2016年12月04日

「LOST」ファンツアー:「Hawaii Five-0」のロケに遭遇!

今年6回目の「LOST」ファンツアー。

結局今年も2カ月に一度のペースで入った事になる。

お天気は下り坂の予報だったが、「本格的に降り出すのは夜から」と言うのが当たるよう願ってワイキキを出発。

ところが、プナホウ学園を過ぎた頃からポツポツと来た。

マノアのジャングルもポツポツ程度だったが、「パラダイスパーク」のパーキングに車を入れ、傘を差して歩き始める。

こんな天気でもハイカーの姿は少なくなかった。

トレイルのゲートはまた工事でも始めるような感じだった。



ジャングルの中で写真を撮っていると、雨はほぼ止んだ。



その後「レインボーズ・エンド・スナック・ショップ」で、「LOST」コラージュやダーマ印のシェイブアイス・シロップを見学。




カハラの高級住宅街を抜けて、カラニアナオレ・ハイウェイに出て、ラナイ・ルックアウトに向かう。

岩場に降り立つと、モロカイ島は雲で全く見えなかった。



マカプウ岬を回って東海岸に出ると、沖には雨雲は見えず、この先はしばらく雨の心配はなさそう。

ワイマナロのビーチは、雨上がりでガランとしていた。




カネオヘの街で「ウィンドワード・コミュニティー・カレッジ」を抜け、ワイアホレビーチに立つ。

チャイナマンズ・ハットと、クアロア山を望む。



続いてクアロア公園で休憩。

ここも人は少なかった。




カーアヴァビーチを見た後は、公式・非公式の資料をたくさんお見せする。

その間にカハナ、プナルウ、ハウウラと抜け、ライエのマリオットホテルが、かつては「ライエ・イン」と言う小さなモーテルだった事と、そこでケイトが髪の毛を染めたシーンが会った事などを説明。

カフクからタートルベイを回り、ノースショアに入ると、大分晴れ間が広がってきた。

サンセットビーチの波は5〜6フィートだったが、ワイメアではエディ杯のオープニング・セレモニーが行われていたらしい。

ラニアケアを過ぎて、パパイロアビーチに入っていく。

久しぶりのこのアクセス。



ビーチは岩が大分表出していた。



冬場はオゴが、岩の表面に青々と大量に付着する。



サバイバーのベースキャンプは今日も静かだった。



かつての撮影中に、私有地との境に張ってあったオレンジ色のフェンスの破片は今も残っている。



「ベンの墓穴」もまだわずかに凹んでいる。




少し奥に行くと、



大きなウミガメが一匹上がって甲羅干しをしていた。



ビーチから引き上げる時にポツポツと小雨が来たが、東側に大きな虹が現れた。

よく見るとわずかにダブル。




ハレイワに移動して、今日は「マッキーズ」の代わりに、「L&L」でシュリンプカレーを食べた。

この間に一度ザーッと降ったが、店を出る頃には小雨になり、その後ノースショア・マーケットプレイスで休憩時には止んでいた。

その後、ファーリントン・ハイウェイを西に走る。

ディリンハム飛行場を過ぎると、オーシャニック815便の墜落現場、モクレイアビーチ。

ここも今日は誰もいなかった。




そして「YMCAキャンプ・アードマン」に移動すると、まず手前のアスレチックの前のパーキングに大型トレーラーがズラリ並んでいるのを発見!

これはハリウッドの撮影でしょ。



「EYE」のサインも見つけ、「Hawaii Five-0」確定!

チェックインをしてから現場に近づくと、窓に照明の光が見え、これはもう本番直前。



そうやらここがシェリフ(保安官)のオフィスになるようだ。

実際シェリフのユニフォーム姿の役者がたくさんいた。


そしてまず、ダノの甥っ子のエリックを発見!

さらにスティーブとチン・ホーも見えた!!

お客さん達にとってはチン・ホーと言うより、「LOST」の”ジン”なので、大喜び。

ワイキキの友人たちは何度も見ているのだが、実は私は生でスティーブを見たのは初めてで、ちょっと興奮。

皆建物の中に入ってしまい、写真を撮る暇はなかったが、昔の「LOST」の撮影時の様なピリピリとした雰囲気は無く、しばらく見学していると、「スタート!」の声がかかって、現場が静かになった。

我々はツアーに戻る。

ジャックがツナギを受け取ったり、ベンの小学校だったり、ハーリーの食堂や、医務室としても使われた建物は、黄色からブルーに塗り替えられて、綺麗にはなったが、かつての雰囲気が無くなっていた。



そして居住区に移動。

撮影とは関係なく、今日もキャンパーの学生たちがいた。



ぐるりと回って再びロケ現場に所に戻ると、丁度撮影が終わったようで、急に撤収の準備が始まっていた。




カエナ岬のドン突きまで行ってUターンし、ハレイワからカメハメハ・ハイウェイを南下。

フリーウェイに入る頃には薄暗くなって来たが、車内ではずっと説明が続く。

ホノルル・エアポートの先からディリンハム・ブルバードに降り、チャイナタウンからダウンタウンに入って、「セント・アンドリュース教会」で最後の休憩。

講堂のステンドグラスに灯が灯っていた。




カピオラニ・ブルバードからカラカウア・アヴェニューを曲がり、ワイキキに戻って終了。

結局傘を使ったのは最初のマノアだけだったが、今日も9時間を超える長いツアーだった。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に20位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 15:39| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

サンセットツアー:エビ料理店の開拓とノースの夕焼け

今日は常連さんがご主人を連れての新婚旅行。

この仕事を長くやってると、独身だった方が結婚されて、お子さんが出来たり、小さかったお子さんが大きくなったり、そしてそのお子さんが今度は友達同士で来ハされたりと、人の成長や変化が見え、人生の色々な過程を知る事も出来る。

幸せオーラ全開のお二人を連れて、12時にワイキキを出発した。

フリーウェイはスムーズで、あっという間にドール・プランテーションに到着。

バスが多かったが、フードコートは混んでいなかった。

休憩後はコーヒー畑を下って、ワイアルアに向かう。

ブラックフライデーの翌日で、「ソープファクトリー」もセールをしていた。



しかし人が多い。

続いて「アイランド・エックス」に移動して、コーヒータイム。

友人のミミちゃんがいて、丁度休憩時間だと言うので少しおしゃべり。

昼過ぎでも人は多かったが、最近は朝一番で大手ツアー会社が大人数で来ているようで、疲れるとの事だった。


その後はアリイビーチに向かうが、波も良く、週末で公園内は大きなパーティーが幾つも開かれていて、駐車スペース全く無し。

カメを見ようと思ったが、とりあえず後回しにして、ハレイワ・タウンを突き抜けて、オールドタウンの「ノースショア・グッディーズ」などに立ち寄った。



この辺りの方がハレイワっぽいし、裏の駐車場は狭く、ミニバスさえ止められないので、大手が来る事はまず無く、これからはこちらを押していきたい。




ハレイワ・ストアロッツでドロップオフして、一時解散。

私はまず「マッキーズ」の跡地に行って見た。

重機が置かれていて、既に更地になっていた。

まあ、元々店自体はトラックだし、テーブルとイス、後は簡易トイレとかゴミ箱を退かせばお終いか。




ハレイワでは、プレートランチは「L&Lドライブイン」で大体は問題無いと思っている。

中には今一なメニューもあるが、私がお勧めしている3つ、BBQチキン、マヒマヒ、シュリンプ・カレーで、通常のサークルアイランドツアーなど、公園でのピクニックランチで食べるメニューは良いのだが、”ガーリック・シュリンプ”となると、「L&L」では物足りない。

”エビ料理”だけだったら、シュリンプ・カレーでも十分に美味しいのだが、ガーリック物は油によってお腹を壊す恐れがあり、私も過去に何度か痛い思いをしているので、慎重になる。

最近タウンの真ん中に出来た「レッド・バーン」は、サンドウィッチ系なので、プレートランチ系は探す必要があるが、他にもこの数年でフードトラックは増えている。

だがどこもまた行きたいとは思わなかったり、お客さんに勧めたくなかったり、ハッキリ言ってあまり美味しくなかったりで、ローカルの評判も今一つだったりする。

今日は友人ガイドに教えてもらったバイパスから入った店に行って見た。



これ、「ツーズ」かと思ったら、日系人の”ツエさん”の店だそうで、「ツエズ」。

午後は3時に閉まるようで、既にガランとしてのだが、丁度オーナーのウェイド・ツエさん、が出てきて、話を聞く事が出来た。

やはりここでビジネスを始めて1年ほどになるそうだが、意外と広い場所があるのに驚いた。

奥に川があり、その川沿いにイーティングエリアがあり、テーブルの間隔もゆったりしていた。

手洗い水道は勿論、簡易式ではない、ちゃんとしたトイレもあり、環境面では申し分ない。

なんだか色々と説明されたので、写真を撮ってる暇が無かったが、「マッキーズ」の様に殺気立ったニワトリではなく、愛嬌のあるダックがたくさんいて、可愛かった。



他にも陸ガメが、小さいのからかなり大きいのまで色々いて、大きさ別に分けて何カ所かで展示していたり、奥の方にはハワイの色々な木を植えたガーデンなんかも作る予定だそうだ。

さらに横の川ではカヤックなどのアクティビティも出来るそうで、これはちょっと面白いところを見つけたかも知れない。

マネジャーのダラニさんとも会えて、次回は料理を食べてみるのが楽しみ。

ここはシュリンプの他にもメニューがあるらしく、シェイブアイスもあるそうだ。




ここで食べれなかったので、今度はタウン内の「カマロン」に行った。



ここは日本人がやっていて、それだけで衛生面とかは信用出来そう。

日本語も通じる。

追加料金で殻も剥いてくれる。

クリーム系のソースで、ちょっとイメージが違うのだが、今日は”レモンバター”を食べてみた。



レモンバターもクリーム系。

オーキッドが添えられていて、パイナップルの下にはコーンも入っている。

ミディアムレアな感じのエビは日本人向きかも知れない。

しかし、美味しいのだが、ちょっとシツコイ。

すぐにまた食べたくなるとは思わなかった。

ここもお笑い芸人が来たと言う雑誌の切り抜きがあり、日本人客がほとんどだったが、席が少なく、パーキングも狭い。

ツアーで使うにはちょっと不向きかもしれない。


さて、5時にノースショア・マーケット・プレースで再集合して、とりあえずアリイビーチにカメのリベンジに行った。

まだパーキングは一杯だったが、ビーチロード側の路肩が空いたので止めて、公園を横切ってトレンチに歩いた。

西日が眩しい。



奥に40歳くらいの大きな女の子が上がっていた。




そしてサンセットビーチに向かう。

途中反対車線はずっと車列が出来ていた。

サンセットビーチで行われているトリプル・クラウンのサーフコンペが終わっただけでなく、カフクのオートバイレースなど幾つかのイベントの終了時間が重なった様だ。

サンセットビーチに到着すると、歩道からビーチがいきなり崖になっていた。



先日のスーパームーンの大潮に10フィートを越える波が重なって、この辺りはかなり浸食されてしまったそうだ。

サーフコンペの大会小屋も、ちょっと規模が小さくなっていたようだ。



沖のサンセット・ポイントには、時々12〜3フィートの波が上がっていた。



お客さん達はしばらくプカシェル探しをしていたが、貝殻も少なくて、粘ってようやく一つだけだった。



何しろ水際は白く平らになったコーラルの岩礁が剥き出しになっていて、こんなの私も見たのは初めてかも。

そしてサンセットタイム。



サーフィン見物も含めて人が多かったので、なんだかみんなでイベントを見ている様だった。

水平線には雲は無いように見えたが、奥にハイクラウドがあって、透き通る様にオレンジ色に光りながら、太陽が沈んで行った。




本当にこれで引き揚げてしまう人が結構いるのだが、ハイクラウドが多かったので、今日は夕焼けの期待が高い。

まずは東側。

陽が沈むと同時に、白い雲がオレンジ色を帯びてくる。



オレンジ色が明るくなってきて、



朱色に光った。




今度は西の空。

水平線が少しずつ暗くなってくると、上空が茜色になる。



そして火が付いたようになり、



真っ赤に燃えた。



しばらく赤と紫の世界に包まれた。



これは良い夕焼けだった。


帰りは不思議メガネをお貸ししたら、やっぱりウケた。

アメリカで安いところを見つけたので、今度購入して確かめてみたい。






オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に20位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 10:43| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

「Hawaii Five-0」ファンツアー:サンクスギビングホリデー

今日は二組全員が大阪からのお客さん。

早朝の雨は上がり、青空も見えていたが、コオラウ山脈の上にはどんよりとした雨雲が架かっていた。

ワイキキを出てマノアに向かい、サンクスギビングの連休中で静かなマノア小学校を見て、ジャングルに入っていくと、やはり道路は濡れていた。

しかし降ってはいなかったので、トレッカーの姿は多かった。

「コノの家」や「チン・ホーの家」を見て、ダイアモンドヘッド撮影所の前に移動すると、ここもシンとしていた。

クレータートンネル前にて最初の写真タイム。



海側に回ると、波は2フィートほどで、サーファーも多くなかった。




カハラの高級住宅街を抜けてワイアラエビーチパークに入ってくると、ダイアモンドヘッドの反対側、ワイキキ方向から回ってきた雨雲に乗って、パラパラと来た。

とりあえず傘を渡して散策と休憩時間。




雨も上がり、カラニアナオレ・ハイウェイに出て、「スティーブの家」に向かう。



ハワイカイからマカプウに回り、展望台でマカプウビーチを見下ろす。

ワイマナロ方面は降っている感じ。



ところが、ほんの15分後、我々が移動する頃には雨も上がって、青空が広がってきた。




その後パリ・ハイウェイ経由でホノルルに戻り、チャイナタウンの「ダウンビート」でランチタイム。

食べている間に、外は一時ザーッと降っていた。



しかしその後のダウンタウンでの散策時間は、降りそうで降らなかった。

イオラニ宮殿はホリデーシーズンの飾り付けが始まっていた。



パンチボウルに移動する際にはサーっと来た。

ニミッツ・ハイウェイに戻って「リリハベーカリー」でココパフ購入後、ホノルル・エアポートからサンドアイランドに回り、ホノルル・ハーバーで記念撮影。

今日は小さめの旅客船が泊まっていた。



アロハタワーに戻って散策タイムの後、ケワロ湾など見学してアラモアナ・ブルバードをワイキキに戻ってきた。


今日も車で移動中には何度も降ったが、外に出る時には止んでくれる事が多かった。

最後はヒルトンホテルのオフィシャルショップ前で終了した。








オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に20位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 13:06| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

ナイトドライブツアー+KCC:不思議メガネ

火曜日限定のナイトドライブツアー+KCC。

KCC(カピオラニ・コミュニティー・カレッジ)で開かれるファーマーズマーケットは、日本人ばっかりで激混みの土曜の朝以外に、火曜の夕方にも開催されている。

と言っても出店数は少なく、プレートランチの店がメイン。

ローカルが6〜7割で、残りが日本人を含む観光客と言った感じ。

この半年ほどでさらに店の数が少なくなって、今はほんの10店ほど。

ライブミュージックの演奏も無くなって、なんだか寂しい。

ライブを聞きながらお弁当を食べるのも良かったが、今日は食べ物を調達した後すぐにパールシティに向かった。

ところがフリーウェイはまだ渋滞が少し残っていて、レッドヒルを越えてから時間がかかった。

下に降りたカメハメハ・ハイウェイも、電車建築工事現場の影響でノロノロとしか進まなかった。


パールシティのワイアウ公園には、明るいうちに到着すると思っていたが、既に辺りは大分暗くなっていた。

公民館には車が多く、何かミーティングをしているようだった。

明かりの届くピクニックテーブルをセッティングして、簡単なディナータイム。

その後芝生にマットを引いて、お客さん達には夜空を見上げながら転がっていただく。

星は多くなかったが、流れ星が見えた。


パールハーバー沿いに広がるオレンジ色の夜景を見ながらおしゃべりもしたが、この季節はさすがに夜風に当たっていると涼しくなる。

30分ほど早めに切り上げて、ワイキキに戻った。


さて帰りには新しい「不思議メガネ」をお貸しして、煌く夜景や流れる車の光を楽しんで頂いたが、今日はかなりウケが良く、「欲しい!」と言う方もいた。



これ、日本の通販で仕入れたのだが、アメリカ製。

アメリカの通販で買った方が少しは安いと思うのだが、なかなか見つからない。

調べると、日本では夏の花火大会の時期にはコンビニなどでも売っていて、星の代わりにハート形、キティーちゃんやアンパンマンの模様になる物などもあるそうだ。

ツアーでお貸ししている物は使い回しだが、少しまとめて仕入れて、希望者には新しいのを販売出来るようにしたい。





オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に20位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 12:37| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

神社仏閣ツアー:UWE KA LANI

ハワイは本格的に雨季に入り、朝晩の雨が増えた。

昼間降るとツアーに影響が出るが、神社仏閣ツアーでは神様に歓迎されている気がする。

何しろ雨はハワイでは「神様の涙」で、UWE KA LANI(ウヴェカラニ:天国の涙)と言う。

ダウンタウンにあるホノルル水道局の正面にある噴水にはこう書いてある。

「UWE KA LANI OLA KA HONUA」(ウヴェカラニ オラカホヌア):神の涙が地球を潤す。

大変神聖な物なのだ。

日本人は小雨でも傘を差すが、ハワイで、ハワイアンの前でこれをやったら嫌がられる。

濡れた所ですぐに乾くし、風邪を引く事も無い。

服に汚れや匂いが付く事も無く、酸性雨もPM2.5も無い。

カメラや電話などは気を付けた方が良いが、ハワイで雨に当たったら、神様のご挨拶と考えた方が良い。


さて、ワイキキを出る時には止んでいたが、「ハワイ石鎚神社」まで来ると、ほんの霧雨を感じた。

風が弱くて今後の雲の動きが予想できない。



モイリイリの「厳島神社鳥居」を回って、「マキキ聖城教会」に移動。

今日は高知城の天守閣も曇り空に溶けていた。




H-1フリーウェイに乗って「ハワイ金刀比羅神社・ハワイ太宰府天満宮」に参拝。

隣の幼稚園からも声が聞こえず、ひっそりとしていた。



続いて「ハワイ出雲大社」に向かうと、相変わらず賑やかで、ヌシカンさん事、天野先生がちょうど出てきていたので、お客さんと記念写真をお願いした。

そしてヌアヌ川を渡ってチャイナタウン・カルチャル・プラザの「ウォンキー」で飲茶のランチ。

普段は12時になると急に混むのだが、今日は台湾のツアー客の姿も無く、静かだった。

食後はプラザ内で少し休憩時間。



また小雨が降ってきた。


次は「本派本願寺ハワイ別院」で本堂の阿弥陀様にお参りして、「ハワイ大神宮」に向かう。

さすがに雨だとお参りの後のジュース休憩は、隣のヌアヌヴァレー公園がびちょびちょで出来なかった。



パリ・ハイウェイを北上していくと、パリ・トンネルの手前で渋滞が始まった。

トンネル内の事故だったりしたら大変だなと思ったが、ノロノロと列は動き、少し先にポリスカーがいて、スリップして横向きになった車が一台止まっていた。

その横をすり抜ける形で、先に進むと、後は流れた。


カヘキリ・ハイウェイからテンプル・ヴァレーに向かい、「ハワイ平等院」にお参り。

今日も他に日本人の姿は無かったが、一年中鯉のぼりじゃなぁ。



ウィンドワードサイドもどんよりと曇っていたが、雨は降っていなかった。


ホノルルに戻って、ヌアヌ・アヴェニューに入り、「ホノルル・メモリアルパーク」に向かう。

金閣寺は先月から変わった様子は無かったが、修復完成式典とかないのかな?

今後の方向性なども知りたいが、何しろ施設に代表者がいないので、誰に聞いていいのかもわからない。




最後にシェリダンの「真言宗ハワイ」に参拝。



最後は神様も泣き止んで、少し青空も見えた。







オアフ島のツアーはダイアモンドヘッドクラブ!

ダイアモンドヘッドクラブ


ブログランキングに参加しています。面白かったらクリックをお願いします!20位圏内キープ中(^o^)

アロハストリート ブログランキング


こちらもクリックお願いします!
世界中の日本人のブログサイトです。ハワイ系でBEST5を維持しています。





こちらも始めました。(・∀・)既に20位以内に落ち着いています。MAHALO!

にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


にほんブログ村
posted by じゅにーK at 16:22| ホノルル ☁| Comment(0) | ハワイ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする