると可能だったようで、わざわざ持って来てくださり、今回思いがけず「JUN DOG」と対面する事が出来た。


しかし実は以前話を聞いた時には名前ばかりが頭に入って、実際どんな物なのか覚えていなかった。

パッケージに”エビフライ”と書いてあるので、エビフライをパンで挟んだ物かと思い、説明通りチンした後に蒸らして開けてみると、出てきたのは銀シャリ。



確かにずっしりとした重さはあったのだが、エビフライの重さだと思っていた。

そして齧ると、中には本当にエビフライ。(尻尾付き)



スナックと言うより、夜食の感じで、丁度節分だったし、恵方巻の代わりに食べた。

創作寿司でエビフライを巻いたロールがあるが、これを全部出して周りを飾れば出来そう。

いや〜、これはインパクトが強かった。

Kさん、Big MAHALO!




オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 15:45| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

ロコショッピングツアー:フルコース

前日は雲とシャワーが多かったが、朝から晴れた。

今日は5年振りのリピーターさんご夫妻をご案内。

ワイキキを出て、近況などおしゃべりしながら「サムズクラブ」に向かう。

お客さん達がお買い物中は、フードコートのベンチに座って本を読んでいるが、行き付けのベトナムレストラン「バクナム」のオーナー、キミーに声をかけられた。

一人で買い物に来ると、それほど知り合いに会う事は多くないが、フードコートに座っていると、レジから出てきた人がみんな横を通るので、会う確率が高い。

次は文具問屋の「フィッシャーハワイ」

最近はこの辺りでは、ウォールアートを見る為の日本人旅行者が多い。

パーキングで待っていると、今度は「クラブ瀬里奈」のナナママにバッタリ。

しばらく行っていなかったので、「顔出しなさいよ」と言われた。


ダウンタウンに向かいクラフトサプライの「フローラデック」、イヴィレイのホームセンター「ホームデポ」を見学。

その後「アロハ豆腐タウン」で、ランチタイム。

店内は狭いので、向かい側のキャナリースクエアで、おしゃべりしながら食べた。


食後に「ライオンコーヒー」に行くと、先日「ハワイ愛」のBBQパーティーで会ったミカさんがいた。

そのうちに工場見学のツアーも組み込みたいなぁ。



続いてリサイクルショップの「セイバーズ」

ここはじっくりと見たかったそうだ。


この後は時間が余った時のオプションだが、まず電気店の「ベストバイ」に向かう。

オリンピック直前と言う事で、大型テレビがセールしていた。


最後にスーパーマーケットの「セーフウェイ」

キッチン付きのホテルにお泊りなので、食材を購入されたようだ。


ワイキキを出て、普通のローカルが買い物に行くお店を回るロコショッピングツアーは、今後もう少し店を増やしたいと思っている。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:23| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

サークルアイランドツアー:ノースの波は中休み

今日は初ハワイのご家族をご案内。

ワイキキを出てカピオラニ公園を抜け、ダイアモンドヘッド・ロードからダイアモンドヘッドビーチ・ルックアウトまで進み、海を見下ろす。

ほんの2フィートの波だったが、サーファーの姿はあった。

白波の無いコンディションだったが、クジラの気配は無し。


カハラの高級住宅街を抜けて、カラニアナオレ・ハイウェイに出てサンディービーチに向かう。

ここも波は小さく、ブローホールからも汐吹は上がっていなかったが、キラキラ光る砂は見れた。



続いてマカプウビーチの展望台に回る。

東海岸も良いお天気だったが、風がトレードウィンドとは方角が違い、この先のお天気が読めなかった。

沖にクジラの汐吹が見えた。


ワイマナロではベロウズビーチでジュース休憩と自然教室。



ローカルもいたが、やはり日本人のウェディングフォトが目立っていた。


ダウンタウン・ワイマナロでは道路工事が続いていて、少し渋滞。

カネオヘ湾を回って、クアロア公園に向かう。

少し雲が出てきた。



しかしノースショアに回ると、また晴れ間が広がった。

昨日は12〜15フィートあったそうだが、サンセットビーチは6フィートほどまで落ちていた。




やはりチャンズリーフにサーファーが多かったが、ラニアケアビーチの横を通ると、人だかりが皆で同じ方向を見ていたので、今日は珍しくカメが上がっていたのかも知れない。


ハレイワに入って、アリイビーチに出ると、ここの波は3フィートほどだが綺麗だった。



トレンチにはカメはいなかったが、ビーチパークのベンチでピクニックランチを取る事が出来た。

そしてその後はハレイワ・タウンの散策タイム。

私はノースショア・マーケット・プレイスで読書。

集合場所のベンチで待っていると、野良ニワトリが現れ、中途半端に大きくなったヒヨコが私の周りをウロウロ。

知らん降りしていると、目の前のベンチに飛び乗り、なんだか皆でこちらをチラチラ見ていた。




最後にドール・プランテーションに行き、ユーカリの木の説明などして、休憩の後ワイキキに戻った。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 10:31| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

「Hawaii Five-0」ファンツアー:放送見逃した!!(><)

この所いつも一組だけで催行していた「Hawaii Five-0」ファンツアー。

1月末から3月始めくらいまでは、比較的暇な時期だが、今日は二組をご案内。

このツアー初めての新婚さんと2度目のご夫婦。


ワイキキを出てマノアに向かい、ジャングルの入り口を回って住宅地に戻り、「コノの家」、「チン・ホーの家」を見て、ハワイ大学を抜けてカイムキに回って、ダイアモンドヘッド撮影所の前まで来る。

ロケ車両も止まっていて、人の動きもあったので、今日はスタジオ撮影日かも知れない。


ダイアモンドヘッドのクレーター・トンネル前と、ビーチ展望台で写真タイム。

カハラの高級住宅街を抜けて、ワイアラエビーチで小休憩。




カラニアナオレ・ハイウェイに出て「スティーブの家」を見学。

最近2度目の方が増えているのは、「スティーブの家」に入れると言うのが、圧倒的理由。

一度ここに入ると、テレビのスタジオのセットとは少し異なるが、やはり感動する方が多い。

続いて「レイチェルの家」を見て、マカプウに向かい、岬の展望台からマカプウビーチを見下ろす。




ワイマナロに移動してベロウズビーチに出ると、人は少なかったが、



ウェディングフォトは多かった。




ワイマナロはショッピングセンターを中心に道路工事が複数カ所で行われていて、最近はほとんど渋滞している。

両側の民家のパパイアやマンゴーの木の説明をしながら、ノロノロと進んで、オロマナ・ゴルフリンクスの辺りでようやく抜ける。

パリ・ハイウェイに入るキャッスル・ジャンクション付近でも工事をやっていて、ここでも少し渋滞したが、ホノルル側に戻って、チャイナタウンでランチタイム。

食後はダウンタウンに移動。

ファイブ・オー本部を中心に散策タイム。




ステート・キャピタルやワシントンプレースを見て、パンチボウルに向かう。

独特の雰囲気の霊園を回って、海沿いに戻り、「リリハベーカリー」でココパフを購入して、サンドアイランドでスナックタイム。

今日は大きな客船が泊まっていた。




アロハタワーからケワロ湾、アラモアナビーチパーク、マジックアイランドと流して、アラワイハーバーまで来ると、黄色い「EYE」のサイン!

ヒルトンラグーン前のパーキングにはサインが並んでいたが、まだロケ車両はいなかった。

今晩か明日に撮影の様だった。

ハワイアン・ヴィレッジをぐるりと回って、「Hawaii Five-0」オフィシャルショップのあるダイアモンドヘッドタワーに回って終了。



夜は家でタコ焼きパーティーがあり、狭いアパートに在住日本人ばかり何と10人も集まった。

この日は「Hawaii Five-0」の放送日だったが、オリンピックも始まって新しい回の放送は無いと思っていたのだが、実はやっていたらしい・・・。

また見逃した〜





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 10:48| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

「LOST」ファンツアー:4か月半ぶりの・・・

既に1000人以上の参加者のいる「LOST」ファンツアーだが、放送やDVDの発売も終わって大分経ち、半年以上ブッキングが入らなかったらお終いにしようと思っている。

しかし今回も4か月半でまた予約が入った。

今回は初ハワイの新婚さんで、ご主人が放送時からご覧になっていたそうだ。

と言う事で、ワイキキを出てマノアに向かう。

数日まとまった雨が降っていなかったので、ハイカーの数も多かった。

車を止めて、トレイルの入り口まで歩く。



「パラダイスパーク」に戻って、売店のコラージュを見に行くが、カキ氷のシロップはダーマ・バージョンではなくなっていた。

かつてロスト・タトゥーガイのスティーブ君が作った作品も、徐々に姿を消しつつある。


カハラに向かい、高級住宅街を回って、カラニアナオレ・ハイウェイに出て東に進む。

次はラナイ・ルックアウト。

普段は岩場を歩くが、クジラ見物の多い時期で、ハナウマ湾に行く人の違法駐車を監視する為かポリスが数名いて、岩場には出られない様になっていた。

沖にクジラの汐吹がチラッと見えた。

マカプウ岬を回ってワイマナロに移動。

東海岸も良いお天気で、ベロウズも人が多かった。




カネオヘの街からWCCの構内を回り、ヘエイアケアに戻って、カネオヘ湾を回り、ワイアホレ・ビーチパークで写真タイム。



続いてクアロア公園でジュース休憩。



その後もお天気は良かったが、ノースショアに回りサンセットビーチを過ぎた頃から雲が出てきた。

ラニアケアビーチの手前では少しカメ渋滞があった。

そして久しぶりにパパイロアビーチに出る。



人のいない、深い砂のビーチを歩く修行は大変だが、曇ったおかげで暑くは無く、過酷では無かった。



岩の上まで緑色の海藻が生え、ノースの海はまだまだ冬の景色だった。




車に戻り、ハレイワに移動して、「L&L」でシュリンプカレーランチ。

その後ノースショア・マーケット・プレイスで少し休憩。

ここからオアフ島の西端のカエナ岬に向かう。

モクレイアビーチに下りると、ホノルル方面は雲が濃かった。



そして「キャンプ・アードマン」に向かうと、今日はキャンパーは無く、ガランとした”ダーマ村”を見学。




ハレイワに戻ってカメハメハ・ハイウェイを南下し、H-2、H-1とフリーウェイを乗り継いで、空港の先から一般道に下りて、チャイナタウン、ダウンタウンと流して、最後に「セント・アンドリュース教会」を見て、ワイキキに戻った。

やはり終了は7時頃になり、今日も長いツアーだった。




オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:11| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

「Hawaii Five-0」ファンツアー:大雨の翌日

日曜のオアフは大雨洪水警報が出て、各地で洪水になった。

ワイキキもカラカウア通りを始め、あちこちで冠水したが、幸い私は家でオフィス仕事だった。

その翌日の月曜。

今日はすっかり晴れた。

ワイキキを出てマノアのジャングルを見て、住宅地を回り、ハワイ大学からカイムキに抜けて、ダイアモンドヘッド撮影所の前で車を止める。

駐車場の車は多かったが、中はひっそりとしていた。

ダイアモンドヘッドのクレーター・トンネル前に移動。

最近はまた登山者が展望台に駐車するので一杯。

暑くなる時間にも関わらず、これから山に向かう人の姿も多かった。

続いてダイアモンドヘッドビーチの展望台に進む。

海は穏やかだったが、クジラの姿は見つからなかった。




カハラの高級住宅街を抜けて、ワイアラエビーチに出ると、ここは少し水が濁っていた。



小休憩の後、カラニアナオレ・ハイウェイに出て「スティーブの家」に向かう。



庭と内部の見学の後は、ハワイカイからマカプウに移動。

プレジデンツ・デーの祝日もあって、マカプウトレイルは鈴なりの人で、路肩も車が埋め尽くしていた。

展望台のパーキングも一杯で、お客さん達だけ見に行って頂き、私は「シーライフパーク」まで行って、Uターンして、再びピックアップ。


ワイマナロに移動して、ベロウズビーチに出ると、ここも人が一杯だった。

ジュース休憩の後、パリ・ハイウェイ経由で南に戻り、チャイナタウンの「ダウンビート」でランチタイム。

その後はダウンタウンで散策タイム。

続いてダウンタウンの中を回って、パンチボウルに向かう。

霊園を回って、海沿いに戻り、「リリハベーカリー」でココパフ購入の後、サンドアイランドでスナックタイムを取った。




最後にアロハタワーで散策時間の後、ケワロ湾、アラモアナビーチパーク、マジックと回り、アラワイハーバーからヒルトンを回って終了した。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:45| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

サークルアイランドツアー:大雨の名残

昨日はよく晴れたが、今日はまた崩れると言う予報もあった。

風は弱く南寄りだったが、朝から良いお天気になった。

今日は10年振りのお客さんとお仕事仲間をご案内。

ワイキキを出てカピオラニ公園を抜け、ダイアモンドヘッドビーチの展望台まで進むと、沖にはほんの2フィートほどの波が見えた。

白波は少なく、クジラも期待出来たが、この時間はまだ早い。

カハラの高級住宅街を抜けて、カラニアナオレ・ハイウェイに出て、ハナウマ湾の入り口付近で渋滞。

そこを抜けてまずはサンディービーチに降りる。

キラキラ光る砂と、豪快なショアブレイクにボディーサーファーも見れた。



マカプウビーチの展望台まで来ると、東海岸も良いお天気で、透明な海に4フィートほどの厚い波が寄せていた。



ところがワイマナロに進み、ベロウズビーチに出ると海は茶色く濁っていた。

顔見知りの公園職員に聞いて見ると、ブラウンウォーター・ウォーニングが出ていて、あと数日は海には入らない方が良いと言われた。

日本人のウェディングフォトは数組いたが、ビーチゴーアーは少なかった。



ジュース休憩と自然教室の後、カネオヘを抜けてクアロア公園に進むが、なんと公園内は大規模に冠水していてクローズ。

ここの代わりにカーアヴァビーチに行った。

車を止める場所が少ないが、何とか見つけてビーチに降りた。



オアフ島でもベスト3に入る綺麗なビーチだが、ここも徐々に浸食が進んでいる気がする。




東海岸を北上してノースショアに入る。

サンセットビーチには10フィートほどの波が上がっていて、サーファーも多かった。



まだまだ冬の海の感じだった。




ワイメアは無かったが、チャンズリーフは綺麗な波が上がっていた。

そしてラニアケアビーチまでカメ渋滞。

今日は随分手前の路肩から駐車している車が多かったが、ビーチ前の本来駐車禁止のエリアにポリスカーが止まっていて、ここには今日は一台も止まっていなかった。

ちゃんと駐車禁止と書いてあるんだから、ポリスが居なくても、普段から駐車するのは止めようよ。

と言うか、最近はあまりカメのいないビーチが、未だに”カメビーチ”として紹介されている事自体が偽情報。


我々はハレイワに向かい、アリイビーチパークに出る。

ハレイワ・ポイントには3フィートほどの綺麗な波が見えた。



しかしトレンチに回ってもカメはおらず。

ラニアケアビーチの後にカメが増えて、一時は第2のカメビーチと呼ばれたが、ここはアメリカ人のカメツアー業者がすっかり荒らしてしまい、最近はここも見る機会が減った。

モクレイアやパパイロアに行けば、さらに高確率でウミガメを見る事が出来るが、オリジナルツアーだとモクレイアはビーチピクニックツアー、パパイロアは「LOST」ファンツアーでしか行かない。

だが実際にはチャーターで、とにかくウミガメが見たいと言うリクエストを叶えるために行く事はあるので、今後は増えるかも知れない。


さて、ビーチパーク内のモンキーポッドの木の下でピクニックランチの後は、ハレイワタウンの散策タイム。

最後にワヒアワのドール・プランテーションに立ち寄り、休憩の後ワイキキに戻った。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:43| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

「Hawaii Five-0」ファンツアー:ワイキキでロケ

シーズン7のDVDも日本から届いたので、シーズン8と並行して見たいのだが、最近読みたい本や見たいDVDが溜まっていて、3月は少しスローになりそうなので、一気に見たい。

さて、昨晩からの南風で、すっかりVOGに包まれた朝のオアフ島だったが、雨の心配はなさそうだった。

ワイキキを出てマノアに向かい、ジャングルを見て、「コノの家」、「チン・ホーの家」を見て、ダイアモンドヘッド撮影所の前に来ると、「EYE」のサイン。

今日はスタジオで撮影の様だ。

クレーター・トンネル前で、サッと写真タイムを取り、海側の展望台に移動。

海も穏やかだったが、クジラの姿は無し。




カハラの高級住宅街を抜けて、ワイアラエビーチ。

今日は子供が多かった。




カラニアナオレ・ハイウェイに出て、次は「スティーブの家」

最近はサリーさんとイディさんのご姉妹でいる事が多かったが、今日はスーザンもいて久しぶりにアイスクリームをご馳走になった。

スティーブ達がビールを飲む、庭の椅子に座って海を眺めながらアイスを食べた。


マカプウの展望台は人が多かったが、何とかパーキングを見つけて人混みの中で写真撮影。

ワイマナロに移動してベロウズビーチに出る。

まだ水は茶色く濁っていたが、平気で海に入っている人もいた。



3年前に全米ナンバーワンビーチに選ばれ、その後人が増えたり、住民と揉めたりして、6キロもある海岸線のうち、ツアーや写真撮影の営業で使って良いビーチが僅か2〜300メートルの範囲に制限されているワイマナロ。

私が以前から使っていた「ワイマナロベイ・レクレーショナル・エリア」、通称でベロウズと呼ばれる、ベロウズ空軍基地のビーチに接している場所が、その場所なので、私は大きな影響を受けていなかった。

ここはカラニアナオレ・ハイウェイからパーキングまでのドライブウェイにスピードバンパーが多く、大型バスは嫌ってほとんど入ってこない。

大きな駐車場に、普段はローカルの車とアメリカ人のレンタカーが20台ほどで、ウェディングフォトのリムジンが2〜3台、ツアーバンが1台いるかいないかなので、住民と摩擦が起きている場所ではない。

週末はここも営業が禁止されているが、天気が良いと、確かにローカルの車だけでパーキングが一杯になる事もある。

ところが今後平日も禁止されることになったらしい。

正確には禁止ではなく、許可制になるらしいのだが、その許可証が毎月160ドルもすると言う話で、それこそこれを払う会社があるのかどうか?

ここは私個人的にも大好きなビーチだし、多くの日本の人に紹介したいので、多くのオリジナルツアーに組み込んでいる。

今後はコース変更など新しい問題になるかもしれない。


ホノルルに戻り、チャイナタウンでランチタイムの後、ダウンタウンのファイブ・オー本部を中心に散策タイム。



パンチボウルも回って、「リリハベーカリー」でココパフをピックアップして、サンドアイランドでスナックタイム。

風向きが変わってきて、空がクリアになってきた。




最後にアロハタワーの散策時間の後、ケワロ湾からアラモアナビーチパークを抜けると、ありました。

「EYE」のサイン。

ところが日付は2日後。

ちょっとガッカリしながらもアラワイハーバーに入ると、またも「EYE」

しかも日付は今日。

パーキングにはたくさんサインが立てられていたが、撮影隊の気配は全くなかった。

そしてワイキキに戻ってくると、アウトリガー・ワイキキの前からモアナサーフライダーにかけて、「EYE」のサインがずらりと並んでいるではないか!

しかし、まだ気配はない。

お客さん達には、「今晩から準備を始めて、朝一番でやると思いますよ」と伝えると、お客さん達、翌日朝5時起きで見に行ったそうだ。

粘ってなんとスティーブにダノ、そしてデュークにも会えたそうだ!

こんな写真も送ってくれた。



ファンには大満足のハワイ旅行になった様だ。




オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 16:24| ホノルル ☁| Comment(2) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

通販生活:Amazon〜DHL〜USPS

最近は仕事で使えるものを中心に、通販サイト「Wish」で買い物をする事が多く、安くて、しかも比較的に早く商品が到着するので、気に入っている。

ここは郵便小包で送ってくれるので、アパートの郵便受けに入らなくても、翌日マキキの郵便局に行けば受け取る事が出来る。

まとめて幾つかの商品を頼んでも、全てバラバラに処理されて、バラバラに送られてくるので、何度も取りに行かなければならない事もあるが、一つずつ、なるべく外装や箱を無くしているので、郵便受けに入ってしまう事も多く、本当に便利だ。


通販を利用すると、郵便局(USPS)以外に、民間の宅配業者が届けてくる事もあるが、うちにはFedex、USPとDHLの3社が来た事がある。

FedexとUPSは、家の前まで来ると配達員が電話で連絡をくれる。

私の住むアパートにはインターフォンが無いために、電話連絡をくれないと、家の前まで来ても荷物を受け取る事が出来ない。

FedexなどはEメールが最初に来て、前日にもオフィスから電話が来る。

UPSもDHLもメールは来るのだが、DHLは家の前から電話をくれない。

従って、何度再配達されても、全て意味が無いのだ。


FedexやUPSも、私が家にいなければ受け取る事は出来ず、再配達のタイミングが合わない場合は、ホノルル空港の倉庫に取りに行くことになる。

この2社の倉庫はラグーンドライブのわかりやすい場所にあるのだが、DHLは空港ターミナル近くのごちゃごちゃとした場所にあり、いつも迷っていた。


先日日本のアマゾンで「Hawaii Five-0」シーズン7のDVDなどをオーダーしたのだが、アマゾンはいつもDHLで送ってくるので、覚悟していた。

最初にメールが来て、明日配達と言うが、時間は朝8時から午後5時の間。

まあ、ハワイでは配達だけでなく、工事などの業者も時間はかなり大雑把。

しかし結局配達員からの電話は無く、翌日今度はDHLオフィスから電話が来て、明日再配達との事。

家の前から電話をかけてくれと頼んだが、翌日も電話無し。

まあ、ずっと家にいた訳ではないし、再々配達の前に、自分で取りに行こうと思っていたのだが、今度はオフィスからの電話もメールも無く、代わりに郵便局から不在配達通知が来た。

どこからの荷物か書いてなかったのだが、次の休みにまとめて取りに行こうと思っていた。


そして休みの日にまず郵便局に行くと、渡された小包の発送元がなんとDHL。



中身はアマゾンからの荷物だった。




DHLと郵便局が提携しているとは知らなかったが、最初から郵便局に送ってくれれば、再配達の手間も、家で待っている無駄も無くなるのに・・・。


またツアーのバージョンアップ作業が始まる。








オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:58| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする