2017年03月27日

ビーチピクニックツアー:モクレイアビーチ

もう10年以上のお得意さんご家族をモクレイアビーチへのビーチピクニックツアーにご案内した。

最初はご夫婦だけだったのに、子供が増え、さらにもう一人増え、徐々に賑やかになって、家族の形になっていくのを見るのは、私もなんだか嬉しい。

朝からお天気も良く、風も気持ち良かった。

最初はドール・プランテーションに寄って、子供達の大好きなパイナップル・エキスプレス。

その後ハレイワでお弁当をピックアップして、モクレイアへ。

モクレイアへのビーチツアーも初めてではない。

やはりここで一度遊んでしまうと、ワイキキが大都会に感じられるほどなので、リピーターは多い。

ビーチパークに到着すると、管理局のオジサンが芝刈りの最中だった。

そしてビーチに出ると、ローカルも春休みなので、2組ほどの家族がいた。



残念ながらウミガメの姿は無かった。




いつもの木の下に陣を張って、お客さん達は海で泳いだり、潜ったり、砂で遊んだり。

途中ランチを挟んで、午後も元気に遊んだ。

遊び疲れたり、途中で天気が悪くなれば、ハレイワタウンの散策にしたり、石けん工場に行ったりもするが、時間一杯ビーチで遊んでから、アリイビーチパークの更衣室で着替えて、ワイキキに戻った。




両国国技館でお仕事されているご主人からは、先場所と今場所の番付を頂いた。

稀勢の里が大関のと横綱の物。



日本人横綱の誕生で、相撲が盛り上がっていると言う話を聞いた直後に、稀勢の里が逆転優勝。

これはとっても目出度い!




オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 11:25| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

「LOST」ファンツアー:春が来た

先週までまともなトレードが吹かず、予報もすべて異なり、予想も付かない天気が続いていたが、春分の日と共に春がやって来た様で、ほとんどの天気予報で今週はずっと晴れ。

トレードはまだ少し弱いが、戻ってきて、大変気持の良いお天気になった。

今日はお正月以来久しぶりの「LOST」ファンツアー。

お客さんは初ハワイの若いカップル。


ワイキキを出て、「セントラル・ユニオン・チャーチ」の横を抜け、プナホウを上がってマノアのジャングルに向かうと、ハイカーの数が多かった。

「パラダイスパーク」のパーキングも一杯で、上のレストラン用の駐車場に入れた。

鳥の声がこだまする森の空気は美味しい。



なんと「LOST」の撮影隊が作ったトイレが無くなっていた。

お正月には使用禁止になっていたのだが、すっかり跡形もなくなっていた。




スナックショップに寄って、コラージュを見る。



マネジャーのフレズノと少し立ち話。


次はカハラの高級住宅街を抜けて、カラニアナオレ・ハイウェイに出る。

ラナイ・ルックアウトに立つと、モロカイ島はほとんど見えなかった。

まだ南にはVOGが残っているようだ。



クジラも先週末には随分見えたが、今日は見物人もおらず、気配も無かった。


春休みに入っているので、ワイマナロのベロウズビーチも少し人が多かった。



ここで小休憩。


カネオヘに向かい、「ウィンドワード・コミュニティー・カレッジ」の構内を抜け、ヘエイアケアに回って、ワイアホレビーチパークに進む。

真っ赤なカネオヘ湾越しにチャイナマンズ・ハットとクアロア山を見る。




続いてクアロア公園に移動すると、ローカルがパーティーをしていた。



ショアラインの椰子の木は減り、砂と海水が上がって、芝生も少なくなってきている。



ジュースを飲んで休憩。


この先の東海岸も海は綺麗だったが、工事の渋滞に何度か捕まった。

ノースショアは波のサイズも落ちていたが、今週末にはまた上がる予報も出ている。

サンセットで4〜5フィートだった。

ラニアケアビーチの道路を挟んだエリアは、「駐車禁止」のサインが並んでいるにも拘らず、違法駐車が後を絶たなかったが、今日はコーンが置かれてテープが張られ、車は一台も無かった。

それでもその先に止めて、歩いてビーチに行く人が随分見えたが、カメがいる感じはしなかった。

我々はパパイロアビーチに向かう。

陽射しも強く、気温も上がってきて、修行を覚悟したが、やはりトレードウィンドがあるだけで、ビーチを歩くのは全く苦にならなかった。

砂は少し焼けていたが、真夏に比べるとやはり生暖かい程度だった。



ハイ!と言う事で、ここには誰にも邪魔されずに、大きなウミガメが上がっていた。



ここも春休みでローカルが多かったが、



サバイバー達のベースキャンプは今日もひっそりとしていた。




ハレイワに出ると、なんだか人が多い。

「L&L」でシュリンプカレーを食べた後、ノースショア・マーケット・プレイスで30分の休憩。

ツアーはまだまだ続く。


再集合の後は「ケアリイオコマル・チャーチ」や「ワイアルア・シュガーミル跡」など見て、カエナ岬に向かう。

モクレイアビーチもこの時間帯にしては人が多かった。



続いて「YMCAキャンプ・アードマン」

今日はキャンパーがいなかったので、ゆっくり写真が撮れた。

ここはジュリエットが一人で住んでいたキャビン。



ドアも全開だったので、ちょっと中の様子も撮影。

「LOST」のドラマの中では、リビングとキッチン、それに2ベッドルームくらいの部屋がある設定だが、実際にはバンクベッドが8つと、シャワー、トイレがあるだけ。



ガゼボの前で「ナマステ」のポーズで記念写真を撮り、ファーリントン・ハイウェイのドン突きまで行ってUターン。

H-2フリーウェイを南下して、ホノルル・エアポートの先でディリンハム・ブルバードに降り、チャイナタウンとダウンタウンを回り、陽の傾いた「セント・アンドリュース教会」でちょっと写真タイムを取って、



ワイキキに戻った。







オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:53| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

マッサージ ライフ

昨年夏の事故以来、少し首に違和感を感じてカイロプラクティクに通っている。

保険で20回までの通院費が下りるので、ほぼ毎週行っているのが、10年前に「LOST」ファンツアーが忙しかった頃、やはり首から肩にかけて痛みが出て、その時にお世話になった日系人のオダ先生。

カウアイ島出身の大柄な先生で、身体中を鳴らされるとスッキリする。

おしゃべり好きなので、30分のセッションはいつもあっと言う間。


保険は事故の相手の会社から降りるのではなく、私が入っている保険会社の特約で、カイロの他に医療マッサージも受けられることが2月になって分かった。

医療マッサージを受けるには、医者の診断書が必要と言う事で、カハラにある病院に行ってきたのだが、待合室で待っていると、「痛い、痛い」と肩を抱えた女性が入って来て、私の知り合いだった。

なんとヨガをしていて、肩を外してしまったそうだ・・・。


さて、オダ先生のクリニックには医療マッサージのセラピストもいて、カイロの前か後にマッサージを受ける事になった。

今までハワイでも色々なマッサージを受けた事はあったが、医療マッサージは全然違った。

指圧やロミロミなどの手法を用いたりはするが、ただ筋肉を解すと言うより、体内の血液循環を良くするような感じで、やや強めのプレッシャーがとても気持ち良い。

何人かのセラピストにやってもらったが、人によって若干スタイルが違う。

基本はパンツ一枚になって寝転ぶのだが、一度大柄のハワイアンの女性のセラピストからは全部脱いでと言われ、首筋から背中、そして腰をプレスして、最後にお尻を鷲掴みされた。

まあ、全部脱がなくても、パンツをずらされて、お尻を揉まれる事はあるのだが、今まで受けたマッサージでこんなのは無かった。

薄暗い施術室にはスローなBGMがかかり、エッセンシャルオイルの香りが漂うと、毎回揉まれながらついウトウトとしてしまう。


大抵ダックツアーのバイトが終わった後の、午後から夕方に時間がある日に行っているが、家から近いので散歩がてらに歩いている。

1時間のセッションを、なんと40回も受けられると言うので、今年一杯くらいはほぼ毎週マッサージを楽しめる事になっている。







オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 10:35| ホノルル ☀| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

CIコンボツアー:VOGが残った日

この3日ほど上空は南風が吹き、オアフはVOGに包まれていた。

ワイキキからワイアナエ山脈が見えなくなり、我が家から見るダイアモンドヘッドも白く霞んでいた。

ところがVOGが濃くなると酷くなる私の鼻詰まりは、なぜかあまり影響が無く、先日のマンゴー花粉症と共に、単なる私の気のせいなのかもしれない。

今日もほとんど風の無い朝で始まったが、よく晴れて、VOGは若干薄くなっていた。


ツアーは卒業旅行の娘さんを連れたご家族で、「ハワ恋」を見てとの事。

最近バイト先のダックツアーでも、「ハワ恋」で見たと言って、私の事を覚えている方が続いたのだが、2年以上も前の事なのに、テレビ出演は影響が大きい。

ワイキキを出てカピオラニ公園を抜け、ダイアモンドヘッドビーチの展望台に車を寄せると、沖には3フィートほどの波が寄せていた。

カハラの高級住宅街を抜けて、カラニアナオレ・ハイウェイに出て、東に進む。

最初はサンディービーチ。

ショアブレイクは4〜5フィートだったが、数名のボディーサーファーが果敢に攻めていた。

キラキラ光る砂を見て、記念撮影。




続いてマカプウビーチの展望台に回ると、東海岸も天気は良かった。

ラビットアイランドの先にはクジラの姿が見え、尻尾を海面から出して何度もヒラヒラさせていた。

ワイマナロのベロウズビーチに出ると、真っ白なウェディングドレスの日本人カップルがフォトセッション中だった。



ビーチにはハワイアンの親子プログラムのグループが来ていた。



我々はマットを引いてジュース休憩。

その後自然教室をしてから移動開始。


真っ赤なカネオヘ湾を回って、クアロア公園でまた自然教室。

ビーチはまたさらに浸食が進んでいる様だった。

そしてカーアヴァやプナルウの美しい海を見ながらドライブ。

カフクを回ってノースショアに出る。

サンセットビーチは10〜12フィートほどの波が立っていて、人も多かった。




ワイメアからチャンズリーフの手前でカメ渋滞が始まった。

ラニアケアビーチも浸食が激しく進んでいて、既に一部は下に降りられない様に規制線が張られていた。

ハレイワに入って、アリイビーチに向かう。

ここも3〜4フィートの波が立ち、サーファーも多かった。



残念ながらトレンチにウミガメの姿はなし。

プレートランチを仕込んで、ビーチパークのモンキーポッドの木の下でおしゃべりしながらピクニックランチ。

この頃から北寄りの風が吹いてきて、気持ち良かった。


食後はドール・プランテーションに向かい、アイスクリーム休憩の後、再びハレイワに戻って、タウン内で一時解散。

ハレイワに戻る途中で、一瞬だけパラパラと小雨が降ったが、その後は全く無かった。


ハレイワタウンからほとんどの観光客が帰路に着き、静けさを取り戻してきた頃、再集合してサンセットビーチに向かう。

VOGは残っているが、サンセットを期待。



波は少しサイズを下げ、7〜8フィートと言った所だった。



ビーチは観光客に代わって、ローカルが増えてきた。




今日はプカシェルが大量だった。




一度雲の中に入った太陽が、また下から顔を出した。

VOGの影響で、真っ赤に燃えたような色。




iPhoneのカメラではこれが精いっぱいだったが、赤い夕陽のまま、静かに沈んで行った。




帰りはハレイワで小休憩の後、夜景も楽しみながらホノルルへドライブしながら戻った。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 16:09| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

Uber Life (ウーバーライフ)

まだ日本では馴染が薄いようだが、アメリカを始め、世界で広がっている「Uber:ウーバー」。

これはタクシーの代わりとなるシステムで、登録した一般人がドライバーとなり、自分の車を使って客を運ぶ物。



実はアメリカ本土で数回事件があって、私はあまり気にしていなかったのだが、Uberはハワイにもちゃんとあり、友人が使っていたので聞いてみると、とにかく値段が安くて便利だと言う。

メンバーを紹介すると、紹介した方もされた方も30ドルのクレジットが付くと言うので、紹介してもらった。


今年の正月にワイキキからカラオケの呼び出しがあり、既に酔っていたので車は運転出来ず、バスを待つのも面倒だったので、結局タクシーを呼んだのだが、やはりチップを入れると15〜20ドル位になってしまう。

Uberなら半額だと言うので、先日初めて試してみた。

家からだとワイキキよりも少し近い、マジックアイランドまで、7ドルだった。

まさに半額なのだが、凄いのは値段だけではない。

配車確定の時点で、料金の精算が済んでいるので、降りる時に支払いの必要はない。

さらにチップも混みの値段なので、計算もいらないのだ。

着いたら「Thank you!」でお終い。


利用者はスマホにアプリを入れて、クレジットカードを登録し、メンバーとなる。

そして、行きたい場所を入力すると、GPSで現在位置から目的地までの地図が出て、料金が表示される。

料金は幾つか種類があって、車の車種によってランクがある。

ランクを選んで、配車を確定させると、近所にいるドライバーを探し始め、ドライバー側には客の情報が届く。

ここで表示されるのは、ドライバーの名前と顔写真、さらに実際の車の車種とライセンス番号まで出る。

地図には現在その車がどこにいるかと、到着予定時間も出て、すぐ近くになったら目の前を通る車を見つけるだけ。


一応ホノルルの都会なので、家でタクシーを呼ぶと、5分から10分で必ず来るが、Uberはさらに短い。

既に7〜8回は利用しているが、家で呼べば3分以内にはやってくるので、配車のシステムが良いのだろう。

実際に配車の確定前にも、地図上で近くに居るUberがわかるので、予想も付く。


知らない人の車と言うのも怖い気がしたが、タクシーと同様に登録されて、何しろ名前も車のナンバーも最初っから分かってるし、基本的に悪い事すればバレる。

これは利用する方も登録をしているので、知らない人の車だからと言って、乱暴に扱ったりはしない。

実際、目的地に着くと、スマホにドライバーの評価をする画面が出てくる。

5つある星で評価するのだが、細かく、例えば車内の綺麗さとか会話とかでも点数を付けられるようになっている。

だから、利用したすべてのドライバーがとてもフレンドリーだったし、携帯電話の充電サービスや、ボトルウォーターまで置いている車もあった。

逆にドライバーは客の評価もするそうだ。

お互い評価されれば、自然と良い雰囲気でのドライブとなる。


最初に乗ったUberドライバーは、昼間はスキューバダイビングの仕事をしているのだそうだ。

米本土でそこそこ大きな企業のCEOをしていたが、ストレスが溜まり過ぎて、ハワイに移住して、海の仕事についたが、Uberは飲酒運転を減らすためにやっているのだそうだ。


Uberをフルタイムの仕事にしているドライバーもいた。

実際タクシーと稼ぎは変わらないと言っていたが、ホノルル市内だと、お客さんを下ろしてから、次の依頼が来るまでが3分以内だそうだ。

これはタクシーより短いらしい。

さらに上司がいる訳でもなく、自分のスケジュールで早上がりしたり、休んだりが出来るので、タクシーよりイイらしい。


女性のドライバーもいた。

一人は、ヒュンダイのセダンで現れた幼稚園の先生だった。

昼間は子供ばっかりだから、夜は大人と会話をするためにやってると言っていた。

また、昼間は子育てで、夕方旦那さんが仕事から戻ると、子供を渡してUberをやっていると言う女性もいたが、ポンティアックのSUVで来た彼女はドライブが好きなんだそうだ。


昼間は海軍で働いてるって言うのもいたし、レストランのオーナーと言うのもいた。

本当に色々な人がいて、いつからUberやってるの?から始まり、フルタイムかパートタイムか?パートなら他に何をやってるのか?と言う会話だけでも、楽しめる。

一応10年以内の車と言う制限はあるそうだが、車があれば誰でもドライバーの登録が出来るようで、利用者登録している私にも、「Uberドライバーになりませんか?」と言うメールがよく来る。


ワイキキまで行く時は一番安いクラスを頼むが、随分走ってる感じの車が来る時もあれば、新車に近い時もあった。

先日友人と一緒に家から近い店までお願いする事になった時は、デラックスを呼んでみようと言う事になり、その時は黒塗りのベンツがやってきた。


乗車後は登録のEメールアドレスに領収書が送られているし、忘れ物などの場合も、アプリを通じてすぐにその車を探して、ドライバーと連絡を取る事が出来る。

逆に酔っ払いが車を汚してしまったなんて言う場合は、規定によって、利用者のクレジットカードから150ドル徴収されることになっているそうだ。


スマホにアプリを入れると、すぐに日本語になる。

つまり日本語バージョンが既にあるのだが、日本ではまだまだ知らない人が多い。

日本ではタクシー業界が認めてくれないかもしれないが、先日は初ハワイのお客さんがUberでワイキキからドール・プランテーションまで行ったと言う話を聞いた。

知る人ぞ知る世界なのかと思ったが、一部では始まっているらしい。

・Uber Japan

ハワイでもやはり、タクシー業界から反発があったのだが、結局はOKとなり、このままじゃタクシー潰れるかも知れない。

一応、タクシーしか止まれない様な場所には止まれないし、出発地から目的地までの間に寄り道も出来ないそうだ。


何しろ、利用者にとっては、物凄く便利。

一々チップの計算しなくていいだけで、酒飲みの大きな味方。

しかも安くてフレンドリーと来たら、使わない手は無い。

今週末はカラオケパーティーの予定なので、また使いたい。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に10位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 14:11| ホノルル 🌁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする